Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

アーモンドの女性に嬉しい効果5つと食べ方、食べ合わせ、注意点

投稿日: 370 views

体の老化を防ぐ

近年の研究で「AGE」と呼ばれる物質が老化に影響を及ぼすことがわかってきています。このAGEはたんぱく質と余った糖分が結びついた成分で、紫外線を浴びたり、AGEが多い食べ物を取ることで増えます。

AGEによる「老化」は体のさまざまな部分に影響を及ぼし、お肌の加齢から認知症や心筋梗塞、脳梗塞や白内障など老化現象を引き起こす原因になっています。

アーモンドにはこれを減らす効果があり、有名大学教授の実験では実験者に5ヶ月のアーモンド摂取をしたところ、肌の潤いとハリが増した…という実証も出ています。

 

ミネラル類を補える

五大栄養素の1つである「ミネラル」。100種類以上の栄養素のひとかたまりの総称ですが、アーモンドにはこの成分が豊富に含まれています。

中でもカルシウムにはイライラを静める効果が、カリウムには神経の興奮を抑える効果があり、感情のコントロールをしやすくし、「ストレスに強い体作り」を手伝ってくれます。

私たちは思い通りに行かないことも多く、日々ストレスを抱えながら生活していますが、アーモンドがあれば和らぎそうですね。

 

ダイエット効果

アーモンドには「不飽和脂肪酸」、「不溶性食物繊維」、「ビタミンB2」が含まれており、不飽和脂肪酸は血液をサラサラにして中性脂肪を減らしたり、血行を改善し、不溶性食物繊維は食べ物の中に含まれている油を吸収しづらくし、食欲を抑えてくれ、ビタミンB2は脂質をエネルギーに変換し、疲労回復を促します。

もちろんアーモンドを食べるだけではダイエットは成功しませんが、ダイエッターの人は覚えておくと便利ですよ。

 

デトックス、便秘解消

アーモンドには「食物繊維」と「良質な油分」が含まれており、これらが便秘を解消してくれます。さらに利尿作用の高い「カリウム」も含まれているため、デトックス効果も期待できます。

ダイエットから美肌、リラックス…など、さまざまな効能がある「デトックス」。ふだんから美容にこだわる人にとっては朗報ですね。

 

むくみ、貧血予防

先ほど「利尿作用がある」と紹介したカリウムですが、利尿作用があるということは「体外に水分を排出する効能がある」ともいえ、これがむくみ解消を促します。

またアーモンドには鉄分や亜鉛が豊富に含まれており、これらの成分が貧血を予防、改善します。

どちらも女性に多い悩み・症状なので、このサイトの読者の方にとっては非常に嬉しいのではないでしょうか。

 

どうすれば効果的に食べられるの?

アーモンドは1日あたり20〜25粒が目安で、カロリー換算すると150キロカロリーです。「25粒」というと一度に食べるのは難しいですが、
・普段食べているサラダに砕いて入れる
・おつまみとしてオリーブオイルと塩やコショウをふりかける
・砕いてスムージーにする

などで、ちょこちょこ食べるようにすれば難なくクリアできます。
アーモンドは胃腸にとって消化しづらい食材なので、できるなら細かくして食べるようにし、一気に摂取しないようにしましょう。

こんなものと一緒に食べると効果アップ!

お肌や体のアンチエイジングを気にしている人は、ニンジンや大豆、イチゴやブドウなどと組み合わせて食べると、より効果を実感できます。また美肌になりたいと思っている人は、納豆やレンコン、海苔やアボガドと組み合わせてみてはどうでしょうか。

血行の流れを良くしたい、冷えを解消したいならレバーやカリフラワー、かぼちゃと、便秘が気になるならヨーグルトやサツマイモ、リンゴと食べ合わせてみましょう。

食べるときはこんなところに注意!

アーモンドにはアンチエイジング効果があり、その効果を発揮する成分に「ポリフェノール」があります。皮に多く含まれているため、皮はなるべくむかずに食べるようにしましょう。

またアーモンドは酸化する食べ物です。保管するときは瓶や缶などの密閉できる容器や袋に入れ、栄養や味をキープしましょう。

アーモンドを食べるときは塩を振りかけたり、砂糖が使われている食材と一緒に食べることも多いかと思いますが、塩分や糖分が多いとせっかくの健康食材も台無しになります。

食べ方を紹介するときに「おつまみ」として食べる食べ方や、「スムージー」として消費する食べ方を紹介しましたが、調味料の使いすぎには気をつけましょう。

 

まとめ

アーモンドはアンチエイジングからストレス解消、ダイエットやデトックス、むくみ解消効果などさまざまなよい影響を体に与えます。

それを実感するためには1日20〜25粒のアーモンドを食べなければならず、それは少し大変ですが、ちょこちょこアレンジして食べれば難なく食べきれるでしょう。

より効果を実感したい人は「食べ合わせ」してみるのもいいですよ。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

ニキビに保湿は必要?何もしないほうがいい?知られざる効果とは

お肌にできてしまったニキビのほとんどは「皮脂の分泌量が多すぎる」ことが原因ですが、ニキビケアでお肌の保湿はするべきなのでしょうか。今回はニキビケアをする方なら誰もが気になることを解明していきます。 & …

高濃度ビタミンC美容液~高濃度ビタミンC誘導体の美肌効果!

Contents1 エイジングケアの美容液~たるみのない美白で横顔に自信♪2 肌タイプと好みのテクスチャーで美魔女に!2.1 シミ、そばかす2.2 しわ、たるみ、老化防止2.3 ニキビ、毛穴2.4 血 …

レベル1ってやばい?レベル15?内臓脂肪と正しい測り方

みなさん、ご自身の内臓脂肪がどれだけあるかご存知ですか?!体重は気にして測るけれど内臓脂肪ってよくわからないし放置している方、多くないですか?今回は内臓脂肪の測り方や危険レベルはどれくらいかなどについ …

話題のスーパーフードをご紹介します!最強のスーパーフード3選

スーパーフードの知名度については、果たしてどの程度なのでしょうか。その存在を知らず、スーパフードとは無縁の食生活を送る人々は多くいます。しかし、スーパーフードは、健康に良い食品として海外からも高く評価 …

今更だけど大事!野菜の栄養と効果を調べてみた

今更ですが野菜は身体にいいです。ベジタリアンはがんのリスクが低いという研究結果があるほど優秀な食べ物ですが、何となく身体にいいのが当たり前になっているだけにどういいのかなど聞きづらいです。今回は野菜の …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です