Puuri

プーリ【美容・恋愛・結婚・メンタル】日々を楽しく美しく生きたい!

その他 美容

ボディタオルは洗濯するもの?あなたの使い方間違っていませんか?

投稿日: 351 views

からだを洗う時に使用するボディタオル。ボディタオルの形はスポンジタイプや細長いタオルタイプなど様々です。それらを総称してボディタオルと呼びます。

ところで、一日外を歩き回って汚れたからだを綺麗にしてくれているボディタオル、あなたは洗濯していますか?他の家庭ではどうしているのか、お隣さんのお風呂事情なんて普段知る機会は少ないですよね。今回は、ボディタオルは洗濯した方がよいのか、それともしない方がよいのか、それぞれご紹介していきます。

 

ボディタオルは洗濯する派?それとも洗濯しない派?

ボディタオルを洗濯するかしないかは、家庭によって異なります。ボディタオルを当たり前のように洗濯している家庭にとっては、洗濯していない家庭があることを知ると驚き不衛生に感じると思います。また、普段洗濯していない家庭にとっては、ボディタオルを他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れることは考えられないと、不思議な光景に映るでしょう。ボディタオルは洗濯しますか?それともしませんか?家族以外の恋人や友人は一体どうしているのでしょう。意外と人に聞けない質問です。

 

ボディタオルを洗濯する場合に考えられること

①ボディタオルを洗濯すると、汚れがきちんと落ちる

ボディタオルはこまかな繊維が空気を含み、水分とボディソープを絡ませて泡立ちをつくります。使用後はしっかりすすがないと、繊維の中に絡んでいる汚れが落ちず、付着したままです。ボディタオルは繊維でできているため、衣類用の洗剤で洗うことが効果的です。つまり、洗濯機で他の洋服と一緒に洗います。洗う際は、他の洋服に引っかかって傷つけないようにネットにいれると良いでしょう。衣類用洗剤で何度も洗いとすすぎを繰り返すことで、繊維の奥深くに残っている皮脂などの汚れをしっかり落としてくれます。

 

②ボディタオルを洗濯すると、消耗が早い

ボディタオルはお風呂に入る度に使用します。ゴシゴシこするので普通に使っていても消耗するはずですが、さらにボディタオルを洗濯すると消耗の度合いは高くなります。購入当初の質感とは異なり、使い古してクタっとしたボディタオルでは、バスタイムの気分が上がりません。もともと消耗品だと考えれば、毎日使用して頻繁に洗濯をして使い捨てる感覚で、常に清潔なボディタオルを使用することも良いかもしれません。汚れが残ったボディタオルは雑菌の繁殖に繋がります。それを防ぐためには、最低でも1週間に1度は洗濯することをおすすめします。

 

ボディタオルを洗濯しない場合に考えられること

①ボディタオルを洗濯しないと、実は汚れが落ちていない

ボディタオルはボディソープや石鹸をつけて泡だらけにして使用します。汚れを落とす石鹸類をつけるのですから、ボディタオルについた汚れも一緒に水に流れるように思えます。

しかし、ボディタオルの素材によっては乾燥しにくく、いつまでも水分を保った状態になることがあります。また、使用後のすすぎ不足で、からだの汚れがボディタオルに付着したままの場合もあります。

ボディタオルに付着した汚れが落ちていないまま、洗濯機で洗うことなくずっと使い続けていたらどうなるでしょうか。雑菌が繁殖します。汚れのついたタオルでからだの汚れを落とそうとしているのです。清潔ではありませんよね。時々洗濯をしてしっかり乾かすことが大切です。

 

②ボディタオルを洗濯しないと、くさくなる

ボディタオルを洗濯機に入れて洗うことをしない場合、ボディタオルの素材によってはカビが繁殖している場合が考えられます。たとえばコットン(綿)のボディタオルの場合、ナイロンやポリエステルなどの素材と比べて吸水性が非常に高いので、繊維の中にたっぷりの水分を含みます。そして速乾性が低いため、ゆっくり時間をかけて乾いていきます。ジメジメしたお風呂場で乾ききるには時間がかかり、高い湿度の環境で、皮脂や角質などの汚れがついたボディタオルにはカビが繁殖しやすくなります。カビはくさいニオイを発生させます。一度洗濯機でしっかり洗わない限り、カビは除去しにくく、延々とくさいニオイが続きます。速乾性の高いナイロンやポリエステルなどの合成繊維のボディタオルを使えば、カビの繁殖は多少防げると思います。くさくなったボディタオルは誰も使いたくないですし、全然おしゃれではありませんよね。

 

まとめ ボディタオルは洗濯した方がよい?

ボディタオルを洗濯した方が良いか迷っている方や、または今まで一度も洗濯をしたことがない方は、ボディタオルは洗濯することをおすすめします。一日の中で溜まった汚れを綺麗にするがお風呂の時間です。ボディタオルは素肌に直接触れるものですし、時々洗濯をしてなるべく衛生的に使いましょう。人には見られることがないお風呂の時間ですが、見えないところのちょっとしたお手入れにも気が向けられると良いですね。

Sponsored Link

-その他, 美容

執筆者:

関連記事

白血球を増やす食べ物はコレ!健康になるための3つの食品とは?

血液検査で、お医者様に『白血球の数値が低い』と指摘された方は、白血球の数を増やさなければいけません。白血球を増やして、風邪やウイルスからカラダを守るための免疫力を向上させましょう。今回は白血球を増やす …

ピロリ菌の除菌に失敗?!原因はなに?

そこそこの年齢に達するとピロリ菌が居た居ないの話題が挙がり、なかには「除菌に失敗した」という声を耳にします。そもそも自分が感染しているのか気になるし、医療機関を受診し治療しているのになぜ失敗するのか疑 …

【睡眠不足解消】眠れないときに試して!眠れない時の対処法4つ【5分で眠れる!】

仕事や学校、家事のストレスからブルーライト…。さまざまな要因で眠れなくて困っている人も多いかと思いますが、眠れない時はこの記事で紹介する4つの対処法を試すことで、少しは眠りやすくなるかもしれません。今 …

化粧焼けの正体とは?!美肌をつくるために注意すべきこと

美容に対する意識は高い方で、毎日きちんとスキンケアをしているはずなのに、なぜか顔のクスミが気になることはありませんか?素肌作りから気をつかって高級な化粧品を揃えているのに、効果が表れないような気がする …

ほうれい線の原因5つ!改善法や改善していくコツも紹介

Contents1 ほうれい線の原因5つ1.1 表情筋の衰え1.2 紫外線、乾燥1.3 スマホやパソコンを使うときの姿勢が悪い1.4 睡眠、運動不足1.5 顔のむくみ2 ほうれい線を作らないためには… …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です