プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

コラーゲンサプリの効能とは?副作用の心配はある?

投稿日:

コラーゲンは近年の研究で外傷や関節炎などに効果が期待できるとされています。コラーゲンを効率的に摂取できるサプリも多く販売され、価格もお手ごろなことから人気のあるサプリのひとつです。今回はコラーゲンの効果や効能、また副作用についての情報をお伝えしていきたいと思います。

コラーゲンとは?

コラーゲンとは体内にあるタンパク質の一種で、タンパク質の中でも多くの割合を占めている成分です。体内で合成されるので、経口摂取したコラーゲンが直接体内で働くことはありません。骨や皮膚、関節などに多く存在し、主に緩衝作用、皮膚の弾力を作ったり、毛髪を太くしたりといった効果が期待されています。
経口摂取した場合はコラーゲンをさらに細かく分解したものが腸内で吸収され、タンパク質の再合成に使用されると考えられています。タンパク質を合成するための仕組みのほか、細かく分解しきれなかった成分が骨や皮膚を作る細胞に作用して、傷の治りを早くしたり関節炎を緩和したりする効果を発揮するのではないかと推測もされている研究もあります。

コラーゲンが多く含まれる食材

コラーゲンが多く含まれるのは、動物の骨や皮膚などです。体中まんべんなくコラーゲンが多く含まれているのは鶏肉で、どの部位を食べてもコラーゲンを効率的に摂取できるとされています。
そのほかゼラチンはコラーゲンが最も多く含まれている食材のひとつです。ゼラチンは最初からコラーゲンが分解されている状態なので、腸内で吸収されやすく調理もしやすい食材なので、コラーゲンを食事で摂取する際には、使いやすい食材です。
そのほかウナギやとんこつスープ、豚肉などにも多く含まれており、概ねプルプルとして動物性の食材には多く含まれている傾向があります。

効果的に摂取するためには他の成分も

コラーゲンの効果を上げるためには、他の成分や栄養素も同時に摂取することが大切です。コラーゲン単体ではタンパク質を合成できないため、ビタミンやその他の栄養素も同時に摂取する必要があります。
特にビタミンCの摂取は大切で、コラーゲンを安定させるためにも必要とされています。またトリプトファンは必須アミノ酸のひとつですが、コラーゲンには含まれていないため、タンパク質合成を促すためには同時に摂取することが望ましいです。
トリプトファンは動物性のタンパク質に多く含まれ、特に牛乳や卵などに多く含まれている成分です。
高脂肪の食事などを摂取すると、逆にコラーゲンの効果を減少させることになるので注意しましょう。

Sponsored Link

効果的に摂取できるコラーゲンサプリ

コラーゲンを食事から摂取するのが難しい場合は、サプリから摂取しても効果的です。コラーゲンの吸収をあげるためにコラーゲンを分解した状態でサプリに含有されているなど、より効果的に吸収できる工夫がなされています。
サプリの形態は錠剤、顆粒、液状のものがあり、それぞれ摂取の仕方や効果、値段などが異なります。目的ごとに使い分けるといいでしょう。特に美肌に効果を絞っているサプリの場合、他の美容成分も配合しているので高額になりがちです。
なおサプリからコラーゲンを摂取する場合は用法容量を守って、病院にかかっている方や継続的に薬を摂取している方の場合は、医師や医療機関に確認を取ってから摂取するようにしましょう。

お手ごろ価格の錠剤サプリ

錠剤のサプリは比較的お手ごろのものが主流です。コラーゲンを低分子の状態にして含有しているので腸で効果的に吸収できるようにできています。1~2ヶ月ぶんで約1000円前後なので、錠剤の摂取に抵抗がない、余計な美容成分はいらないという方は錠剤サプリを選ぶといいと思います。

やや高めの顆粒サプリ

顆粒の状態で販売されているものもあります。肌の美容効果を狙っているものなので、コラーゲンのほかビタミンなどの美容効果が高い成分が一緒に配合されているようです。1ヶ月2000円前後とやや単価が上がりますが、スープやドリンクに混ぜても無味なので飲みやすく、錠剤が苦手な方にもおすすめできます。

一番高額、液状のサプリ

液状のサプリもあります。美容効果のある成分をバランスよく配合しており、価格は錠剤と顆粒よりも高めとなっています。毎日継続することで健康状態もよくする目的も達成できるので、高い効果を期待する方や顆粒や錠剤の摂取が苦手な方にはオススメ。

コラーゲンサプリの副作用は?

コラーゲンサプリの大きな副作用は大きいものではアレルギー、軽微なものでは下痢や肌荒れ、ニキビなどが報告されています。以下に細かく説明していきます。

アレルギーが起こることも

コラーゲン自体にアレルギーが起こるというよりは、サプリに含有されているその他の成分に対してアレルギーが起こることが多いようです。特に魚由来のコラーゲンよりも牛や豚といった動物由来のコラーゲンの方がアレルギー症状が出ることが多いそうです。
サプリにはコラーゲン以外の成分も含まれていることがほとんどで、どの成分でアレルギーが起こるかは個人差もあるので特定することは難しいです。コラーゲンのサプリを摂取してかゆみなどのアレルギー症状が起こったら、摂取することをやめて医療機関に診察を受けに行くようにしましょう。

下痢が起こることもある

コラーゲンはタンパク質ですが、サプリの摂取で下痢を起こすこともあります。特に摂取した量が多い場合に起こることが多く、容量以上を摂取するとおなかの調子が悪くなることが多いようです。規定量でも下痢を起こす場合は、摂取量を調節して摂取を続けてみてください。
治らない場合は摂取をやめるか、サプリを別のものに変えるなどの対策を取るといいでしょう。体質に合っていない場合や、アレルギー反応の可能性もあるので、体調を見ながら中止や摂取量の制限などご自身で対策を取ってみてください。

肌荒れやニキビが出ることも

体質にもよりますが、コラーゲンを摂取することでオイリー肌になる場合もあります。特に10代や20代などの若い世代に多く、コラーゲンをサプリで摂取することで脂肌になり、かえってニキビや肌荒れが起こることも。
コラーゲンを摂取して脂性になってしまうような場合は摂取を控えるか、量を制限して摂取するようにするといいでしょう。

おすすめのサプリはこちら

DHC コラーゲン 60日分 360粒

DHCが販売しているコラーゲンです。身体に吸収されやすいとされる低分子のコラーゲンペプチドが配合されています。1日6粒を目安に摂取し、60日分の量が入っています。価格も1000円前後なのでお手ごろな商品です。

資生堂 ザコラーゲン ドリンク V 50mL×30本セット

資生堂の販売するコラーゲンサプリです。液状なので錠剤が苦手な方にもおすすめできます。美肌に効果があるとされている成分もブレンドされているので、美肌の効果をより実感したい方には向いています。価格は30本で5000円程度と、やや高額です。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか?コラーゲンの効能やサプリの副作用についてご理解いただけましたか?
コラーゲンを直接摂取することで外傷や関節炎などの治りを早くする効果が期待されているなど、近年コラーゲンを直接摂取することに対する効果が研究され始めています。

一方サプリを過剰に摂取したりアレルギーを起こしたりといったこともあるようなので、サプリを摂取する際には注意が必要です。
コラーゲンを摂取する際は効能や効果的な摂取方法を知って、よりコラーゲンの健康効果を高めていきましょう。

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.