プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

タバコを吸うと歯茎が黒ずむ!?どうすれば対処できるの?

更新日:

タバコを吸うと歯茎が汚くなりますが、どうして歯茎は汚くなるのでしょうか。今回はタバコで歯茎が汚くなる原因や、禁煙から歯磨き粉を変えるまでさまざまな対処法を解説。タバコが原因で歯茎が汚くなってしまったあなたも、これを読めば解決!

タバコを吸うと歯茎は汚くなる!

ついついクセになってしまうタバコですが、タバコを吸うと歯茎は汚くなります。もともと歯茎はピンク色のものですが、黒ずんだり、くすんだり、紫色になったり、腫れて赤色になったりします。

人によっては歯茎がボロボロになって歯もボロボロになってしまうので、ヘビースモーカーほど口のケアをしておきたいものです。

どうしてタバコを吸うと歯茎が汚くなるの?

そもそもですが、タバコは口の中にニコチンやタール、一酸化炭素などを含ませているようなものです。ニコチンには毛細血管を縮まらせる作用があり、血が流れている歯茎の部分はその影響で暗い紫色になります。

またタールやメラニン色素が増えることにより、歯茎が黒くなることも。単純にニコチンやタールの影響で色素沈着するだけではなく、歯周病でも歯茎は汚くなります。

タバコを吸ったからといって歯周病になるわけではありませんが、タバコを吸うと毛細血管が縮まるので、歯茎が硬くなります。歯周病は歯茎が柔らかくなる病気ですが、それを表面上だけ取り繕ってしまうので、気づきにくくします。

歯周病は基本的に早く気づいた方が治療しやすい病気なので、喫煙者が歯周病に気づいた段階ではすでに重症化しており、歯茎の腫れもひどくなっています。

一番の対処法は禁煙

喫煙者にとってはもっとも難しい課題ともいえますが、これがもっとも効果的です。これ以外にもさまざまな対処法を伝えますが、それらは対症療法でしかないのに対し、禁煙は問題の根本から解決するので、最も高い効果が期待できます。

喫煙者はタバコに依存しているといっても過言ではありませんが、依存タイプは2つに分けられます。

心で依存している「心理的依存」のタイプはタバコを吸うことが習慣になっており、体で依存している「身体的依存」の人はニコチンが持つ作用に依存しています。

心理的依存タイプはこんな人!

心理的依存のタイプの人は、

  • 喫煙場所に行くとタバコを欲しがる
  • 食前や食後など生活の節目でタバコを欲しがる
  • イライラしたら、落ち込んだら吸っている

などといった特徴があり、無意識のうちにタバコを吸うことがくせになっています。

なのでタバコを吸いたくなったら飴やガムなどの何かを口に入れたり、歯磨きやマウスウオッシュをしたり、全席喫煙のお店を利用したり、喫煙者に近寄らないなど意識的にタバコから遠ざければ、禁煙も難しくないでしょう。

身体的依存タイプの人はこんな人!

身体的依存の人には、

  • タバコが切れるとイライラしたり、集中しづらくなったり、何かしらの異変が生じる
  • タバコが切れるとやたらと欲しくなる
  • 重い病気があってもタバコを吸う

などといった特徴があり、体がニコチンに依存しています。

心理的依存はまだしも、体が物質に依存している状態なので、禁煙外来など専門のところに行かなければ治らないでしょう。

禁煙するメリットとは?

禁煙をすると、目覚めがよくなったり、肌の調子がよくなったり、洋服や部屋がたばこ臭くなくなったり、さまざまないいことが起きます。

またタバコは家計への負担も大きく、一箱410円とした場合、一日に一箱吸うと毎月12,300円がかかり、それだけのお金を無駄にしていることになります。

これを年間にすると147,600円にもなり、これだけのお金があればもっとたくさんのことができるでしょう。

世界はどんどん禁煙志向へ

今世界ではグローバル化が進んでいますが、日本では世界と比べて禁煙対策がなされていません。が、これからどんどん禁煙対策がされる流れになっていくので、どんどん喫煙がポピュラーではなくなります。時代の流れを考えても、自分の体を考えても、禁煙した方がいいでしょう。

Sponsored Link

禁煙以外で歯茎をピンク色にするにはどうすればいいの?

歯周病対策用の歯磨き粉を使う

タバコを吸うと歯周病になりやすくなります。タバコを吸うとニコチンの血管収縮作用によって、口の中の血流量が減り、ヘモグロビン量や酸素飽和度が低くなり、その状態が長時間続くと、炎症により歯周病になります。

たばこを吸って歯周病になり、それが原因で口の中が汚くなった…とは断言できませんが、赤く腫れているところがあったり、歯茎がかゆい・痛い場合は十分効果的です。

歯周病対策用の歯磨き粉があるので、それを使って歯磨きすることで、歯茎が締められある程度は解消されるでしょう。

歯茎のマッサージをする

歯茎のマッサージだけでは歯茎の黒ずみは取れませんが、歯茎マッサージで毛細血管が収縮するので、歯周病を防ぐことができ、腫れを防げます。また口臭が気になる人や、口の中に違和感を覚える人は、ぜひともやってみましょう。

歯ブラシでマッサージする場合、歯を磨いて歯と歯のすきまに歯ブラシの毛先を当て、小刻みに揺らしましょう。指でマッサージする場合も、まず歯を磨いて手を洗い、歯茎全体をマッサージしてから、人差し指のおなかを使って円を描くように手前から奥にゆっくりと圧をかけていきましょう。

それが終わったら、歯茎を人差し指と親指でつまんで、もみほぐしましょう。

生活習慣を改善する

生活習慣を変えることで、口の中の血行が正常になるほか、ビタミンCの摂取量が増えればメラニン色素が減り、歯茎の色をピンク色に戻すことができます。

生活習慣を改善するというとあいまいですが、生活習慣が乱れている場合、だいたい

  • 塩分の取り過ぎ
  • 糖分の取り過ぎ
  • 早寝早起きができていない、睡眠時間が足りない
  • 早食いをしている
  • 朝食を食べていない、三食食べていない
  • ファストフードやコンビニ弁当をよく食べる(塩分や糖分だけではなく添加物も気になるところ)
  • 運動していない、運動量が足りない

などといった傾向が見られます。

これらを改善すれば、ほとんどの場合は生活習慣がよくなるでしょう。どこを改善すればいいかわからないという人は、生活習慣病クリニックなどに行って、医者から直接指導を受けるのもいいでしょう。

ガムピーリング

歯を白くする治療のことを「ホワイトニング」といいますが、歯茎をピンク色にする治療のことは「ガムピーリング」と呼ばれます。

歯茎についてしまった色素を薬やレーザーなどで取り除くことで、色素が沈着した薄皮を剥がし、回数を重ねるごとに新しい歯肉ができるので、キレイなピンク色になっていきます。約2週間程度で歯茎の色はキレイになり、歯も白く見えるようになります。

治療直後はタバコや刺激が強い食べ物や着色が強い食べ物は控えなければなりませんが、自分ではなかなかキレイにならない歯茎の色がよくなるなら、受けてみるのもいいでしょう。

保険適用外の自費治療なので、クリニックによってかかる値段に差があります。両顎で5,000円~10,000円ほどですが、片顎だけというのもできるので、事前に確認しておきましょう。

タバコで汚くなった歯茎はすぐに改善しよう!

タバコを吸うと、色素沈着や歯周病によって歯茎が黒や紫、赤色になります。放置すると歯もボロボロになり、治りづらくなってしまうので、早めに改善しましょう。歯茎をキレイにする方法はたくさんあるので、原因などに沿って選んでくださいね。

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.