Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

【ヨガ】がアンチエイジングに効くとされる理由4つ

投稿日: 19 views

 

現在ではすっかり「健康に効果がある」とされているヨガですが、アンチエイジングに対する効果もあります。今回はヨガがもたらす4つのアンチエイジング効果を紹介、悩んでいるあなたの背中を一押します。

 

バランスが良くなる

 

厚生労働省が2013年に調査した「国民成果基礎調査の概況」では「要介護になる要因」の上位が発表されています。

脳血管疾患が18.5%、認知症が15.8%、高齢による衰弱が13.4%を占めましたが、この次に骨折・転倒がき、11.8%の人はこれが原因で要介護になっています。高齢になるとともにバランス感覚が失われ、骨や筋肉が弱くなるので、転んだだけですぐ重大な病気につながります。

ヨガには様々なポーズがありますが、バランス感覚を鍛えるポーズはかなり多く、ヨガをしているときは右脳左脳両方ともが働くため、体の協調性を鍛える練習になり、結果的に転倒を防ぐことができます。

 

足の筋肉を鍛えられる

足の筋肉が衰えると何もないところでつまづくようになって怪我が多くなります。30代・40代と若いうちはいいですが、高齢化するに伴い転倒や要介護認定のリスクが高まるため、あまり好ましいこととはいえません。

 

腕や手の筋肉はデスク作業で使うことが多く、お腹や背中、顔の筋肉も日常生活で使いますが、子どもと比べると大人は運動習慣がないため、下半身の筋肉の衰えが起きやすくなっています。

 

しかも下半身の筋肉は上半身の筋肉を支えているため、上半身の筋肉より重要ですので、アンチエイジングを考えた場合、ぜひとも鍛えておきたい部位です。

 

ヨガは「正しい姿勢を守る」ことが基本概念で、足腰を強くするポーズを積極的に取り入れているので、老化防止に役に立つでしょう。

 

体が柔らかくなる

 

ヨガでは普段使わない筋肉を使うので、体が柔らかくなっていき、次のような効果が見込めます。

1、生活習慣病のリスクを減らせる

体が柔らかくなると血管も柔らかくなるため、動脈硬化になる可能性を減らせます。動脈硬化は進行すると脳梗塞や心不全、くも膜下出血などにつながり、要介護になるリスクを高めるので、ヨガで防げるならうれしいですね。

 

2、基礎代謝が高くなる

体が柔らかくなると血行が良くなるので、基礎代謝が上がります。結果じっとしているときの消費エネルギーが増加して太りづらくなったり、末端の冷えの解消や肌質改善をしてくれるので、こちらも嬉しいでしょう。

 

3、お肌のターンオーバーを正常化できる

体が柔らかくなると新陳代謝も活発になるので、お肌のターンオーバーも正常なスピードに戻されます。早すぎるとお肌がゴワゴワして化粧ノリが悪くなったり、水分をキープするのが難しくなって乾燥しすぎてしまいますが、遅すぎてもお肌にくすみが生まれてしまうので、どちらも考えものです。

 

マインドフルネス能力が身につく

 

そもそもですが、現在流行中の「マインドフルネス」は「ヨガ」から生まれたものです。

ヨガは古代インドで生まれた「宗教的行動」で、もともとは

・メンタルの平穏を保つ

・心の整理をする

を目的として生まれたものです。

 

日本でヨガが現在のように「健康のため」として親しまれるようになったのは2004年ごろからで、それ以前は戦前に一時期流行しましたが、オウム真理教による事件の影響で下火になっていました。

ヨガの発案者は呼吸と姿勢、心を三位一体にすることで上記の目的を達成しようと考え、ヨガの考えのベースにはこれがあります。

マインドフルネスは働きっぱなしの海馬を一時的に休ませ、記憶の取捨選択を促す効果がありますが、一連の流れが海馬を太く・大きくしてくれ、認知症や物忘れの防止になります。

またストレスも軽減するため、アンチエイジングだけではなくメンタルヘルスの対策やお肌の改善など様々な効果が期待できます。

 

まとめ

アンチエイジングにはさまざまな手法がピックアップされていますが、ヨガは美肌の意味でのアンチエイジングだけではなく、高齢者になってからの健康面を考えたアンチエイジングもできるため、一石二鳥の手法です。

自宅でDVDなどを見ながらやればあまりお金もかかりませんし、場所もヨガマットとスウェットがあればどこでもできるので、試してみてはいかがでしょうか。

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1週間で3kg痩せる!ダイエット中に食べる食事制限レシピ

ダイエットって大変ですよね。体重を早く落としたいって焦る気持ちが先走って思わず絶食ダイエット、または無理な食事制限ダイエットを続けてしまいリバウンドしてしまったり、体重は落ちたかも知れないけど今度は肌 …

あの運動の消費カロリーは何kcal?あの食べ物は何kcal?体重とカロリーの関係性までチェック!

また暑い夏の季節がやってこようとしてますね。秋冬は、洋服を着こなしてそれとなくボディラインを隠すことも出来たけど、夏はそうもいかない。。! プールや海に行けば水着も着るでしょうし、春から準備を進めてい …

ダイエットの最終手段は脂肪吸引!脂肪吸引の費用は効果はどうなの?

「○○だけを食べるダイエット」「○○抜きダイエット」、「飲むだけで痩せるサプリメント」など、様々なダイエットが現れては消えています。 それからもわかるように、決定的なダイエット法はありません。結局のと …

【脱毛】失敗しないための脱毛サロン選びのコツ

脱毛サロン選びは上手に行けば確かな結果が出ますが、失敗すると大変なことになってしまいます。今回は脱毛サロン選びを間違えないために、知っておきたいことを紹介します。   Contents1 脱 …

くすみの原因はなに?タイプ別スキンケアも!

Contents1 顔がくすむ原因は…1.1 乾燥1.2 毛穴が詰まっている1.3 産毛が濃い1.4 糖質、脂質の取り過ぎ2 どんなスキンケアをすればいいの?2.1 ウォーキングなどをして血行の流れを …