Puuri

プーリ【美容・恋愛・結婚・メンタル】日々を楽しく美しく生きたい!

美容

頭皮に良い市販シャンプーをご紹介します!

投稿日:2017年10月25日 更新日: 381 views

シャンプーについては、タイプがいろいろあります。そのため、自分に適したシャンプーは何かという点を知る必要があります。また、頭皮に良いシャンプーとは、具体的にどういったシャンプーを意味するのでしょうか。今回は、オススメの市販シャンプーをご紹介しますので、ぜひ最後まで見ていただきたいです!

頭皮に良いシャンプーってどんなシャンプー?

人によっては、何も気にせずにシャンプーを購入しています。しかし、シャンプーによって、含まれる成分などにも違いがあることから、「何も考えずに買う」というのはやめた方がいいでしょう。仮に、自分に全く合わないシャンプーを選んでしまうと、頭皮に異変が生じる可能性もあります。そのため、「頭皮に良いシャンプー」という点を基準にして商品を選ぶのもアリですね。しかし、「頭皮に良いシャンプー」と言っても、何か漠然としています。そこで、具体的に見ていきましょう。

人によって「適したシャンプー」は違う?

シャンプーのタイプについては、いくつかあります。例えば、洗浄力の強さがウリのシャンプーというのは魅力的ですが、そのようなシャンプーは刺激が強い傾向にあります。もちろん、刺激が多少強くとも、頭皮に問題が起きない人もいます。その反面、頭皮に何らかの問題が起きてしまう人もいるのです。そのため、どれが自分に適したシャンプーかについては、人それぞれということになりますね。

低刺激のシャンプーが頭皮に良い?

ある程度刺激の強いシャンプーの使用によって頭皮に異変が起きるのなら、低刺激のシャンプーを選べばいいということになります。基本的に、刺激の弱いシャンプーであれば、敏感肌な人でも使用できます。(アレルギー体質の人を除く)

そうなると、「低刺激のシャンプー」=「頭皮に良い」という見方もできますよね!

低刺激の市販シャンプーをご紹介します!

低刺激のシャンプーについては数多く販売されていますので、オススメをご紹介しましょう!

①薬用スキンケアシャンプー

オススメ①は、オクトセラピエの「薬用スキンケアシャンプー」です。このシャンプーは、乾燥肌の人でも使用できるタイプのものであり、低刺激です。特徴として言えるのは、うるおい成分に加えて、オクトピロックスが含まれていることです。オクトピロックスについては、頭皮のかゆみを防ぐ点で効果が期待される成分です。したがって、スキンケアシャンプーとしてもオススメできます。

また、この商品の詳しい点については、下記リンクからご参照ください。

〔Amazon URL〕

オクトセラピエ(serapie)薬用スキンケアシャンプー

②ミノン

オススメ②は、第一三共ヘルスケアの「ミノン」です。このシャンプーは、低刺激かつ保湿効果のあるものです。

基本的に、シャンプーの使用によって、頭皮が持つバリア機能を破壊するようなことがあってはなりません。ところが、あまりに強い洗浄力は、バリア機能の破壊につながってしまいます。

「ミノン」に関しては、アミノ酸系洗浄成分が含まれていることが特徴であり、バリア機能をガードしつつ強い洗浄力を発揮します。そのため、非常に優れたシャンプーと言えるでしょう。

また、この商品の詳しい点については、下記リンクからご参照ください。

〔Amazon URL〕

第一三共ヘルスケア ミノン 薬用ヘアシャンプー 450mL

③無添加シャンプーさらさら

オススメ③は、カウブランドの「無添加シャンプーさらさら」です。このシャンプーは、無添加であることと、低刺激であることが特徴です。含まれる成分として代表的なものは、アミノ酸系の洗浄成分(天然由来)です。これは、肌に強い刺激を与えるものではありません。

そのため、刺激に敏感な肌の人であっても、安心して使用できるシャンプーと言えるでしょう。

この商品の詳しい点については、下記リンクからご参照ください。

〔Amazonリンク〕

カウブランド 無添加シャンプー さらさら ポンプ付 500ml

④デリケート肌用シャンプー

オススメ④は、dプログラムの「デリケート肌用シャンプー」です。このシャンプーは、デリケートな肌に配慮したものとなっていて、低刺激です。さらに、洗浄力もありますのでオススメです!

この商品の詳しい点については、下記リンクからご参照ください。

d プログラム ヘア&スカルプ シャンプー AD (低刺激シャンプー) 200mL

自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切!

今回は、低刺激のシャンプーをご紹介しました。低刺激ということのメリットは大きいですが、すべての人が低刺激のシャンプーを使うべきかというと、そうではありません。もう一つ見なければならないポイントは、洗浄力です。例えば、皮脂の分泌量がとても多い人については、それなりに洗浄力の強いシャンプーを使用する必要があります。そうでないと、皮脂を落としきれない可能性があるのです。

しかしながら、刺激の弱いシャンプーというのは、洗浄力も弱い傾向にあります。したがって、あくまでも自分の肌質を踏まえた上で、適したシャンプーを選ぶことが大切です。

Sponsored Link

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

【皮下脂肪】落とす魔法のような薬はあるか?

学生の頃は気にせず食べていたけれど、ある年齢を境にお腹周りや太もも周りの脂肪が気になり好きな物を食べるときにカロリーを気にしたり躊躇したりするようになりましたね。この脂肪さえなければいいのに、できれば …

老廃物を排出したければ運動するな!

「老廃物を排出したければ運動するな!」 こう言われても皆さん信じられないと思うでしょう。 恐らく皆さんは「運動をすれば痩せられる」「健康を保つには運動をしなければならない」と思って、ランニングや筋トレ …

マツエクにビューラーをしたいけど、それはNG?ホットビューラーなら大丈夫

ビューラーやつけまつげが不要になるマツエク。でも時間がたつと下向きになってしまったり、いろいろな方向を向いてしまうことも。 こんなときにはビューラーを使いたくなりますが、マツエクにビューラーは使えませ …

納豆菌と乳酸菌の違いってなに?3つの効果で健康体質に!

納豆菌と乳酸菌でお腹をスッキリさせましょう。二つのパワーが働くことで、カラダに3つの効果が期待されます。今回は納豆菌と乳酸菌の違いや、効果、摂取方法を詳しくご紹介いたします。今日から体内デトックスして …

【糖質制限】の効果っていつから出るの?仕組み、OK/NG食材を大公開!

今回の記事では、糖質制限の仕組みや、食べてよいもの・いけないものを、詳しく伝えていきます。 これから糖質制限をする人や、今糖質制限をしていて結果が出ないと悩んでいる人など、糖質制限で痩せたい人必見です …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です