Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

血太りには漢方が効く?肥満のリスクもご紹介!

投稿日:2017年8月11日 更新日: 202 views

太った人というのは多くいますが、太り方については人によって違うことがあります。太り方にも色々あり、血太りもその一つです。では、肥満になるということのリスクはそもそも何なのでしょうか。また、血太りの場合はどのように対処したらいいのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

 

肥満になると何か問題あるの?

よく、ダイエットという言葉が聞かれますよね。健康のためにダイエットに励む方が多いですが、世の中には肥満の方が数多くいます。このことからわかるように、肥満になったからといって直ちに生活が送れなくなるということではないですよね。

では、肥満になることによって、どんな問題点が出てくるのでしょうか。その点について見ていきましょう。

問題点①睡眠時無呼吸症候群のリスクが大きくなる?

深刻な病気の一つとして、睡眠時無呼吸症候群が挙げられます。この病気になると、寝ている最中に呼吸が止まってしまうという症状が現れるようになります。したがって、とても怖い病気ですよね。

また、睡眠時無呼吸症候群の原因の一つとして、首周りの脂肪の多さが挙げられます。健康的な範囲を超えて体重がどんどん増加してくると、当然首周りにも脂肪がついてきます。したがって、肥満になっている方は、睡眠時無呼吸症候群のリスクが大きいと言えますね。

問題点②動脈硬化のリスクが大きくなる?

肥満になることで最も心配されるのは、やはり生活習慣病でしょう。生活習慣病としては、高血圧や糖尿病が挙げられます。もし、肥満の状態を放っておけば、生活習慣病がどんどん進行していき、動脈硬化などの深刻な病気につながる可能性もあります。

問題点③膝に対しての負担が大きくなる?

脂肪が増えて体がどんどん重くなってくると、当然膝に対しての負担も大きくなってきます。あまりに大きい負担は、痛みにつながります。実際、ちょっと小走りする程度で膝に痛みを感じてしまうという肥満の方も多いです。

歩いたり走ったりという行動については、日常的に行います。そのため、行動する度に膝が痛くなるということでは、ますます行動力が下がることにつながりかねないでしょう。

問題④心臓に対しての負担が大きくなる?

肥満になってしまうと、膝に対しての負担だけでなく、心臓に対しての負担も大きくなります。心臓というのは、生命活動を維持するにあたって一番重要とも言える臓器であるため、ここに大きな負担がかかるというのは当然よくありません。

寿命の長さにも影響してくる可能性があるため、やはり肥満というのは早いうちに解消した方がいいということですね。

 

太り方にも色々ある?

人によっては、太り方は一つだけだと思い込んでいます。しかし、実際に、太り方のタイプには色々あります。

そこで、3つのタイプについて見ていきましょう。

タイプ①気滞太り

基本的に、誰であってもストレスを感じることはありますが、頻繁にストレスを感じているのであれば少々問題です。また、そういったことが原因となってスムーズに代謝が行われなくなり、太ってしまうことを「気滞太り」と言います。

そのため、ストレスを感じやすいという自覚がある方は、この気滞太りについて少し気にした方がいいかもしれません。

また、気滞太りの問題を解決するにあたって大切なポイントの一つは、ストレスをためない形でダイエットすることです。

例えば、食事制限をすれば楽に体重を減らせるという考え方があります。しかし、食事制限をすると、ストレスが溜まりやすいです。したがって、気滞太りの方が食事制限をするというのは適切ではないでしょう。

基本的に、食事をきちんととりながら痩せるには、運動するしかありません。自分の趣味にできるような運動法を見つけ、継続的にやってみることが大切ではないでしょうか。

タイプ②痰湿太り

本来、体内に取り入れた水分というのは、適切に排出されます。しかし、排出されるべき水分が、スムーズに排出されないという方もいます。そのことが原因となり、太ってしまうことを「痰湿太り」と言います。

痰湿太りの原因としては色々考えられるところですが、一つはアルコールの摂取が挙げられます。なぜなら、アルコールを大量に摂取すると胃腸に負担がかかりますし、代謝にも影響を与えることになるからです。

したがって、アルコールを頻繁に摂取するという方は、摂取をある程度抑えることによって痩せていく可能性があります。

タイプ③瘀血太り

体内における血液の循環が正常か否かという点については、健康を維持する上でとても重要なポイントになります。

仮に、血液の循環が悪くなってしまうと、老廃物がスムーズに排出されなくなってしまいます。また、このことが原因となって太ることを、「瘀血太り」と言います。俗にいう血太りですね。

この瘀血太りを解消させるにあたって大切なポイントの一つは、血行を良くすることです。血行を良くする方法については色々あります。例えば、体を温める効果のある食べ物を食べることです。ネギやトウガラシなど、体を温めるにあたって効果的な食べ物については多くあるため、これを機に食生活に一工夫加えてみてはいかがでしょうか。

また、血行促進に効果的な筋トレ法やエクササイズ法、ストレッチ法は多くあるため、体を動かして血行を良くするというのもおすすめできます。

 

血太りに効く漢方はある?

血太りを解消するための方法については先ほどご紹介しましたが、他にも方法はあります。例えば、漢方薬の活用です。「薬を使うのはちょっと・・」と思われる方もいるかもしれませんが、一般的な風邪薬のようなものと漢方薬とは違います。例えば、感染症を治すために服用する薬の場合、ウイルスを除去するのが目的になりますよね。

しかし、漢方薬については、体質改善のために服用するというケースも多いです。そのため、何らかの病気になっていなくとも、漢方薬を服用する方々は多くいます。

では、血太りの原因である血流の悪さを改善するにあたって有効な漢方薬は何なのでしょうか。まずは生薬から見ていきましょう。

丹参

血流改善に効果的な生薬として挙げられるのは、丹参です。また、この丹参を体内に取り入れることで期待できる効果については、血流改善だけではありません。抗酸化作用なども期待できることから、健康に役立つ生薬であることは間違いないでしょう。

では、この生薬が含まれる漢方薬としては、どのようなものがあるのでしょうか。

冠元顆粒

ご紹介するのは、イスクラ産業株式会社の「イスクラ冠元顆粒」です。この漢方薬には、丹参がしっかり含まれています。また、含まれているのは丹参だけではありません。その他5種類の生薬の成分が含まれているのです。

そのため、是非購入を検討されてはいかがでしょうか。

もちろん、この漢方薬以外にも、丹参が含まれているものは多くありますので、色々見てみましょう。

 

まとめ

今回は、肥満になることによって生じる問題点や、太り方のタイプ、そして血太りに対して効果的な漢方薬などについて見てきました。

肥満になって良いことは何一つないため、肥満を自覚しているのであれば早めに手を打つ必要があるでしょう。また、その前に、自分がどのような太り方をしているかという点について理解することが重要です。その点について理解できなければ、一度痩せたとしても再度太ってしまう可能性が高いです。

また、体質改善を図るにあたり、漢方薬を活用することに意味はあります。そのため、これを機に色々な漢方薬について学んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

-美容
-,

執筆者:

関連記事

【検証】脱毛サロンって効果ある?!

薄着の季節になってきて気になるのがムダ毛です。みなさんはどうやって処理されていますか?たびたび処理するのは大変ですよね。そんなときに目に入るのが脱毛サロンのCM、効果があるかいくらするのかわからないか …

【ドライアイ】気になる治療法と予防について

大切なときに目がショボショボゴロゴロすると集中できず不快です。またこの症状を放置したらどうなるのか、改善させられるのかも気になります。そもそもドライアイになったら治療が必要なのでしょうか?!今回は誰も …

無知は損!腸内細菌の種類と働きを知ろう

生きて腸で働く乳酸菌をヨーグルトから摂取しよう等というCMを見かけます。なんとなく身体に良い細菌と悪影響を与える細菌があることはわかるけれど具体的なことって知りませんよね。この機会に腸内細菌の種類を知 …

交感神経を鎮める方法4選!あなたに合うリラックス方法を見つけましょう

  Contents1 そもそも交感神経ってなに?2 交感神経を鎮める4つの方法をご紹介2.1 1.生活習慣の見直し2.2 2.バランスのとれた食事2.3 3.リラックス方法を見つける2.4 …

活性酸素と同じだと思ってない?フリーラジカルの美容への影響とは!

若々しさをキープするために、アンチエイジングに励む人なら、誰しも活性酸素について見聞きしたこともあるでしょう。 活性酸素が、老化のスピードを早めたりするので、「活性酸素は若さとキレイの敵!」というのが …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です