プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

【生理前のお腹ぽっこり】理由とセルフでできる対策まとめ

更新日:

食べたい物を我慢したり運動したりしてきちんと自己管理しているのに、どうしても納得がいかないことがあります。それは「生理前のお腹ぽっこり」共感して下さる方、多いはずです。今回は生理前にどうしてお腹がぽっこりするのか、原因やセルフでできる対策について考えます。

Sponsored Link

理由:月経前症候群

おなかぽっこりの理由の多くは月経前症候群です。月経前症候群とは生理前に起こる周期的な症状のことをいいますが、生理が終わると症状が治まるので仕方がないと思い上手く付き合っている女性が多いですよね。症状は人によって異なります。例えば何だかやる気がしない、よくわからないけれど悲しくなる、イライラするなどといった精神的な症状とお腹が痛い、胸が張る、頭痛、便秘になるなどといった身体的な症状があります。お腹が張るのはその中の便秘やガスが溜まることによって起こります。

月経前症候群は黄体ホルモンと関係している

生理前の健康な女性の身体は妊娠するしないに関係なく水分や栄養を貯め子宮内膜を育てようとします。この時期最も作用しているのが排卵を起こさせる黄体ホルモン、妊娠したい人にとって大切な時期です。

黄体ホルモンが赤ちゃんを守る

たとえ妊娠していなくても黄体ホルモンは赤ちゃんがいることを想定して活動しています。子宮内膜がより良い環境になるため前述しているように水分や栄養を与えたりするほかに流産させないために子宮の収縮を抑えるだけでなく腸のぜん動運動まで抑えてしまいます。その結果便秘やガス溜まりでお腹ぽっこりに苦しまなくてはなりません。具体的に見ていきましょう。

■便秘

黄体ホルモンの働きで子宮内膜を育てるために水分がそちらに持って行かれるのでいつもどおり便座に座っても思ったほど出ないし人によってはウサギのうんちのような粒状になってしまう方もおられます。

■ガスが溜まる

水分が子宮内膜の形成に多く摂られるため便秘気味になると老廃物が腸に溜まった状態になります。その老廃物はガスを発生させお腹が張るし臭いおならになります。便秘でないときは便と一緒にガスも出るのでお腹が張りにくいけれど溜まった便に挟まれたガスは小分けにしか出せないので生理前におならがよく出るように感じるし、お腹が張るのです。

■間食が増える

黄体ホルモンにはもしも妊娠していた時のことを想定し胎児を守らなくてはならないためインスリンの働きを下げ低血糖を起こさせる働きがあります。その結果食べたいという衝動に駆られつい間食が増えるのです。また、黄体ホルモンは味覚を鈍らせる働きがあることが最近の研究で判明しており、生理前に濃い食べ物を欲するのはこのためだと言われています。濃い食べ物はむくみを招きます。生理前に食欲が抑えられないのは自分が弱いだけでなく、やはりここでも黄体ホルモンの働きが関係しているのです。

対策

水分をこまめにとる

生理前の体内が水分不足に陥ることを知ったのですから、こまめに水分をとって排便やガス溜まりを予防しましょう。また、炭酸飲料はおいしいけれどお腹に溜まる原因になります。ひかえたほうがよいでしょう。

ゆっくりと食事をする

ラーメンやうどんなどのすする食べ物は一緒に空気も体内にたくさん取り込んでいます。また、麺がのびてしまうので急いでしまう、この早食いも空気をたくさん取り込むのでお腹が張る原因のひとつです。すする食べ物に限らず職場での昼休みなどは慌ただしいと思いますが、腰をかけて食べ物をゆっくりと噛んで食べるようにしましょう。

血糖値を緩やかに上昇させる工夫を

黄体ホルモンが作用するので食欲を無理に我慢するのはストレスにつながります。そんなときは血糖値を緩やかに上昇させるような食べ物を摂るようにします。例えば酢の物料理や野菜や豆類や雑穀類などです。どうしても甘いものが食べたいときは先にこれらを口にしてから少し食べるようにしましょう。

規則正しい生活をする

生理前は体内のバランスが乱れがちですが、なるべく規則正しい生活をして自律神経のバランスを整えるようにしましょう。自律神経のバランスが整っていると腸内環境も良くなります。生理前で黄体ホルモンの働きによってぜん動運動が抑制されても腸内細菌などが助けてくれます。仕事をして帰宅し夕飯後の中途半端な時間に眠たくなりますよね。そこで眠ってしまうと夜中に目が覚めて夜更かしになり自律神経が乱れてしまいます。緊張から解放されたときに眠たくなるのは仕方がないことですが、そこで眠らず早めにお風呂に入ってその日中に床につきましょう。

運動

特別なことをする必要はありませんが、電車やバスに乗るべきところを一駅歩くなど意識して運動することで血行を促進させガス溜まりや便秘を解消するとお腹のぽっこりはなくなります。また、立った状態で骨盤(腰)をグルグル回したりお腹に「の」の字を書くようにマッサージしたりするのも効果がありますよ。

婦人科系の病気も頭に入れる

婦人科へ行くのはストレスだと感じる女性は多いです。しかし、いつものぽっこりにこれまで感じなかった違和感を覚えた場合は早めに婦人科を受診しましょう。おなかのぽっこりで考えられる病気はいくつかありますが、若年層でも患うことが多い2つの病気についてご紹介します。

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮内にできる良性の腫瘍で30代以降の女性の子宮内で見つかりますが若年層にないわけではありません。筋腫が大きくなったらうつ伏せになったとき腹部にしこりを感じることがあります。生理前におなかのぽっこりが毎回気になる、腰痛がある、うつ伏せになったとき腹部にしこりのようなものを感じたら迷わず婦人科を受診しましょう。

卵巣のう腫

卵巣のう腫は卵巣内に脂肪や液体などが溜まることで発生します。卵巣は2つありどちらかが病に侵されていても片方ががんばってしまうので自覚症状がない状態で進行することがよくあります。卵巣は肥大するとその重さに耐えられなくなり卵管がねじれてしまう(茎捻転)ことがあります。激痛を伴うのですが、ふとした拍子にもとに戻ると痛みは治まるので大事ととらえずに病院へ行くのを先送りし気づいたらハンドボール大くらい肥大し、次に茎捻転を起こしたときにうっ血したり他の臓器と癒着したりし命が危うくなるケースもあります。症状が出にくい臓器ですが、サインとしてお腹のぽっこり(膨満感)や大きくなったものの場合は子宮筋腫と同様に腹部にしこりを感じることが挙げられます。

Sponsored Link

無理にダイエットをしない

太らないよう自制し生活しているしっかりさんにとってお腹ぽっこりは許せないし不快に思うことですが、他人はさほど気にしていません。また、生理前はホルモンが切り替わる時期なので無理に食事制限をするなどし体重を落とすと体調を崩してしまう可能性があります。ダイエットは少しお休みし、薄味にしてむくみを防いだり適度に運動をしてガスや便を排出したりして解消させましょう。個人差はあるものの、多くの女性が「生理前あるある」にお腹ぽっこりを挙げるはずです。気持ちを共有すると少し楽になります。

多くのカップルが不妊に悩む現在、あなたのぽっこりがいつもと違うと感じたらすぐに婦人科を受診しましょう。健康ならお腹のぽっこりは「子どもを授かる準備ができているサイン」と思ってセルフケアをして上手に付き合いましょう。将来子どもを授かったとき初めて黄体ホルモン万歳と思いますよ!

いま通ってる脱毛サロン、満足してる?

脱毛サロンおすすめランキング

勧誘しない!痛くない!返金システムありの脱毛サロンのおすすめランキング!

脱毛サロンの乗り換え割もあります!

今年もお得なキャンペーンを続々実施してますね!

  • 月々990円キャンペーン!
  • 5回分0円キャンペーン!
  • 2ヵ月0円キャンペーン!

 

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.