プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

洗顔で美肌を手に入れるためには?美肌菌を育てて素肌美人になる秘訣

更新日:

肌のきれいな人は、高級なスキンケア製品を使ったり、エステに行ったり・・と、肌をきれいにするために時間もお金もたっぷりかけているはず。

そう思ってしまいますが、必ずしもそうとは言えないのですよ。プチプラの化粧品を使っていても、特別なことをしなくても、きれいな素肌を保っている人の肌には、肌本来の美しさを守るための美肌菌の存在が大きいのです。

どうやら、きれいの秘訣は美肌菌に左右されるようですから、この菌の存在に注目してみましょう。

美肌菌とはどんなものなの?

美肌菌という名前の細菌が肌に棲んでいるいるのかというと、そうではありません。美肌菌という名前の細菌はいないので、正しくは皮膚常在菌の中で、肌の状態を健やかにするために働く細菌のことを、美肌を作る細菌という意味で「美肌菌」という親しみやすい名前で呼ばれるようになりました。

私たちのカラダには、数えきれない種類の細菌が存在します。有名なところでは、腸の中の状態を左右する腸内細菌がありますね。

他にも、口の中で虫歯や歯周病の原因になる細菌の繁殖を抑えようとするものなど、カラダの色んなところで細菌は活躍しているわけです。

なんとなく「菌」と聞くだけで、汚いものや怖いものをイメージするかも知れませんが、良い働きをする善玉菌の活躍がないと、私たちのカラダは健康に機能しないのです。

美肌菌も、腸内の善玉菌と同じように、肌のコンディションを保つためには、とても大切な働きをするものなんですよ。

では、皮膚常在菌にはどんな菌がいるのでしょか。代表的な三つの常在菌についてご説明しましょう。

アクネ桿菌

ご存知の方も多いと思いますが、ニキビの原因になる細菌として有名なアクネ桿菌です。

でも、じつはこの細菌は悪玉菌ではありません。肌の状態によって悪玉になったり善玉になったりする日和見菌のようなものです。

酸素があると繁殖できない細菌で、皮脂を餌にして皮膚を弱酸性にする脂肪酸などを作るので、アクネ桿菌があるからニキビになるわけじゃないのです。

ニキビが増える原因は、皮脂の過剰分泌によって皮脂を餌にするアクネ桿菌が増えて、毛穴の中で大量に発生して炎症を起こすからです。

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌はどこにでも存在する細菌なので、普段はとくに悪玉ではないのですが、傷があったり、ニキビの炎症がひどくなったりするとこの細菌が化膿の原因になります。

皮膚の状態が弱酸性ではなくアルカリ性になると繁殖しやすく、皮膚炎を起こす原因になる菌です。

表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は、皮膚常在菌の中でも、美肌作りにもっとも大切な役割を持っている細菌なので、美肌菌の代表格のようなものです。

この菌は、皮脂や汗を栄養としてグリセリン、脂肪酸を作り出してくれます。これが皮膚を外敵から守るために働く抗菌ペプチドを作るので、表皮ブドウ球菌が正常に活躍すると、肌のバリア機能が強くなるのです。

美肌菌を育てるためにできること

美肌菌は皮膚常在菌のバランスをうまく保つことで正常に働くようになります。代表的な三つの皮膚常在菌が理想的なバランスを保てるようになるためには、毎日のスキンケアが基本です。

もしかして、間違ったスキンケアが美肌菌を攻撃してしまうかも知れないので、美肌菌を上手に育てるための注意点をチェックしてみましょう。

洗い過ぎている

洗顔は美肌の基本というのはある意味では間違いありませんが、間違った洗顔をしていては、逆に肌にダメージが強くなります。

洗浄力の強い洗顔料を使っていたり、泡立てが不十分なままで洗ってしまったり、すすぎが十分にできていなかったりすると、皮膚の常在菌バランスが崩れる原因になります。

正しい洗顔方法でも、洗い過ぎていると皮脂が奪われ過ぎるので気を付けないといけません。

美肌を手に入れるための基本中の基本「洗顔」。基本だからとはいっても、お肌のターンオーバーを整えてくれるので、なかなかあなどれません。

塗り過ぎている

美肌菌が理想的なバランスで保たれていれば、保湿クリームなどをベタベタ塗らなくても、肌の乾燥に悩まされることも防げるようになります。

化粧品で油分や栄養を与えすぎていると、肌が自分の力で保湿しようとする力が弱くなり、それが美肌菌のバランスに影響を与えることもあるのです。

擦り過ぎている


洗顔や毎日のお肌のお手入れだけでも、お顔の肌を何度も摩擦しています。この摩擦が、実は美肌菌にはかなりのダメージになります。

古い角質を取り除くためのピーリングをしたり、コットンを使って拭き取ったり、摩擦刺激が強いケアをやり過ぎると、美肌菌が少なくなってしまいます。

「~過ぎ」に気を付けて

美肌菌を育てるために注意したいことは、肌本来の力を奪い取らないように、自然に近い状態を心掛けることです。

もちろん、顔も洗わないで基礎化粧品も使わずに、何もしないことが美肌菌を育てるために良いとは言えません。

メイクの汚れはクレンジングでしっかり落とさないと、それが悪玉菌の繁殖の原因になることもあります。

何も与えないで、肌がカサカサしているのに、何もつけないで放置するとか、そんな極端なことをしては、美肌菌も育ちません。

やり過ぎないように気を付けて、美肌菌が棲みやすい環境を作ってあげるようにしていきましょう。

それでは最後に美肌を手に入れるために知っておきたい正しい洗顔のやり方を教えます。

Sponsored Link

洗顔の目的とは?

そもそもですが、洗顔の目的とはどのようなものなのでしょうか。

洗顔には「皮脂汚れや古い角質を落とす」という目的があり、洗顔でそれらを落として、化粧水で水分を与え、クリーム(なくてもいい)で栄養を与え、乳液でお肌にフタをする…というのが一連の流れです。

お肌は古い角質が剥がれ落ち、新しい角質が表面に出ることで美しさを保てますが、この「ターンオーバー」を遅すぎもなく、早すぎもなく、正常なペースで保たせるのが洗顔の目的なのです。

洗顔は1日2回

「1日3回洗うよ」という方も「1日1回しか洗わないよ」という方も「面倒だから2日に1回しか洗わないよ」という方もいるかと思いますが、1日2回がベストです。

皮膚にはお肌の水分を保ったり、外からゴミなどが入ることを防ぐ「バリア機能」がありますが、これはお肌の表面にある「皮脂膜」とその下にある「セラミド」によって成り立っています。

洗顔しすぎるとこの2つの成分を洗い流してしまい、水分が蒸発してお肌が乾燥し、お肌のバリアが薄くなってしまいます。

また1日1回や2日1回という方は皮脂汚れや古い角質が十分に落ちていないので、ターンオーバーが遅くなっていることがほとんどです。この場合お肌のくすみやシミ、シワなどといった症状で現れるので、早めの対策が必要です。

洗顔前は手を洗おう

洗顔は直接手が顔に触れる行動です。

その手が雑菌だらけだと顔に手の細菌がそのままついてしまい、お肌に余計なダメージを与えてしまうので、手を洗ってから顔を洗いましょう。

Sponsored Link

泡洗顔はふわふわ泡で

洗顔料のあわが多いと

・顔に指が直接触れない

・ゴシゴシ洗わなくなるので、必要な脂分や水分まで落ちない

このようなメリットがあります。

泡洗顔に慣れていない方や、泡を立てるのが苦手な方はリキッドタイプの洗顔料ではなく、初めから泡になって出てくる洗顔料を選んだほうがいい洗顔ができますよ。

洗い落としはぬるま湯で

冷たい水で洗い流すと毛穴が閉じてしまい、汚れが洗い流されなくなってしまい、しかも化粧水やクリームの成分が浸透しなくなります。熱すぎてもお肌のバリア機能が壊れてしまうので、33〜35度のぬるま湯で洗い落としましょう。

できるだけ顔をこすらないようにし、ヌメッとした感覚がなくなるまで丁寧にすすいでくださいね。

美肌のための洗顔でやってはいけないこと

シャワーで洗い流す

お風呂に入っているときに洗顔する場合、シャワーのお湯で洗い流すという方も多いかと思いますが、やめておきましょう。

お風呂の中に入っているときは温度が高いので角質が柔らかくなっていますが、ここでシャワーを直接顔に浴びると、強すぎてお肌にダメージが及びます。

それに加え、シャワーのお湯の温度はお肌にとって高すぎるので、必要な皮脂まで落とす原因にもなります。

ゴシゴシこする

ゴシゴシとお肌をこすると、その摩擦がお肌に負担になってしまいます。特に目元や口元、頬はお肌の中でも皮膚が薄いので、力加減は抑えめにして、泡で洗うように心がけましょう。

2分以上かけて洗顔する

洗顔はあくまでもお肌をキレイにする方法の1つでしかありません。

いくら洗顔しても肌トラブルが一気によくなるわけではないので、やり過ぎにも注意です。

長く洗顔をすると、お肌の保湿に必要な皮脂や成分も流れてしまうので、かえって乾燥の原因になってしまいます。クレンジングから洗顔を終えるまでの時間は2分に収めるようにし、なるべく早く終わらせるようにしましょう。

ニキビができて気合を入れて洗顔をする

ニキビの原因は過剰な皮脂の分泌と細菌の繁殖なので、それを洗顔で少しでも落とそう…という発想をしてしまいがちですが、気合を入れて洗顔しすぎても全く効果ありません。

洗顔のしすぎがお肌にとって負担になることも多く、ニキビができてもいつもどおりの洗顔を心がけましょう。

まとめ

美肌になるためなら、洗顔は少しでも気合を入れて行いたいものですが、当たり前のようにやっている洗顔の方法がお肌に悪影響を与えていることも多くあります。

正しい洗顔を知って、基本中の基本から美肌を手に入れましょう!

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.