プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

目の疲れをマッサージでとるにはどうすればいいの?

投稿日:

パソコンなどのデスクワーク作業や、スマホをいじったり、細かい作業をしているとすぐに疲れてしまう目。目が疲れると目がショボショボしたりして作業効率が落ちるので、どうにかしたいですよね。

今回はそんな疲れやすい目をマッサージでとる方法を紹介していきます。

Sponsored Link

どうして目の疲れって溜まるの?

目の疲れが溜まる原因はいくつかあります。

老化

老化とともに機能が衰えるのは頭や体だけではありません。目も衰えていきます。老化すると視力が悪くなるほか、近眼や遠視、乱視、老眼などが増えていき、場合によっては緑内障や白内障になることもあります。

40代以上の人は目の疲れを感じたら目のケアをしっかりするようにしましょう。一方でそれ以下の年代の人は、今のところ何もしなくても大丈夫ですが、

度数の合わないメガネやコンタクトレンズを使う

メガネやコンタクトレンズには「度数」がありますが、これが合わないものを使うと、いちいち目のピント機能を使わなければならないので、その分疲れが溜まります。

一度メガネやコンタクトを作っても、しばらく経つとちょうどいい度数は変わります。なので定期的に度数を合わせるようにし、ムダに目の機能を使わないようにしましょう。

目の使いすぎ

パソコンやスマホの使いすぎや、姿勢が悪い状態でスマホやパソコンを使いすきていたり、細かいものをみすぎていると、目の使いすぎで目が疲れます。とはいっても、仕事でスマホやパソコンを使っている場合や、細かい作業をしているという人も多いでしょう。

プライベートではなるべく目を使わないようにし、また目薬をさすなどして、使いすぎをケアしましょう。この場合、原因は対処できるといえば対処できますが、なかなかできないのが難しいところです。

ストレスのため過ぎ

意外かもしれませんが、ストレスの溜めすぎも目の疲れにつながります。ストレスが溜まると全身の筋肉が固まり、肩こりや頭痛などが起きますが、目の周辺の筋肉も同時に固まるため、筋肉が固まる→疲れやすく なります。

特に現代社会はストレス社会ともいわれているので、最近目の疲れ以外にもメンタル的なものの疲れが気になる場合は、しっかりストレス発散しましょう。

目の病気や目以外の病気

もっとも危険なパターンです。目の病気には、緑内障や白内障、網膜剥離などさまざまなものがありますが、最悪の場合失明に至るものも多く、この場合は一刻も早く治療しなければなりません。

また目以外の病気で目の疲れが生じることも多く、この場合も病院に行かなければなりません。気になる場合は眼科でしっかりした検査を受けてもらいましょう。目の疲れ以外にも目の症状が出た場合、これも眼科に行くべきです。

では、どんなマッサージが目の疲れに効くのでしょうか。

こめかみを押すマッサージ

こめかみには頭痛や目の充血に効くツボがあり、そこを刺激することで目の疲れをとることができます。こめかみを3~5秒間押して離すを1分間程度繰り返すことで、目の疲れは大分解消されますよ。

目玉を動かすマッサージ

目の疲れを取るためには、日頃あまり動かさない目玉を動かすのも有効です。目玉を上下に動かしたり、ぐるぐる回したりし、これを1日に2~3回しましょう。こうすることで目の周りの筋肉がほぐれるので、血行がよくなります。

Sponsored Link

目頭をプッシュするマッサージ

目が疲れると無意識のうちに目頭を押しますが、実は目頭には目の疲れに効くツボがあります。そこを2~5秒間押し、それを30秒続けると、目の疲れが大分解消されます。今までなんとなく押してきたという人は、今日から意識してみては?

目の周りの骨を押すマッサージ

目の周りには実は骨があり、目が疲れているときはそこも何かしらの異常が発生しています。なので目の周りにある骨を時計回りに押していくと、骨の下にある筋肉がほぐれるので、目の疲れが解消されます。

強く押しすぎると反対に目が疲れてしまうので、気をつけてください。

目の下を押すマッサージ

瞳孔のすぐ下には、目の充血やめまいに効くツボがあり、ここを押すと目の疲れを減らせます。5~10秒間押し、これを1分30秒続けると、ある程度は目の疲れが解消されます。

Sponsored Link

古来から伝わるツボを押すマッサージ

純粋なマッサージ以外にも、古来から伝わるツボ押しマッサージも有効です。顔には「太陽」「攅竹」「睛明」「承泣」、「魚腰」、「絲竹空」がありますが、そこのツボを押すことで目の疲れが解消されます。

1.両方の親指を目尻~こめかみあたりにあるくぼみにある「太陽」に当て、人差し指で眉の頭の下にある深いくぼみにある「攅竹」を一緒に8回押します。

2.人差し指で、目の頭と鼻の付け根の間にある「睛明」をそっと9回押します。

3.両方の親指をアゴに当て、人差し指と中指を使って目頭と鼻の付け根の間にある「睛明」を10押します。

4.人差し指で、眉の頭の下にある「攅竹」と眉の真ん中の下にあるくぼみの「魚腰」、眉のもっとも外側にある、小さいくぼみである「絲竹空」を、紹介した順にそれぞれ6秒ずつ押します。

見出し:まぶたを閉じるマッサージ

目の疲れを取るためには、まぶたを閉じるマッサージも有効です。まずまぶたを固く閉じて、そのあとに一気に目を開けます。これを何回かやったら、目玉を上や下、右や左に動かしましょう。

それも終わったら、最後に右回りに1回、左回りに1回円を描きましょう。

ひどく目が疲れているときは、このマッサージを数回繰り返しましょう。そうすると眼球を動かすことによって、目の周辺の筋肉がほぐれ、疲れが癒やされますよ。

目線を遠くにするマッサージ

まず、3メートルほど遠くのものを見ましょう。「3m」といわれてもピンと来ない人は、メジャーで3メートルはかって、そこの部分に目印を置きましょう。そして3メートル先と30センチあたりのところを交互に30回数程度見ましょう。

できるなら野外で遠めにものを置き、そこを見るとより効果が期待できます。

マッサージ以外にもこれがオススメ!

マッサージ以外でも、さまざまな目の疲れを取る手段があります。

ホットマスク

目の疲れは目の周りの筋肉が疲れることによっても、起こります。そこでホットマスクで目の周りを温めることで、目の周りの筋肉がほぐれ、目の疲れが取れるのです。ホットマスクは使い捨てタイプなら1枚あたり100円で目の疲れを癒やせるので、ぜひとも試してみては?

目薬をさす

目薬にはさまざまな効能が期待できますが、中には目の疲れを癒やす目薬もあります。ただただ目薬をさしただけでは目の疲れは癒やされないので、目の疲れを癒やすとしっかり明記されたものを選びましょう。

また「メチル硫酸ネオスチグミン」や「シアノコバラミン」の成分が大奥含まれているものを選ぶのも有効です。

目の疲れに効く食べ物を食べる

目の疲れにはビタミンB12やB6、タウリン、ルテイン、EPA、DHAなどの成分が効きますが、これらがたくさん含まれている食べ物を食べればOKです。

ビタミンB12ならしじみやカキを、ビタミンB6ならカツオやマグロの赤身を取れば大丈夫です。

目の疲れはマッサージなどで取ろう!

目の疲れはマッサージで取れるので、マッサージで取りましょう。またマッサージ以外にも、さまざまなとる方法があるので、試してみてください。目の疲れを放置すると、重大な病気につながることもあるので、早めに解決したほうがいいですよ。

いま通ってる脱毛サロン、満足してる?

脱毛サロンおすすめランキング

勧誘しない!痛くない!返金システムありの脱毛サロンのおすすめランキング!

脱毛サロンの乗り換え割もあります!

今年もお得なキャンペーンを続々実施してますね!

  • 月々990円キャンペーン!
  • 5回分0円キャンペーン!
  • 2ヵ月0円キャンペーン!

 

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.