Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

健康

中性脂肪が低いのにコレステロール値が高いのはなぜ?

投稿日:2017年8月11日 更新日: 114 views

中性脂肪が多いことによる問題については、よく言われています。そこで、中性脂肪を減らそうと努力する人が多いですよね。しかし、中性脂肪を減らすことができたのにもかかわらず、コレステロールが高いままというケースがあります。これは一体なぜなのでしょうか。今回は、中性脂肪の意味から丁寧に説明していきます。

中性脂肪とは?

人が摂取しなければならない栄養素の一つとして、脂質が挙げられます。脂質が不足すると、疲労を感じる回数が多くなったり、体調を悪くするリスクが大きくなります。そのため、タンパク質やビタミンだけでなく、脂質なども適切に摂取するようにしましょう。

また、摂取した脂質は、吸収などの過程を経て、エネルギー源として利用されることになるわけですが、利用されない分というのも発生するケースがあります。この利用されなかった分が、中性脂肪として蓄積するのです。

わかりやすく言うと、お腹がたるんでいる場合、中性脂肪が多く蓄積されているということになります。

中性脂肪を全くのゼロにする必要はありませんが、多すぎる場合は減らしていかなければなりません。そうでないと、生活習慣病になるリスク等が大きくなります。

 

中性脂肪を減らす方法とは?

増えすぎた中性脂肪を減らしていくことは、病気のリスクを小さくすることにもつながります。そのため、贅肉が多いと感じているのであれば、まずは中性脂肪を減らすことを考えましょう。では、その方法としてどんなことが考えられるのでしょうか。

有酸素運動をすべし!

有酸素運動で期待できる最大の効果は、「脂肪燃焼」です。そのため、余分な脂肪を減らしたいと考える人にとっては、ベストな方法の一つではないでしょうか。

また、どの運動が有酸素運動に当てはまるのかという点についてですが、色々あります。ランニングも有酸素運動ですし、サイクリングや縄跳びについても、有酸素運動に当てはまるのです。そのため、継続してやりやすいと感じた運動を選び、積極的にやってみることをおすすめします。

もちろん、運動に慣れていない方が、いきなり長時間の有酸素運動を行うのは無理があります。とは言え、週に1日しか行わないというのでは、効果を実感できないでしょう。そのため、無理のない範囲で、積極的にやることをおすすめします。

食生活を見直すべし!

中性脂肪が多くついてしまう原因というのは、食生活にあると考えていいでしょう。カロリー過多な日々が続くと、どうしても中性脂肪がついてきてしまいます。

そこで、是非この機会に食生活を見直してみましょう。メニューを改め、なるべくカロリーの低いものを食べるようにすることが大切です。

ここで注意しなければならないことは、栄養バランスについてです。いくらカロリー摂取を抑えることができても、栄養不足になるようではマズいです。そのため、必要な栄養素についてはしっかりと摂取しましょう。健康的に中性脂肪を減らすという考え方を前提にすべきですね。

アルコールを控えるべし!

お酒というのは20歳から飲むことができるため、多くの方が日常生活の中でアルコールを摂取しています。例えお酒に対してそこまでの関心がなくとも、同僚との付き合いなどで渋々飲むというケースもあるでしょう。

しかし、アルコールを多量に摂取することは、中性脂肪の増加につながってしまいます。また、他の健康面での問題も心配されます。そのため、お酒を飲みすぎていると感じている場合は、改める必要があるでしょう。

大切なことは、アルコールを少量に抑えるということです。少ない量の摂取ならば、むしろ健康効果が期待できます。

また、これまでお酒を飲むことが好きだった人が、急に断酒をするというのは無理がありますね。したがって、まずは摂取量を減らせるように努力しましょう。

 

コレステロールとは?

中性脂肪と同様、コレステロールについてもよく聞かれますよね。コレステロールとは、脂質に分類されるものであり、細胞膜を作るという点で重要な役割を担っています。そのため、「コレステロール=問題ある物質」という見立ては誤りです。

また、このコレステロールについては、悪玉と善玉に分けられます。そこで、それぞれについて見ていきましょう。

悪玉コレステロールについて

悪玉コレステロールについては、健康を維持する上で重要なものです。しかし、悪玉コレステロールの数値が高くなってくると、動脈硬化などのリスクが大きくなってしまいます。そのため、数値が明らかに高い場合は、下げる努力をする必要があります。

例えば、中性脂肪の増加が原因となって悪玉コレステロールの値が高くなっている場合、中性脂肪を減らす努力をすることが数値の低下につながりますね。

善玉コレステロールについて

次に、善玉コレステロールについてです。この物質には、細胞にある余分なコレステロールを回収する役割を担っています。したがって、善玉コレステロールの値を高めることが、動脈硬化の予防につながるのです。

善玉コレステロールの値を高める方法としては、有酸素運動が挙げられます。しかし、「もっと手軽な方法ないの?」という声もあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、サプリを活用するということです。EPAやDHAが多く含まれるサプリメントを飲むことで、善玉コレステロールの値が高くなることにつながります。

 

中性脂肪が低いのにコレステロール値が高いのはなぜ?

実は、中性脂肪があまりないのにもかかわらず、コレステロール値が高いというケースがあります。

この場合、食生活に問題がある可能性が高いです。仮に、普段の摂取カロリーが低くとも、肉やタマゴばかり口にしていると、悪玉コレステロール値が高くなってしまいます。ここで押さえておきたいのは、コレステロール値を高める原因となる食材は、多く存在するということです。

再三にわたる努力の末に中性脂肪を減らしたのに、結果的にコレステロール値が高くなってしまったということでは困りますね。そのため、食事をするにあたって栄養バランスを疎かにしてはいけません。肉類だけでなく、魚介類や野菜などもしっかりと食べることにより、食生活の質をより良いものにしていきましょう。ただし、肉や野菜が入っているからと言って、コンビニ弁当ばかりに頼るというのはおすすめできません。なぜなら、コンビニ弁当等には少なからず食品添加物が含まれているからです。そのため、なるべく自炊できるように心がけてみてはいかがでしょうか。

また、基本的に中性脂肪が低いのは良いことです。そのため、コレステロール値を気にしすぎるがあまり、カロリー過多になってしまうということは防ぎましょう。

 

まとめ

今回は、中性脂肪の意味や、減らす方法、コレステロールとの関係などについて説明してきました。中性脂肪が多すぎる状態が続くというのは、健康上よくありません。肥満は健康に悪いとよく言われますよね。そのため、手遅れの状態になる前に、中性脂肪を減らせるよう努力していきましょう。基本的に、摂取カロリーを抑えることと、有酸素運動をすることをセットで行うことができれば、早いペースで中性脂肪は減っていくでしょう。

ただし、中性脂肪を減らすことで、必ずしもコレステロール値が下がっていくとは限りません。食生活の内容によっては、コレステロール値が高くなる可能性もあるのです。

そのため、豊富な栄養素をいかにバランスよく摂取できるかが、大切なポイントになるでしょう。

Sponsored Link

-健康
-, , ,

執筆者:

関連記事

免疫力を高める方法【飲み物編】

若いころは多少無理をしても何ともなかったのに年齢を重ねると突然体調を崩したり風邪が治りにくかったりして困りませんか?!それって免疫力が低下しているせいかもしれません。今回のテーマは免疫力です。情報番組 …

プチ断食と宿便との関係について

プチ断食をすると、多くのメリットを得ることができます。しかし、実際にプチ断食をする場合には、ある程度のリスクも承知しておかなければなりません。実際に、プチ断食に失敗したケースについては多々あります。そ …

女性の美容に欠かせない女性ホルモン!増やせる飲み物はある?

女性ホルモンは女性の美しさを保持するのに欠かせないホルモンです。髪や肌のを美しく保ったり、新陳代謝を高めたりする作用があります。そんな女性ホルモンを増やせるような飲み物はあるのでしょうか。また効果的な …

【5分で眠れる!】眠れないときに試して!眠れない時の対処法4つ

  仕事や学校、家事のストレスからブルーライト…。さまざまな要因で眠れなくて困っている人も多いかと思いますが、眠れない時はこの記事で紹介する4つの対処法を試すことで、少しは眠りやすくなるかも …

なぜ腹筋が割れない?皮下脂肪との関係とは!

割れた腹筋というのは、男の憧れですよね。多くの人々が割れた腹筋をつくるためにトレーニングをしていますが、思うように結果が出せない人もいます。その理由の一つとして、皮下脂肪の存在が考えられるのです。そこ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です