Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

【危険】中性脂肪1000mg/dl超えの恐怖

投稿日:2017年7月4日 更新日: 104 views

毎年健康診断を受けるのにその結果をさほど気にされない方が多いです。「ガンじゃなかった」とひと安心するのはいいけれど、他に指摘されていることを放置しては近い将来当たり前の生活すらできなくなる可能性があります。今回のテーマは「中性脂肪」健康診断の結果を手元に置いて記事を読んでください。特に1000mg/dl近辺の数値を指摘されている方は必見です。

中性脂肪って?

中性脂肪とは私たちが活動するエネルギー源です。肝臓で合成され血液を通って生きるためのさまざまな活動に使用するのですが、使用されず残ったものは腹壁や皮下や内臓に蓄えられます。なるほど、多くの方が気にするぜい肉になってしまうのですね。ただ、肥満だけでなく注目すべきは脂肪の多い血液が血管を通っているという点、検査結果の用紙に「GT」と記載されている部分で、健康診断で多くの方が医師に指摘を受ける項目では血液中の脂肪に着目しなくてはなりません。

中性脂肪が増える原因

中性脂肪の正常値は30~149㎎/dl、その範囲以外は異常ということになりますが、あなたの数値はどれくらいですか?!もしかして1000mg/dl近辺にいるのではないですか?!正常値と比べて1000という数字が異常であることは明白です。

中性脂肪が高い理由と生活習慣は深い関わりを持っています。例えば夕食を摂る時間が遅かったり(不規則)外食が多かったり脂っこいものが好きだったり(偏食)する場合、さらには運動不足のうえ喫煙している場合、1000mg/dl超えをしている方はざらにいます。なんだ、みんな同じなんだと安心するのではなく近い将来自分に起こるかもしれない病気を知り今から対策を講じなくてはなりません。

中性脂肪1000mg/dl超えの身体で起こっていること

血中の脂肪が多いので血液がドロドロ、中性脂肪は数値が高いと合成される肝臓に蓄積され脂肪肝になります。もちろん見た目肥満気味の方が多いですが隠れ肥満もたくさんいます。肩凝りや倦怠感などといった自覚症状はありませんか?これは血液がドロドロなため、酸素と栄養が体内にきちんと行きわたっていないからです。こういった症状をただの疲れと放置していると多くの制限と通院で家族も巻き込んで長い人生を無駄にする危険があります。

放置したらこうなる

まだ他人事な方のために1000mg/dlを超えていたらいつ下記のようになってもおかしくない事態をいくつか具体的にご説明します。

■痛風

ある日突然足先に激痛が走ります。しばらく我慢しているとおさまりますが再発しその痛みは足先以外にも広がっていきます。関節が腫れたり発熱したりする場合もありたいへん辛いです。ここで風邪だと勘違いをしてさらに放置すると患部が変形を起こし歩くのもままならない状態になってしまいます。さらに進行すると臓器に障害を起こします。

■心筋梗塞

血管内に脂肪が溜まって血管が狭くなったり硬くなったりすることで詰まり心筋梗塞を起こします。この状態を放置したら死に至るし、たとえ助かっても一生不整脈とつきあい心臓が止まらないかとビクビクしながら生活を送ることになります。突然死を防ぐために器械を埋め込む手術も可能ですが心筋梗塞にならないよう予防することが先決です。

■脳梗塞

心筋梗塞と似ていますが、こちらは血管が破裂することで起こります。発見が遅れると死に至ることはもちろん、命が助かっても半身不随や言語障害等と長くつきあっていかなくてはなりません。

中性脂肪を正常値に戻す方法

若くして家族に迷惑をかけたくないですよね。中性脂肪を正常値に戻すために生活習慣を改めましょう。

①食習慣を改める

脂質はもちろん、糖質や炭水化物(スイーツ・果物・パン・麺類等)をひかえます。これまで好きなだけ食べてきた生活を一変させるのは辛いですが前述したような生活習慣病になってしまってはおいしいものも口にできなくなります。基本は和食で野菜と魚を中心とした食事を目指しましょう。

②程よく運動をする

ジムに通ったりする必要はありません。何よりも大事なのは「継続」なので自分が続けられることを無理なくするのがいちばんです。いつも乗り物を使って向かっているところの1駅前で下車し目的地まで歩く、例えば友だちを誘って街歩きをするのがおすすめです。家では用事をまとめて済ませるのではなく1つ1つの用事ごとに身体を動かす(ゴミ出しとペットの散歩を別にする等)、仕事ではタクシーを使わない、自分で動いて資料を集めたりすると自然と運動量が増え筋肉も増えて不要な脂肪は減ります。スマートフォンに搭載されている万歩計を活用し8000~10000歩を目指しましょう。

③早く寝る

遅くまで起きているから何かを口にしたくなるのです。食後3時間を超えたら潔く寝ましょう。ちなみに睡眠は交感神経と副交感神経のバランスを保つのでストレスが溜まりにくいので一石二鳥ですよ。

継続が大事

食べるものに気を使ったり積極的に運動をしたりすると自然に身体はスリムになっていきます。それに比例して中性脂肪も正常になります。次の健康診断が楽しみになりますよ♪

 

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

冬は痩せにくい理由って?冬のダイエットを成功させるための食事や運動方法とは!

痩せにくいと言われることが多い冬のダイエット。確かに夏に比べると「新年会や忘年会がある」「体型管理の意識が低い」など痩せにくいポイントはありますが、冬ならではの周りの環境の特徴を逆手に取れば、簡単に痩 …

【短期間】即効で違いがわかる!簡単にお尻が痩せる!すぐ出来て効果がある運動・エクササイズ6選

女性の憧れである痩せてキュッと引き締まったお尻。そのようなお尻がある人は、後ろからの姿が大変魅力的で、「こうなりたい!」と思うのではないでしょうか。でも食事制限をするのも痩せるために運動するのも大変。 …

若年層で寝たきり?!ロコモの予防について

時々「ロコモ」という言葉を耳にしますが身内にいない限り特別気にしないと思います。それは自分にとって先のことだと思っているからです。しかし自分に関係がないと判断することこそ落とし穴、もしかすると関係する …

脂性肌と乾燥肌は正反対ではない!皮脂と水分のバランスを整える化粧水がカギ

脂性肌(オイリー肌)は、とにかくベタベタする使用感の化粧品を避けたくなります。 スキンケアの基本となる化粧水ですら、とにかくさっぱりした使用感のものばかりを好む傾向があります。 脂性肌は乾燥肌のような …

旅行で肌荒れ!せっかくの写真も台無し!セルフケアってある?!

旅行は楽しいけれど中盤から肌荒れに悩むことってありませんか?肌が荒れるとせっかくの観光やお買い物の楽しみが半減するし旅行後に長引くのも嫌ですね。今回は旅行中に肌荒れを起こさないためのセルフケアをご紹介 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です