Puuri

プーリ【美容・恋愛・結婚・メンタル】日々を楽しく美しく生きたい!

エイジングケアサプリの無料モニター募集!
先着3,000名様限定です!


ユベラ

その他

白血球の働きとは?寿命についても説明します!

投稿日:2017年9月12日 更新日: 661 views

皆さんは、白血球についてご存知ですか?白血球や赤血球については、とても多くの人が認知している細胞ですね。しかし、具体的な働きまではあまり知られていないのではないでしょうか。そこで、白血球の特徴や働き、寿命などについても説明していきます!また、赤血球についても少し触れますので、参考程度にご覧ください。

白血球とは?

血液中には、さまざまな種類の細胞が存在しています。そして、白血球についてはその一つです。この白血球については、免疫とかかわりの強い細胞として有名ですが、白血球にもいくつか種類があることをご存知でしたか?この節では、その種類と働きについて説明していきます!

・リンパ球

リンパ球については、外部から侵入した細菌などに攻撃を加える働きを持っています。そのため、免疫機能と深くかかわっています。

・好中球

好中球については、リンパ球と働きが似ています。殺菌の働きを持っているため、免疫機能と深くかかわっています。

・好酸球

好酸球についても、免疫機能とかかわりのある細胞ですが、少し厄介な側面もあります。その側面とは、アレルギー反応の要因の一つになってしまうということです。

・好塩基球

好塩基球についても、アレルギーと関連性がある細胞です。しかし、詳細について分析しきれていない部分もあるため、謎多き細胞と言えそうです。

・単球

単球については、とても大きな細胞であり、その点が特徴になります。また、異物を取り込み、分析するという機能を持っているため、この単球についても健康上非常に重要な細胞です。

白血球や赤血球の寿命について

人体にとって欠かせない細胞の一つが白血球ですが、寿命があることをご存知でしたか?生まれてから全ての細胞が延々と生き続けるわけではなく、寿命が尽きて消える細胞もあるということですね。寿命が尽きるというと聞こえが悪いかもしれませんが、細胞というのは新しく作られるため、悲観的になる必要はないでしょう。

基本的に、白血球のうち、リンパ球の多くは100日から300日ほどの寿命と考えられています。

また、好中球と好酸球、そして好塩基球が血液中にいられるのは、4時間から8時間ほどと考えられています。単球についてはもう少し長く、10時間から20時間ほどと考えられています。

ちなみに、赤血球の寿命については、大体120日程度であるため、意外に長いことが分かりますね。

白血球や赤血球とかかわりのある病気について

白血球だけでなく、赤血球についても大変重要な細胞です。また、血小板についてもそうです。血小板とは、止血の働きを持つ細胞のことです。そのため、血が止まり、かさぶたができるその裏で、血小板が大きく働いていたということですね!

しかし、白血球と赤血球、そして血小板に大きな影響が生じる病気がありますので、この節ではその病気について見ていきましょう。その病気こそ、「汎血球減少症」です。

汎血球減少症とは?

汎血球減少症については、白血球及び赤血球、そして血小板のそれぞれが減少するという病気のことです。軽度なケースから重度なケースまでありますが、重度なケースだと生活に大きな支障をきたします。

この病気の症状は?

汎血球減少症を患うと、さまざまな症状が現れるようになります。3つの細胞がどのような減り方をするのかによって異なりますが、仮に3つの細胞全てが大幅に減少した場合、以下のような症状が出る可能性があります。

白血球減少による影響:発熱、感染症の発症など

赤血球減少による影響:貧血、目眩、頭痛など

血小板減少による影響:些細ないことでの出血や、止血が長い時間続くなど

原因について

汎血球減少症の原因については、さまざまなことが考えられます。遺伝子異常が原因となって発症するケースもありますし、骨髄機能が低下したことが原因で発症するケースもあります。

いずれにしても、発症してしまった場合は直ちに治療を受けなければなりません。治療法については症状のケースによっても異なるため、先ほど述べた症状が引き起こされた場合は、まず医師の診察を受けましょう。

血液中にある細胞の役割について知っておこう!

今回は、白血球の種類や働き、そして寿命について見てきました。血液中の細胞については、白血球を含め、どれも重要な役割を担うものばかりです。そのため、どんな細胞があり、その細胞がどのように機能しているのかという点については、知っておいた方がいいですよね!特に、人体の免疫にかかわる細胞については、大変重要なものとして捉えておきましょう。

また、赤血球にも白血球にも寿命がありますが、それぞれの細胞は体内で新たに作られます。そのため、寿命があることに対して悲観する必要はありません。ただし、病気によってそれぞれの細胞が減少するということであれば、大変問題です。汎血球減少症については、その病気の一つです。

そのため、体内における細胞に深刻な影響を与える病気についても、知っておいた方がいいのではないでしょうか。

健康問題について常に考え、規則正しい生活を送りましょう。

Sponsored Link

-その他
-,

執筆者:

関連記事

国民が注目?!野菜が体にいい理由

皆さんは当然のように野菜を食べるべきと思っていますが、なぜ野菜が体にいいか説明できますか?同じ食べるなら理由を知って効果的に摂取したいですよね。また最近野菜の効果が注目を集めています。今回はザックリし …

レベル1ってやばい?レベル15?内臓脂肪と正しい測り方

みなさん、ご自身の内臓脂肪がどれだけあるかご存知ですか?!体重は気にして測るけれど内臓脂肪ってよくわからないし放置している方、多くないですか?今回は内臓脂肪の測り方や危険レベルはどれくらいかなどについ …

ビックリ!カフェインが含まれている意外な食べ物6つと、カフェインレスの飲み物まとめ

普段の生活のなかで何気なく摂っているカフェイン。ちょっとした休憩時間に飲む紅茶や、眠くなってしまった時の覚醒作用のために飲むコーヒーなど、私たちの身近な存在になっていると思います。 ところでこのカフェ …

【初耳】脳内麻薬?!種類を知って活かす方法

「脳内麻薬」ってご存知ですか?一見悪そうなイメージを与えますがデキる方は上手に活用し成功を掴んでいます。今回はこの脳内麻薬とはなにか、どういった種類があるのか、さらには期待できる効果に着目しセルフで気 …

体の毒素を出す方法を4つご紹介します!

日々生活をしていると、少なからず体内に毒素が溜まってきてしまいます。毒素が増えすぎて良いことは何もありません。増えた毒素がそのままだと、健康上の悪影響も心配されるため、適切に排出していかなければなりま …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です