Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

ニキビに保湿は必要?何もしないほうがいい?知られざる効果とは

投稿日: 62 views

お肌にできてしまったニキビのほとんどは「皮脂の分泌量が多すぎる」ことが原因ですが、ニキビケアでお肌の保湿はするべきなのでしょうか。今回はニキビケアをする方なら誰もが気になることを解明していきます。

 

ニキビに保湿をしても悪化しない?

結論からいえば保湿をする必要があって、良くなる事があっても悪化する事はないので安心してください。

ニキビができる一番の原因は「汚れ」と「脂分」

皮脂がストレスなどで多く分泌されると、毛穴に詰まって酸化し、アクネ菌が増えていくので、炎症を起こしてしまいます。顔ニキビの場合これが思春期、大人、Tゾーン、Uゾーン問わず原因になっており、普段からできる対策としては

・物理的、精神的ストレスを減らす

・脂っこいものを食べない

・きちんと睡眠を取る

などが挙げられます。

保湿をするとお肌の脂分と水分のバランスが整う

お肌に水分を与えると脂分と水分のバランスが整うため、結果的に脂分を減らせ、快適な肌環境を作り出せます。またお肌のバリアがより強いものになるため、化粧品や外部の空気から起こるニキビを防げます。

 

どうやって保湿すればいいの?

洗顔後の保湿はこうしよう!

準備、水分をタオルで拭き取る

洗顔後のお肌は皮脂の量が減っており、このまま放置すると水分が減ってしまい、仮に皮脂が減ってニキビが改善しても不健康な肌になるだけなので、清潔なタオルでポンポンと軽く叩くようにして拭き取りましょう。

 

1、化粧水をつける

お肌に水分を与えるために必ず一番初めにつけましょう。ニキビができているときは多くつけるようにし、たくさんの水分を与えることで、脂分と水分のバランスを取れますよ。

 

2、乳液やクリームをつける

間に美容液をつける方も多いかと思いますが、美容液はニキビができているお肌にとって油分や栄養が多く、無駄な刺激を与えるので乾燥が気になるときだけにしましょう。

 

乳液やクリームも油分が多く含まれていますが、化粧水だけでは水分をキープできないので、軽くでもいいのでつけるようにしてください。

 

保湿のコツ

・化粧水は「グリチルリチン酸」「サリチル酸」配合のものを

甘草の根に含まれている「グリチルリチン酸」は昔から抗炎症剤として用いられてきたため、お肌の炎症を鎮めてニキビを和らげてくれる効果があります。

 

また「サリチル酸」は古い角質を柔らかくし、角栓を取り除く効果やアクネ菌の繁殖を防ぐため、初期段階のニキビを改善してくれます。お肌のターンオーバーも促してくれる反面、角質層が薄くなってしまうので、慎重に使用しましょう。

 

・ビタミンCはニキビ肌の味方

ビタミンは炎症が進むのを防ぐ「抗酸化作用」と皮脂の分泌を減らす効果、それからニキビ跡の原因になる色素沈着を防ぐ効果がある上、お肌への刺激が少ないのでニキビ肌の味方ともいえます。

 

もちろんビタミンC単体でも十分効果はありますが、普通のビタミンCより浸透率が高く、水溶性である「リン酸型ビタミンC」や「アスコルビン酸グルコシド」、「アスコルビルエチル」などが含まれた化粧品だとより効果を実感できます。

 

体の内側から行うお肌の保湿

ニキビができているお肌にとって、洗顔料や乳液、クリームなどの化粧品はどんなに優しくても刺激になるため、体の内側からお肌の保湿を行うと、より刺激の少ない保湿ができます。

 

・セラミド

お肌の角質層にある脂分や水分をキープし、ニキビケアで起こりがちな「油分の削ぎすぎ」を防ぎ、健康的なお肌を守ってくれます。「小豆」や「こんにゃく」、「ワカメ」などを食べることで摂取できます。

 

・ビタミンA

お肌の潤いを維持し、新陳代謝をアップしてくれる成分で、「レバー」や「青魚」、「乳製品」や「卵」などに多く含まれています。

 

・ビタミンB

乾燥から来る炎症を鎮めるため、ニキビケアにはもってこいの成分です。新陳代謝をアップしてくれる効果もあるので、お肌のターンオーバーを促してくれるので、より高い美肌効果を時間しやすいです。「レバー」や「卵」、「豚肉」などに多く含まれ、特にレバーや卵はビタミンAも豊富に含まれている食品なので、効率よく摂取できるのでおすすめになります。

 

ニキビの保湿をする時に、注意点はある?

アルコール(エタノールとも言います)が含まれている化粧品は避けましょう。アルコールは化粧品をお肌に塗った後にすぐ乾燥し、お肌の乾燥を招きます。成分表示に「エタノール」や「イソプロパノール」、「変性アルコール」などといった記載がある場合、そのような化粧品を使用するのを避けましょう。

 

ニキビ。その保湿に関するまとめ

一見保湿が不要に思えるニキビ肌ですが、脂分と水分のバランスを整え、外部から汚れが入らないようにするためにしたほうがニキビの改善も早くなります。

 

とはいえ今の化粧品は「油分でお肌にフタをする」ことを前提として商品が考えられているので、化粧水重視のスキンケアを行う、体の中からお肌の保湿を促すようにしたほうがいいでしょう。

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デトックス効果抜群!飲んだ瞬間から実感できる「ハーブティー」の実力!

冷え、胃腸の不調、月経中の腹痛、イライラ、不眠・・・。こんな、病院にいくほどではないがつらい、と言う症状があるときには、ハーブティーがおすすめです。 漢方の生薬と同様、薬効のある成分が含まれています。 …

狭い部屋でも、雨の日でも効果的な有酸素運動!踏み台昇降など!

現代社会は一人暮らしの人が多く、ワンルームマンションや1DKに住んでいる方が多いですね。 私は10年以上ワンルームマンションに一人暮らしをしています。 そんな狭い部屋に住んでいる人でも簡単に有酸素運動 …

私の行動が糖化を招いてる?!防ぐ方法とは。

糖化が注目され情報番組などで特集が組まれるようになりました。しかし、ダラダラと放送され結果を知る前にチャンネルを変えてしまうこともありますよね。今回はこの「糖化」について、原因や糖化を防ぐ方法について …

【完全版】美肌になるための水の飲み方と美肌におすすめの水3選

美肌になるために意外と見逃せないのが「水」です。お肌や体に水分を補給することで、血行や新陳代謝を改善し、美肌を保つのに必要な栄養素のバランスを良くすることができます。 今回は美肌になりたいのであれば知 …

季節の変わり目のゆらぎ肌。春の肌荒れを予防して乾燥対策を!バリア機能を強化しよう。

Contents1 年に4回訪れる、季節の変わり目のゆらぎ肌とは2 ゆらぎ肌の状態になってしまう原因は?2.1 花粉が増える時期だから2.2 紫外線が強くなるから2.3 寒温差が激しくなるから3 バリ …