Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

ヘアパックでつやつやの髪に!おすすめのパック材料をご紹介

投稿日:2017年9月23日 更新日: 62 views

パーマやカラーを繰り返した髪はどうしてもダメージが蓄積しがちですよね。毎日シャンプーしてコンディショナーも欠かさずしているのに、髪がパサパサしてしまうことはありませんか?それは髪に栄養が足りていないかもしれません。今回は髪の毛の栄養を補って、サラツヤな髪にできるヘアパックについてご紹介していきたいと思います。

ヘアパックとは?

髪の毛の栄養を補うもの

髪の毛はカラーやパーマを繰り返したり、ドライヤーの熱や紫外線を長時間浴びることで毛髪にダメージが蓄積し、髪の内部の栄養が流れ出してしまいます。栄養が流れ出した髪の毛はパサパサとしてまとまりがなくなり、手触りも決して良いものではなくなってしまいますし、せっかくのカラーもどんどん落ちていってしまうといったことも。何より艶やかで健康的な美しさが大きく損なわれてしまいます。
髪の毛を美しく健康に保ち艶のある状態にするためには、髪の毛の内部に栄養を送り込む必要があります。髪は女性を美しく見せるための大切な要素のひとつ。髪の毛の栄養を補って美しい髪を維持していきましょう。

食材でもパックをすることができる

ヘアパックは美容室でももちろん施術してもらえますが、自宅にある食材でも効果を出すことが可能です。例えば卵を使ったり、はちみつを使ったりと、キッチンにある食材でもできるのでリーズナブルにヘアパックをすることができます。卵やはちみつ以外の食材でもダメージのタイプに合わせたパックが行えるので、いろいろと試してみるのもいいでしょう。
ただし多くの食材は皮膚につけるためのものではないのでアレルギーや肌荒れを起こす危険性も。事前に皮膚パッチなどを行って安全性を確認してからヘアパックをするようにしてください。

毎日やる必要はなく週1回でも効果がある

ヘアパックは毎日やるとやりすぎてかえってベタついてしまうこともあります。なのでヘアパックを行う頻度としては週に1回程度がおすすめです。お気に入りのヘアパックの方法が見つかったら、週に1回のご褒美タイムとしてゆったりとお風呂でリラックスしながら、ヘアパックをするのもいいですね。

ヘアパックの効果的なやり方は?

ヘアパックの順番は?シャンプーの後が効果的

ヘアパックの順番で一番効果があると言われているのは、シャンプー→ヘアパック→トリートメントの順番です。シャンプーをしてまず髪の毛や頭髪の汚れを取り去ります。その後キューティクルの開いた状態の髪の毛にヘアパックを塗りこみ、栄養成分を浸透させていきます。栄養が十分浸透した後にお湯でしっかりとヘアパックをすすぎ落とし、最後にトリートメントをつけて終了です。
トリートメントを最後にする理由は、髪の毛にヘアパックの栄養を閉じ込めるため。栄養をたっぷりと含ませた髪の毛の状態を、トリートメントで上からラッピングすることで栄養をしっかりと髪の毛にホールドさせることができるのです。

蒸しタオルを使うとより栄養が浸透する

ヘアパックはしっかりと髪全体にむらなく伸ばし、さらには目の荒いブラシで髪全体をとかしておくとより栄養が髪の毛に浸透しやすくなります。さらにその上からお湯で塗らしたタオルを巻くことで、浸透率を上げることが可能です。
ラップでくるむという方法もありますが、お湯で塗らしたタオルの方が髪の毛のキューティクルを開かせる作用が強いので、より栄養を髪の内部まで送り込むことができます。

放置する時間は少なくとも10分以上に

ヘアパックの栄養が髪の内部に浸透するためには、それなりの時間が必要です。少なくともヘアパックを塗ってから10分以上は置くようにするといいでしょう。ヘアパックを浸透させている間には、アロマオイルなどを湯船に垂らしてリラックスしてもいいですし、アロマキャンドルでゆったりとした入浴タイムを過ごしても素敵ですね。
週に1度はこうして忙しい日常を忘れて自分をいたわる時間をつくることも大切なこと。お気に入りのアロマオイルやアロマキャンドル、そしてヘアパックでご褒美タイムを満喫してしまいましょう。

ヘアパックに使える食材は?

効果が高い卵パック

ヘアパックはもちろん市販のものを使ってもいいですが、キッチンにある食材で行うこともできます。ヘアパックに使うことができる代表的な食材が卵です。卵はパサつきやベトつきなどすべてのタイプのダメージヘアに効果があるとされ、白身、黄身、全卵と使う部分を分けることで発揮する効果も代わってきます。
例えばパサパサが気になるダメージヘアの場合は卵黄だけ、ベタつきが気になる場合は白身だけ、相当ダメージが進行している髪には全卵といったように使い分けます。
ただし本来皮膚につけるためのものでもないのでアレルギーが起きないか皮膚でパッチテストを行った後にパックをすると安心です。また頭皮にはつけないように、髪の真ん中から毛先にかけてパックするようにしましょう。

オリーブオイルはパサパサの髪に効果的

オリーブオイルをはじめとするオイル系のヘアパックもダメージヘアには効果的です。与えた栄養素がオイルの効果で溶け出しにくく、さらにドライヤーの熱や紫外線からも守ってくれる効果もあると言われています。どうしてもパサパサが気になる場合は、先程紹介した卵のヘアパックにオリーブオイルを混ぜるとより効果を期待できます。
こちらも髪につけるときは髪の中間から毛先にかけてつけるようにしてください。頭皮につけるとかぶれや、場合によってはアレルギーを起こす可能性もあります。アレルギーが起こるようであればその食材をヘアパックに使用するのは避けるようにしてくださいね。

アボガドやバナナでも栄養を与えられる

アボガドやバナナといったぬるぬるする食材をすりつぶしてヘアパックにすることもできます。ビタミンなどの髪に良いとされる栄養素を豊富に含んでいる食材なので、髪の毛に対して栄養を与える効果が期待できます。また粘着度合いも高いので髪の毛にしっかりと絡みやすくヘアパックもしやすいです。こちらもアレルギーが起こらないことを確認した上で、頭皮につけないようにヘアパックを行ってください。

まとめ

いかがでしたか?ヘアパックとはどんなものなのかをご理解いただけましたか?
ヘアパックはダメージが蓄積して、栄養が足りなくなってしまった頭髪に栄養を与え、艶やかで美しい健康的な毛髪にする効果が期待できます。美容院で施術してもらうこともできますが、自宅のキッチンにある食材でも行うことが可能です。
ヘアパックはシャンプーをしてからの方が、よりヘアパックの効果を得やすくなります。ヘアパックをして栄養をしっかりと髪の毛に浸透させたら、トリートメントで蓋をするとより効果的です。
卵やオリーブオイルといったキッチンにあるような食材で気軽にヘアパックを行うことができますが、皮膚につけるようにできているわけではないので、ご自身の皮膚に長時間つけてもアレルギーや肌荒れが起こらないかを確認した上で使用するようにしましょう。またヘアパックを行うときは頭皮につかないように、中間から毛先にかけてパックするようにするとより安全です。
ヘアパックの頻度は週に1買い程度が妥当なので、週末などにゆっくりとリラックスしながら行うと気持ちの上でも贅沢を味わったような満足感を得られるでしょう。忙しい日常を乗り切るためにも、たまにはご自身をいたわる時間を持ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

涙が出るのはドライアイの症状!?その原因と解消法4選!

「最近目が疲れる…」もしかしたら、それはドライアイかもしれません。 パソコンやスマホが手放せない現代において、なんとドライアイで悩んでいる人はいまや、3人に1人…なんと2200万人の人がドライアイの症 …

ニベアで毛穴がキレイになるってホント?美肌になるか実際に検証してみた!

  ニベアといえば一家に一つはあるあの青い缶のクリーム。あの独特な香りが好きで小さい頃は良く使っていました。 この誰もが一度は使ったことがある「ニベアクリーム」。 実はいま、高級美容クリーム …

旅行で肌荒れ!せっかくの写真も台無し!セルフケアってある?!

旅行は楽しいけれど中盤から肌荒れに悩むことってありませんか?肌が荒れるとせっかくの観光やお買い物の楽しみが半減するし旅行後に長引くのも嫌ですね。今回は旅行中に肌荒れを起こさないためのセルフケアをご紹介 …

納豆菌と乳酸菌の違いってなに?3つの効果で健康体質に!

納豆菌と乳酸菌でお腹をスッキリさせましょう。二つのパワーが働くことで、カラダに3つの効果が期待されます。今回は納豆菌と乳酸菌の違いや、効果、摂取方法を詳しくご紹介いたします。今日から体内デトックスして …

1000キロカロリー減!?中性脂肪をとにかく下げる究極の食事術!

中性脂肪を下げるには運動だけじゃ不十分!食事週間と、内容を変えて、2ヶ月で結果を出そう! Contents1 いくら運動をやっても中性脂肪が下がらない…。それって食事が原因かも!2 STE …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です