Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

美肌になるために摂りたい栄養素!オススメの食べ物7つ&摂りたくない食べ物3つ

投稿日: 225 views

綺麗になりたい!って思う気持ちは女性ならみんな一緒ですよね!美肌になりたいのなら、内側からしっかりケアを。人は基本的に、食べた物の栄養素を使って体を構成していくので科学的にも、食べた物が美容に作用するのは証明されている事実です。

食べ物というものは、エクササイズや美容エステなどと違って美肌にとってすぐに効果のでる即効性のあるものではありませんが、長い目で見ると間違いなく、かなり大きなウエイトを占める大切な要素です。美肌になるために、日ごろから意識して肌に良いものを食べていきましょう!

 

美肌効果が高い食べ物7つ

アーモンド

美肌に必要なビタミンE、ニキビ改善に効果的なビタミンBが豊富に含まれているほか、
・アンチエイジング効果
・血流をよくする効果
・デトックス効果
・貧血を予防する効果
・便秘を改善する効果
・(満腹感を与えるので)ダイエット効果

など、美肌効果だけではなく「食べれば食べるほど女性が美しくなれる食べ物」です。

牛乳

Glass and Bottle of Milk bxp159810h

ビタミンB2がニキビのできにくい肌質にしてくれ、またたんぱく質がお肌や筋肉、爪や髪などの「基礎」を作ってくれます。

美肌効果以外にもカルシウムが自律神経を整えてくれる効果があり、イライラ解消や寝付きの改善、うつ病予防といった効果もあります。

カキ

亜鉛が豊富に含まれており、アンチエイジングを促し、シミを減らし、たんぱく質の分泌を促してお肌や髪、爪、筋肉の基礎を作ってくれます。

その他にも落ち込んだ気持ちを和らげてくれたり、免疫力を上げてくれるので、気分が下がりやすく、風邪やインフルエンザが流行する冬に「働く女性」こそ摂りたい食べ物です。

カツオ

ビタミンB6が豊富に含まれており、これがダメージを受けた細胞の分裂を促し、お肌のターンオーバーを整えてくれます。またビタミンB6が体に吸収されるにはビタミンB2が必要ですが、カツオにはこれも豊富に含まれているので、「効率良く」ビタミンB群を摂取したいときには大変オススメです。

ひじき

ひじきにはヨウ素という栄養素が含まれており、これが新陳代謝の活性化を促し、お肌や髪、爪や筋肉の基礎的な健康を保ちます。また同じく含まれるタンニンには、紫外線からお肌を守ってくれる効果があります。美肌作用以外にも鉄分が含まれているので、貧血に悩んでいる人ならチェックしておきたい食べ物です。

牛肉

「お肌に悪そうな食材ランキング」「食べると太りそうな食材ランキング」で上位にランクインしそうな食材ですが、お肉の中でも最も良質なたんぱく質が多く含まれており、お肌や髪、爪や筋肉の「基礎」を作ってくれます。

牛肉の中でも「カルビ」にはビタミンBが多く含まれ、高い新陳代謝効果がお肌のターンオーバーを促してくれます。

美肌作り以外にも鉄分や亜鉛といった「貧血予防」に効果がある成分も多く含まれ、食べ合わせによってはよりダイエット向き食材にもできるので、「太りそう」「ニキビができそう」という固定観念は捨てましょう!

アボガド

アボガドは20%が脂分でできていますが、そのうち80%は「リノール酸・オレイン酸」、20%は「β-シトステロール」です。「リノール酸・オレイン酸」はお肌の乾燥を防ぎ、「β-シトステロール」はコレステロールの吸収を抑えてくれます。

また、アボガドにはさまざまなビタミンが含まれていますが、それぞれ
ビタミンE:アンチエイジング
ビタミンA:皮膚や粘膜を健康的に保つ
ビタミンB2:脂肪の代謝を促す
ビタミンC:コラーゲンを作る

このような効果があります。

 

あまり摂るべきではない食べ物3つ

美肌を目指すのには良くない、逆効果の食べ物や栄養素もあります。あまり気を使いすぎて神経質になりすぎるのも良くありませんが、ちょっと意識して、もし摂ってたらいつもより量を減らす努力をしてみると、美肌効果が出てくると思います。

 

カフェイン

抗酸化作用を持つビタミンCを破壊し、肌のターンオーバーを遅らせてしまいます。

「コーヒー」「紅茶」「眠気覚まし、栄養ドリンク」などさまざまな食べ物に含まれていますが、コーヒーの分野ではカフェインレスのコーヒーが日本でも飲めるようになってきています。

大手チェーン店でも「スターバックスコーヒー」、「星野珈琲店」、「タリーズ」などでは飲めるので、普段から飲む人は変えてみましょう。

油分が多い食べ物(特に一度揚げた油、古い油で揚げたもの)

脂分はお肌を酸化、老化させ、コラーゲンを作りづらくします。

揚げ物やスナック菓子、ファストフードなどさまざまなものが挙げられますが、中でも一度使われた油や古い油で揚げた食べ物はお肌にとって不健康なので、家で揚げ物をするときは2ヶ月で使い切れるサイズの油を買い、一回使ったら食用以外に使いましょう。

冷たいもの

生野菜や冷たい飲み物などは内臓を冷やし、全身の血行を悪くし、老廃物のデトックスを妨げます。特に夏になると食べたくなりますが、「チビチビと」「飲食したあとは体を温めるものを」を心がけましょう。

 

まとめ

美肌になりたいのであればここで紹介した食べ物を積極的に取り入れてみましょう。もちろん他の普段の生活習慣も大事ですが、食べたものは血や肉となってあなたの体を作るので、たまにはこだわりを持ってみるのも悪くありません。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

甘酒で美肌になった?!そのメカニズムとは!

季節に関係なく店頭の目立つところに陳列されることから甘酒が人気で身体にいいことは何となくわかっているけれど、あまりなじみがないので手が出しにくいですよね。でも「美肌になった」と聞くと試してみたいけれど …

すぐ小顔になる!3つの方法

だれもが憧れるワードの1つが小顔、生まれ持った骨格を変えることはできないので一般の人々は諦めて自分を受け入れ生活しています。しかし「決めるべき合コン」や「急に同窓会に行くことになった!」というときなど …

ほうれい線の原因5つ!改善法や改善していくコツも紹介

Contents1 ほうれい線の原因5つ1.1 表情筋の衰え1.2 紫外線、乾燥1.3 スマホやパソコンを使うときの姿勢が悪い1.4 睡眠、運動不足1.5 顔のむくみ2 ほうれい線を作らないためには… …

アミノ酸が豊富な食事って?健康のための簡単レシピを大公開

Contents1 そもそもアミノ酸とは?2 必須アミノ酸の働きと摂取できる食材をご紹介2.1 1.バリン2.2 2.ロイシン2.3 3.イソロイシン2.4 4.スレオニン2.5 5.メチオニン2.6 …

【くすみに悩まされたくない!くすみに良く効く化粧品】

ふとした瞬間、鏡を見たときに、あれ?今までこんなに顔色悪かったっけ?と不安に思った経験はありませんか。特にからだの調子が優れないわけでもないのに、少しお肌が黒ずんでいるのは、もしかしたらくすみが原因か …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です