Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

【こっそり調べる】ターンオーバーの意味と基本。今更聞けないターンオーバーの周期とは?

投稿日:2017年6月8日 更新日: 60 views

お肌の話題でターンオーバーという言葉をよく耳にしますね。何となく分かるものの、きちんとした意味を知らないまま使用していませんか?!意味を知るとより効果的な対策がとれますよ。今回はターンオーバーの基礎知識と肌トラブルとの関係、ターンオーバーを正常にする方法についてご説明していきます。

ターンオーバー

ターンオーバーとは横文字にすると格好良く聞こえますがお肌が生まれ変わる代謝活動を示します。

よくお肌は生まれ変わるものと聞きますが、お肌の奥にある基底層で作られた細胞が段階を経て少しずつ成長し表面へ上がっていき角質層で垢になって剥がれ落ちます。この一連のひとつの流れをターンオーバーといいます。期間は若く健康な方で約28日ですが加齢とともに長くなります。多少の個人差はありますが遅すぎても早すぎてもお肌の老化につながります。

ターンオーバーが乱れる原因

良かれと思ってやっていることや日頃の何気ない行為がターンオーバーを乱しています。原因を挙げるのであなた自身に照らして考えてみてください。

①過剰な洗顔

例えば皮脂分泌をコンプレックスに思い洗浄能力の強い洗顔料を用いてゴシゴシ洗いをしていませんか?Tゾーンがテカテカしているのは気になるし可能ならば除去したいですが、皮脂はお肌のコーティングの役割をしています。だから過剰に除去してしまうとお肌は直接外気にさらされ悪い刺激を受けたり水分が外へ出てしまったりします。また、洗浄能力の強い洗顔料の刺激で乾燥や炎症を起こす可能性もあります。

②合わない化粧品

ネットやちまたで話題になっている化粧品等を自分のお肌に合うか確認もせずに使用していませんか?人によって肌質は異なり世間で良いとされる化粧品のすべてがあなたに合うとは限りません。お肌に合わない化粧品を使用するとかゆくなったりヒリヒリしたりして炎症しそれを放置して使用し続けると肌トラブルを悪化させてしまいます。

③自己流のセルフケア

「ピーリングが角質ケアにいい」という噂を聞いて調べもせずに自己流でケアしていませんか?ピーリングとは古い角質を落としてターンオーバーを正常にするスキンケアですが、やりすぎると洗顔や化粧品と同様に肌の炎症を招きます。

ほかにもターンオーバーを乱してしまう行為があるので女子に心当たりのあるものをいくつかご紹介します。

④日焼け

海や山等のレジャーでなくても日焼けはします。仕事や買い物等で日焼け対策をせず外出していませんか?多くの紫外線を受けるとお肌はダメージを察知し「回復しなくては」と頑張りターンオーバーを早めてしまいます。

⑤生活習慣が悪い

お肌は私たちの日常生活と密接に関わっていてすぐに影響を受けます。例えば忙しさにかまけてファストフードに頼っていたり食事制限をする無理なダイエットをしたり寝不足だったり精神的なストレスを感じていたりするとターンオーバーはたちまち乱れます。それはこういった不規則な生活をすることで栄養不足に陥っているからです。ストレスは栄養と関係がないように思えますが、ヒトはストレスを感じると血管を収縮してしまい必要な酸素と栄養を各所に届けることができなくなってしまうのです。偏食はもちろんですがストレスが人体に与える影響が大きいことがよくわかります。また、喫煙も血行不良を起こすので良くありません。

⑥便秘

身体は生命に関わることを優先し活動しているのですが、老廃物がいつまでたっても外に出ないのは良くないと判断し血液を通して毛穴などから分泌液と一緒に排出するよう作業します。この作業を集中的に行うためにターンオーバーを後回しにしてしまうのです。老廃物を運んだ血液が体中を巡るのを想像するだけで気持ちが悪くなりますね。便秘の原因は偏った食生活や食事制限によるダイエットであることが多いです。

ターンオーバーが乱れるとどういった症状が出るか

ターンオーバーが乱れるとどういったお肌になるのか見てみましょう。

■ターンオーバーが早い場合

乾燥肌・敏感肌・お肌の炎症・吹き出物

■ターンオーバーが遅い場合

乾燥肌・くすみ・たるみ・シミ(そばかす)・毛穴の黒ずみ

過剰なケアによる炎症がターンオーバーを早めてしまっていることが分かりますね。過剰に皮脂や角質を除去してしまうと身体は新しく組織を作らなければならないと焦りターンオーバーを早めます。本来肌は組織を外敵から身を守るためにあるのですが防衛能力のない未熟なものでは守りきれません。また悪い生活習慣や喫煙等、老廃物がいつまでも残るのも問題であることが分かります。

ターンオーバーを正常にする方法

原因からターンオーバーが正常ならば肌トラブルは起こしにくいことがわかります。具体策をご紹介します。

■血行を促進させる

血行を促進させるにはまずは食生活を見直しましょう。無理なダイエットや偏食をやめます。できれば和食、それに加えて野菜やキノコや海藻類中心の生活にして水分を程よく摂って積極的に体を動かして排便を促しましょう。

■夜にしっかりと寝る

ご存知の通り、お肌のゴールデンタイムは22時から2時、この時間にしか新しい細胞は作られません。やりたいことがたくさんあり忙しいとは思いますが将来の自分への投資と考え早めに就寝するよう心がけましょう。

■ストレスを溜めない

ストレスは血管を収縮させます。軽い運動をしたり友達と趣味を楽しんだりしてストレスを発散させましょう。

■間違ったケアを改める

間違ったケアはお肌を老化させることがわかったので、にわか仕込みの知識でなくセルフケアをするならば皮膚科や美容部員の方等から正しい方法を学びましょう。また、日々の洗顔も大事です。ゴシゴシ洗いでなく、天然成分の洗顔料をしっかりを泡立てお肌に乗せ優しく汚れを取るようにしましょう。

 

 

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ヨガ】がアンチエイジングに効くとされる理由4つ

  現在ではすっかり「健康に効果がある」とされているヨガですが、アンチエイジングに対する効果もあります。今回はヨガがもたらす4つのアンチエイジング効果を紹介、悩んでいるあなたの背中を一押しま …

美肌になれないのは間違ったスキンケアのせい?美肌菌を育てて素肌美人になる秘訣

肌のきれいな人は、高級なスキンケア製品を使ったり、エステに行ったり・・と、肌をきれいにするために時間もお金もたっぷりかけているはず。 そう思ってしまいますが、必ずしもそうとは言えないのですよ。プチプラ …

【初耳】脳内麻薬?!種類を知って活かす方法

「脳内麻薬」ってご存知ですか?一見悪そうなイメージを与えますがデキる方は上手に活用し成功を掴んでいます。今回はこの脳内麻薬とはなにか、どういった種類があるのか、さらには期待できる効果に着目しセルフで気 …

無農薬だからって安心出来ない!?無農薬の野菜がこんなに危険だったとは!

最近は食品にも健康や安全性が重視されており、特定保護用食品でおなじみのトクホのマークなどが流行りブームとなっています。さて、よくスーパーなどでも見かける、「私たちが作りました」などの売り文句で陳列され …

狭い部屋でも、雨の日でも効果的な有酸素運動!踏み台昇降など!

現代社会は一人暮らしの人が多く、ワンルームマンションや1DKに住んでいる方が多いですね。 私は10年以上ワンルームマンションに一人暮らしをしています。 そんな狭い部屋に住んでいる人でも簡単に有酸素運動 …