Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

デトックス効果抜群!飲んだ瞬間から実感できる「ハーブティー」の実力!

投稿日: 131 views

冷え、胃腸の不調、月経中の腹痛、イライラ、不眠・・・。こんな、病院にいくほどではないがつらい、と言う症状があるときには、ハーブティーがおすすめです。

漢方の生薬と同様、薬効のある成分が含まれています。ハーブティーをゆっくりと楽しむ時間を持つと言うライフスタイルそのものも不調を遠ざけるのに役立ちます。

たくさんの種類のハーブをそろえる必要は無く、リンデンかカモミールをベースに。温め効果が高く、どんなハーブとブレンドしても相性がいいと言われています。まずはどちらか、好みのものを選んでみてください。

後は次に紹介する不調別おすすめハーブをブレンドしてみましょう。単独では苦みや渋みが強く感じられるものもブレンドすることで、味も香りもまろやかになり、ぐんと飲みやすくなります。ベースと不調別の2種類のハーブを1対1の割合でブレンドするのを基本に。後は好みで加減していきましょう。

食後に1杯、寝る前に1杯・・・。1日3杯を目安に楽しみましょう!

どちらかベースのハーブを1つチョイス!

まずは、「リンデン」か「カモミール」かどちらか香りと味の好みが合うハーブを一つ選びましょう。

■どんなハーブとも好相性「リンデン」

シナノキ科の高木で、別名はライムフラワー。花と葉には、芳香成分やフラボノイド、サポニンなどの高酸化か成分が含まれています。発汗などのデトックス効果の促進や緊張の緩和にも役立つ「冷え取りハーブ」でもあります。「嫌い」と言う人が少なく、他のハーブとの相性もいいです。カモミールが苦手な人におすすめです。

■万能のハーブ「カモミール」

デイジーに似た花で、りんごのようなフルーティーな香りが特徴です。花が咲ききる前に積んだもので、消炎・沈静、消化促進などの作用があり、リラックスやデトックス効果が高く「万能のハーブ」と呼ばれています。古くから世界中で愛用される定番のハーブですが、好き嫌いが分かれるのも特徴です。

手軽にティーバッグならコレ!

「ロンドンフルーツ&ハーブスイートカモミール」

蜂蜜入りでカモミールの香りが気になる人にも飲みやすいです。

 

知っておきたい!商品選びのコツ!

ハーブティー用の乾燥ハーブを選ぶときは、色、香り、大きさの3点をチェックしましょう。新鮮なものを入手するには回転のよさそうなお店を選んで下さい。また、極端に値段が安いものは避けたほうがいいでしょう。ティーバッグは、茶葉が細かいために、成分が飛んで香りが出にくいと言う面もありますが、手軽だから利用しやすいと思います。

おいしいハーブティーの入れ方

親指、人差し指、中指の3本の指でハーブをつまんだ分(3~5g程度)が一人分です。人数分をポットに入れたら熱湯を注ぎ、すぐにふたをして蒸らすのがポイントです。これで色と香りのよさに群と差がつきます。蒸らす時間は、花や葉、根は3分、実や種は5分を目安にしましょう。時間を置き過ぎないように注意が必要です。渋みが出てしまいますし、有効成分が変化する可能性もあります。

7つの不調に効くベストハーブはこれ!

不調1:冷えには「エルダーフラワー」

 

冷え対策の心強い見方がフラボノイドを豊富に含み血液を上げる効果がある「エルダーフラワー」です。血行を促し、発汗を活発にさせるデトックス作用があります。慢性的な手足の冷えが気になる人におすすめです。風邪の引きはじめで悪寒(おかん)がするときなどにもいいでしょう。

フラワー系特有の、やや癖のある香りが気になるという人は、香りを抑えてくれるリンデンとブレンドしましょう。フラワー系が好きなら、カモミールと組み合わせてみてください。

■エルダーフラワーの特徴

和名は西洋ニワトコ。ヨーロッパ原産で、クリーム色の花を咲かせます。ハーブティーに用いるのは花の部分。炎症を軽減する作用も持ち、アレルギー症状を緩和します。

不調2:便秘には「ダンデライオン」

運動不足になりがちな冬場は、便秘になりやすいです。ダンデライオンは、消化器全般の機能を良くして体にたまった悪いものを出すデトックス効果が高い、解毒として使われるハーブです。コーヒーにも似た風味があります。便秘完全効果が認められており、即効性があるため、ドイツでは医師も処方しているハーブとしても知られています。

■ダンデライオンの特徴

和名は西洋タンポポ。葉はサラダやお茶に、根はコーヒーの代用品として利用されています。効く成分は苦味の元となるタラキサシン。利胆作用(胆汁の分泌を良くする)があります。

手軽にティーバッグならコレ

「ダンデリオンレスピ」

ダンデライオンの葉や根に、ローズヒップやハイビスカスなどフラワー系のハーブを配合、フルーティーで、優しい甘みがあります。

 

不調3:胃腸の疲れ・胃もたれには「ペパーミント」「ベルベーヌ」

不規則な食事習慣や暴飲暴食で荒れた胃には、とにかくすっきりさせる効果の高いハーブがおすすめです。ペパーミントなら、慣れ親しんだ味と香りで使いやすいです。ストレスからくる胃の不調にも効果的です。ペパーミントの刺激がきついと感じる人は、ベルベーヌを試してみましょう。胃に爽快感を与え、心身のリラックスにも役立ちます。ペパーミントとベルベーヌをブレンドしてもいいでしょう。清涼感がさらに高まります。

■ペパーミントの特徴

料理にも幅広く使われるハーブです。爽快な香味を持つメンソールのほか、フラボノイド類も含みます。食欲増進、胃の炎症の緩和、吐き気の解消など、胃のトラブル全般に効果的です。

手軽にティーバッグならコレ

「ポンプドールペパーミントリーフ」

ペパーミント100%。しっかりとしたミントの香りが広がります。

 

■ベルベーヌの特徴

レモンバーベナ、香水木(こうすいぼく)とも呼ばれ、葉からはレモンに似た強い香りがします。香りが長持ちする特性を生かし、ポプリや臭い袋などの芳香用具にも使われます。

手軽にティーバッグならコレ

「カチャマイ茶」

ミントやカモミールのほか、コリアンダーやフェンネルなど、6種類のハーブを配合するアルゼンチン発祥のお茶。ブーケガルニの代わりにも使えます。

 

不調4:月経中の下腹部痛には「ラズベリーリーフ」

PMS(月経前症候群)や月経痛など、女性特有の不調におすすめなのがラズベリーリーフです。ラズベリーリーフは、ほんのり甘い香りが特徴的で、母乳の栄養価を高めるとされ、授乳期の女性にも効果的です。月経痛の緩和には月経開始予定日の1週間前から飲み始めましょう。

■ラズベリーリーフの特徴

バラ科のラズベリー(ヨーロッパ木苺)の葉。昔から女性のためのハーブとして活用されてきました。子宮筋や骨盤の筋肉の働きを正常にします。

手軽にティーバッグならコレ

「トラディショナルメディシナルズ社 フィーメールトナー」

ラズベリーリーフのほか、カモミール、スペアミント、ローズヒップなどを配合。ラズベリーリーフのみを使った商品もあります。

不調5:ストレスには「オレンジフラワー」

ドイツでは昔から定番であり、伝統的なハーブティーの原料としてよく使用されてきました。甘くてフルーティーなオレンジの香りが特徴的です。花から抽出した精油は、香水やアロマセラピーにも用いられ、緊張した神経をリラックスさせる作用があります。心を落ち着けたいときに(出がしらを)お風呂に入れて香りを楽しんでもいいでしょう。

■オレンジフラワーの特徴

ミカン科。ハーブティーに用いる花には、優しく甘い香りの成分であるリナロールとリモネンを含んでいます。リラックス効果が高く、寝る前に飲むのもおすすめです。

手軽にティーバッグならコレ

「セレッシャルシーズニング スリーピータイム」

オレンジフラワーやカモミールなど9種類のハーブを配合。環境に配慮し、個別包装にはなっていません。

 

不調6:疲れには「シベリアニンジン」

滋養強壮、疲労回復、免疫力アップなどの作用があります。風邪を引きやすくなる冬の季節に、ぜひ取り入れたいです。古くから強壮剤として使用され、ストレスや疲れに続く意欲減退にも有効的です。味には甘みがありますが、生ごぼうのようなにおいがします。カモミールやリンデンを、多めにブレンドしましょう。

■シベリアニンジンの特徴

ウコギ科の落葉低木、エゾウコギの根。エレウテロシドと呼ぶ成分などの働きで、強壮、抗ストレス作用を持っています。シベリアに自生するものが最上質とされています。

不調7:不眠には「セントジョンズウォート」

ドイツでは医薬品として認められていて、うつ病の治療薬として利用されるほど、精神を安定させ気持ちを安らげてくれる効果があります。他のハーブティーより渋みが少々強いので、カモミールなどフラワー系のハーブとあわせるといいでしょう。「バレリアン」というハーブにも同様の効果があります。

■セントジョンズウォートの特徴

オトギリソウ科。黄色の花を咲かせる多年草。ヒペルフォリンという成分が、脳内伝達物質のセロトニン濃度を高め、落ち込んだ気分を改善するとされています。

手軽にティーバッグならコレ

「西洋ハーブティー 頭を休めるTea」

セントジョンズウォートとリンデンのほか、ローズマリーやレモングラス、スパイシーなクローブもプラス。

生のハーブが余ったら生ハーブティーを作ろう!

ローズマリーなど料理で残った生のハーブの使い道に困ったら、ハーブティーにしてみましょう。生レモングラスはドライよりも味、香りともに濃く、生ミントは意外にマイルドです。ただし、料理用ハーブが全て生ハーブティーに適しているとは限らないので注意が必要です。生ハーブを選ぶときは、色の濃いものを選んで数種類ブレンドしてもいいでしょう。

2~3センチに刻んだレモングラス、ミント、ローズマリーをポットにたっぷり入れて、3分間蒸らして飲みましょう!

不眠・冷え・便秘にハーブティーが効果的な研究結果も。

ハーブティーが不眠・冷え・便秘に効くことは、臨床試験でも明らかになっています。不眠を訴える成人女性14人に、バレリアンを含むハーブティーを夕方2回、1週間摂取してもらいました。すると、寝つきがよくなったり、途中で目が覚めにくくなったりなど、不眠の症状が改善しました。また、ダンデライオンやブレンドのデトックス効果で便通が改善したり、カモミール・ブレンドの冷え改善効果などを確認しました。今後は、肌荒れや肩こり、偏頭痛、月経痛などについても効果の検証が進められるそうです。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

乾燥肌だけじゃない!?オイリー肌にも効果的『オイル美容法』!

海外の人たちから『日本人の肌は美しい』と称賛されていますが、しかし多くの日本人がニキビや黒ずみ、乾燥やシミなどに日々悩まされています。 日本人の肌質は、非常にキメが細かく乾燥しやすい体質で、約70%以 …

旅行で肌荒れ!せっかくの写真も台無し!セルフケアってある?!

旅行は楽しいけれど中盤から肌荒れに悩むことってありませんか?肌が荒れるとせっかくの観光やお買い物の楽しみが半減するし旅行後に長引くのも嫌ですね。今回は旅行中に肌荒れを起こさないためのセルフケアをご紹介 …

【効果的に痩せる】トレッドミルの傾斜と速度

スポーツクラブにあるトレッドミル(ランニングマシーン)を使用したことはありますか?!このトレッドミル、好き嫌いは別として正しく使用すればダイエットに絶大な効果があります。今回はダイエットにおけるトレッ …

【苦労なし】お灸でダイエットができるって?!

昔からダイエットにお灸を活用している人がいるけれど、わざわざ鍼灸院へ通うのも面倒だしセルフでは火傷が心配だから手が出せないという方もおられるのではないでしょうか。昔から存在する方法ということは効果を得 …

【皮下脂肪】落とす魔法のような薬はあるか?

学生の頃は気にせず食べていたけれど、ある年齢を境にお腹周りや太もも周りの脂肪が気になり好きな物を食べるときにカロリーを気にしたり躊躇したりするようになりましたね。この脂肪さえなければいいのに、できれば …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です