Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

ホント?!脂肪燃焼を助けるドリンクってあるの?

投稿日: 31 views

世の中にはダイエットドリンクなるものがたくさん出回っていますが、飲むだけで本当に痩せるなら世界のセレブが買い占めそうですね。そんなドリンクは存在するのでしょうか?今回は「脂肪燃焼ドリンク」をテーマに脂肪燃焼のしくみについてまとめます。しくみを知っているとより効果的なダイエットができますよ。

 

【脂肪が燃焼するしくみ】

脂肪燃焼に効果のあるドリンクを探す前に、まずは脂肪が燃焼するしくみを知りましょう。脂肪細胞は脂肪の合成や分解、蓄積などを行っている組織で、この蓄積が多くなると肥満の原因になってしまいます。脂肪細胞には2つの種類があり、それは白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞とに分かれます。

■白色脂肪細胞

白色脂肪細胞は私たちの体の全体にありますが、主にお腹周りや太ももや背中、二の腕や内臓に多く分布しています。つまり私たちが太ったかなと気にする部分である内臓脂肪や皮下脂肪になる、蓄積されるものです。

ただ、これは生命を維持するのに大事な脂肪なので胎児期の後半約3ヶ月・乳児期・思春期に集中的に増加します。この時期に増えた脂肪の数は減らすことができません。つまり痩せにくい体質になっているということです。

■褐色脂肪細胞

褐色細胞脂肪は首回りや肩甲骨付近等に多く存在しています。熱を作り出して体温を維持したり余分なエネルギーを燃焼したりする働きがあります。この燃焼するしくみを詳しく説明すると褐色脂肪細胞はミトコンドリアを多く含んでおり、ミトコンドリアの中のタンパク質が白色脂肪細胞から切り離された脂肪細胞を取り込むことにより、エネルギーに形を変えるのです。

残念なことに、褐色脂肪細胞は幼少期に一番多く、思春期に入ると徐々に減少し成人以降は激減しまいます。しかし、この限られた褐色脂肪細胞を有効活用することがダイエットの成功につながります。

 

【脂肪を燃焼する方法】

中性脂肪を燃焼するには遊離脂肪酸として分解されなければなりません。人は外部からの刺激を受けたり、又は運動をするなどの行動を起こすと交感神経が活発になり、体内の酵素が活性化されて中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールの2つに分解していきます。つまり、太りにくい体質になるためにするべき事は、褐色脂肪細胞の働きを活発にする事。そうする事によってエネルギー消費を促進させることが大事になってきます。このことに着目し下記方法をご提案します。

■有酸素運動

速足のウォーキングやジョギング、他にも水泳やサイクリング等、運動すると息を切らしながらする類のもの。言い換えると酸素を多く体内に取り入れる動作する、いわゆる有酸素運動といわれている運動項目です。

有酸素運動とは酸素を使って脂肪や糖質をエネルギーに変える運動です。この運動をややきついと思う程度で30分から1時間継続し行い、毎日行うのが望ましいです。

■寒冷刺激を与える

18℃以下の水温で水泳をすると褐色脂肪細胞の働きが活発になります。

■生活にメリハリをつける

昼と夜の差をつけるという手段もあり、昼間にしっかりと体を動かし夜間は静かに過ごし早めに眠りにつきます。

 

【脂肪燃焼に効果的なドリンクって何がある?!】

前述したように、褐色脂肪細胞の働きを活発に刺激することがダイエット成功の鍵ですが、それをサポートする成分が配合されているドリンクがあれば即購入ですね。きっとダイエットを少し確実に、手軽なものにしてくれるはずです。

そんな都合のいいドリンクがあるのかと疑ってしまいますが、特別お金をかけなくても手に入ることがわかりました。

■緑茶

緑茶に含まれるカテキンは脂肪燃焼効果がありエネルギー消費量を4%もアップさせることが科学的に立証されており、緑茶は肥満大国であるアメリカで注目を集めています。日本では糖尿病の症状を軽減するために緑茶を食べる方もおられるほど、この方法は医師が著書を出版しすすめています。

■コーヒー

コーヒーに含まれるコーヒークロロゲン酸は脂肪燃焼効果があることが判明しています。

クロロゲン酸には血糖値を調整して、更に体のコレステロール値を低下させる効果があります。具体的な例をもって説明すると、例えばカップ1杯のコーヒーに300gのコーヒークロロゲン酸が含まれ、これは赤ワインと同等です。また、コーヒーは胃液の分泌を促し消化の動きを補助してくれます。

さらにカフェインが消化酵素リパーゼに働きかけ脂肪細胞を分解し、血液を通して最終的に体外へ排出することも判明しているので、適量を摂取することは体に良いということが分かっています。

運動や入浴の30分前にホットで飲用することがベストです。

■アミノ酸飲料

私たちの身体の機能ほとんどがタンパク質からできており、そのタンパク質のもとがアミノ酸です。アミノ酸をダイエットに活用するには運動とセットで考えなくてはなりません。運動後、筋肉や血液のもとであるアミノ酸を摂取することで効率よく筋力がアップします。筋肉が増えると基礎代謝も上がり脂肪燃焼につながるのです。

■ケルセチン配糖体配合飲料

たまねぎやブロッコリーに多く含まれるケラセチンには抗酸化作用と脂肪分解促進作用があります。このケルセチンに糖を加えることで水に溶けやすくなり体内への吸収が高まることが判明しています。

衰え代謝が落ちるから太りやすくなるのですが、ケルセチンが身体の酸化を防ぐということは新陳代謝が活発になり若さを保てるということです。

 

※ちなみに世の中に出回っている酵素入りジュースは直接脂肪燃焼の効果があるわけではありません。食物酵素は消化吸収を良くするだけでなく代謝を助けるので太りにくい体質を作ることが可能ということです。

 

【まとめ】

わざわざお取り寄せをしなくても脂肪燃焼をサポートするドリンクは手の届くところにあることが分かりました。また、緑茶やコーヒー好きの方すべてがスリムでないことから飲用するだけでは痩せないということがご理解いただけると思います。大事なのはバランスの良い食事や睡眠等の規則正しい生活と程よい運動に脂肪燃焼をサポートするドリンクを足すことです。

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほうれい線の原因5つ!改善法や改善していくコツも紹介

ほうれい線の原因5つ 表情筋の衰え 「ほうれい線」を言い換えると「ほおの筋肉のたるみ」なので、表情筋が衰えると自然とほうれい線ができてしまいます。日常生活では3割しか顔の筋肉は使われていないので、意識 …

美容に嬉しい!むくみを解消する食べ物7選

女性は男性と比べて筋肉が少なく、むくみも起こりがちです。むくみが起こると実際より足が太く見えてしまうため、美容に気を遣う人なら「困った〜」と思うでしょう。 むくみの原因には「冷え」や「血流が滞っている …

ダイエットの常識を変えた「オーバーナイトダイエット」

テレビや雑誌、インターネットなどでよく目にする「〇〇だけしか食べない」ダイエットやアスリート顔負けのトレーニングをするダイエット。または、これを使えばたちまち痩せられると言ったダイエットグッズやサプリ …

旅行で肌荒れ!せっかくの写真も台無し!セルフケアってある?!

旅行は楽しいけれど中盤から肌荒れに悩むことってありませんか?肌が荒れるとせっかくの観光やお買い物の楽しみが半減するし旅行後に長引くのも嫌ですね。今回は旅行中に肌荒れを起こさないためのセルフケアをご紹介 …

リンパって何か正しく言える!?リンパを知って、リンパの流れを良くして健康な身体を手に入れよう!

病気をきっかけに始めて、自分の身体の中がどうなっているか、気にかけたり興味を持つようになります。しかし、リンパ系の病気は、生活に支障が出るようなトラブルが頻繁に現れる器官ではないので、普段はその存在さ …