Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

【皮下脂肪】落とす魔法のような薬はあるか?

投稿日:2017年6月16日 更新日: 172 views

学生の頃は気にせず食べていたけれど、ある年齢を境にお腹周りや太もも周りの脂肪が気になり好きな物を食べるときにカロリーを気にしたり躊躇したりするようになりましたね。この脂肪さえなければいいのに、できれば楽をして落としたい、みんなそう思うはずです。今回は脂肪を効率よく落とす方法と効果的な薬があるのか調べてみました!

皮下脂肪ってどこの部分?

内臓の中についた内蔵脂肪以外のものが皮下脂肪です。二の腕やお腹周りや背中・腰・お尻等をつまんだ時に引っ張られる柔らかいものを皮下脂肪といいます。体毛の少ない人間にとって身体を温め厳しい冬を越えたり怪我を最小限に抑えたりするために必要なものです。また皮下脂肪がついているからといって病気のリスクが高いわけではありません。そう考えると悪いものではないのです。しかし見た目にあらわれやすい部分に多くつく傾向にあるため(下半身デブ)外見を気にする方はこの皮下脂肪を落とすためにダイエットをしますね。また、病気になるリスクが低いといっても皮下脂肪が増えて身体が重くなると膝や腰に負担がかかるので、できれば最低限にとどめたい脂肪ではあります。

皮下脂肪がつく原因

■必要以上に食べているから

食べたものは体内の各所に行きわたり仕事をするためのエネルギーに変えられますが、使われなかったエネルギーは脂肪になります。夜間におやつを食べていませんか?!あとは眠ることと最低限の活動にエネルギーを使うだけなのに必要以上のカロリーを摂るとそれらは確実に脂肪に変わりますよ。

■運動不足

息をするだけでもカロリーは消費しますが身体を動かすことでさらに脂肪を燃焼させることができます。しかし、デスクワークや電車等の通勤手段ではどうしても摂取カロリーに対して消費カロリーが追いつかなくなってしまいます。

■遺伝子情報に組み込まれているから

女性は皮下脂肪が多くつきやすいようになっています。前述したように厳しい環境でも子孫を守り残す必要があるからです。長きにわたり受け継いだ遺伝子情報なのでついてしまった皮下脂肪を簡単に落とすことはできません。

代謝活動を活発にするには朝食をきちんと摂らなくてはなりません。また、満腹中枢が働き始めるのは食事を始めて20分程度たってからなのでテレビを見ながらスマートフォンを操作しながら飲み込むような食事をしていたら食べたという意識が薄くすぐにお菓子などを手にしたくなります。アイスクリームやジャンクフードはおいしいけれどカロリーが高いので食べるのが当たり前の日常では基礎代謝が下がる加齢とともに太っていきます。

皮下脂肪を落とす方法

■運動

皮下脂肪を落とすには食べた以上に運動など身体を動かしたりしてカロリーを消費しなくてはなりません。運動をすると身体はまず内臓脂肪から燃焼を始めます。適度な運動では内臓脂肪を燃焼して終わり、病気のリスクは軽減されますが見た目を変える効果はありません。では、どうすればいいかというと「息が上がるほどの運動」です。つまりただ歩くだけではなく筋肉を刺激するように手を良く振って速歩きをして心拍数を上げます。この動作を少なくとも1日トータルで30分(ぶつ切りでOK)は継続し行いましょう。継続するのは簡単なことではありませんが、日常生活を利用すると意外と続けることができます。例えば通勤前に掃除機をかける、途中下車して勤務先まで1駅だけ歩く、休みの日は歩いて買い物に出る等、身体を動かすことを意識します。

■基礎体温を上げる

基礎体温が高いほど基礎代謝も高くなります。基礎代謝とは人間が生きていくうえで最低限必要なエネルギーを示し、この基礎代謝が高ければ太りにくい体質に変わることができます。バランスの良い食生活を心がけ、温かいものを食べたり半身浴をしたりして常に身体が冷えないちょっとした工夫で基礎体温は上げることが可能です。

■マッサージ

揉んだりつまんだりさすったりしても効果はないと言う方もおられます。確かにすぐに効果が出るものではありません。しかし揉んだりつまんだりさすったりすることで血行を促進させたりリンパの流れが良くなったりするので結果的に脂肪燃焼につながります。

すぐに結果が出るダイエットはリバウンドする

急激な減量はホルモンバランスが乱れ身体に支障をきたします。例えば生理不順を起こしたり血行不足により抜け毛が増えたり内臓機能が低下したり抵抗力がなくなって体調を崩しやすくなったりします。さらに急激な減量のほとんどは食事制限によるものなのでリバウンドをしやすく(身体が生命の危機を感じ脂肪を燃焼しにくい状態を作る)、ダイエット以前より皮下脂肪を増やしてしまいます。

脂肪を燃焼させる薬はあるのか?!

脂肪を燃焼させる薬は存在します。ただ、医療機関にて減量の必要性がある方のみ処方されます。脂肪燃焼効果がある治療薬をご紹介します。

■脂肪燃焼点滴

静脈注射を行います。細胞を体外へ排出させる効果があるL-カルニチンやビタミン等を配合しています。

■脂肪吸収抑制剤「ゼニカル」

経口薬で酵素の働きを抑制し脂肪を体外へ排出させる治療薬です。

※どの薬にも副作用はあります。医師の指示に従い用法容量を守って服用しましょう。

インターネットで検索すると夢のような薬がたくさん出てきますが、根拠のない成分や説明に躍らされてはいけません。脂肪を燃焼させるには基本は運動し筋肉を刺激することと基礎代謝を上げることしかないからです。どうしても薬を使用したい場合は基礎体温を上げる効果のある「天然成分」を用いた漢方やサプリメントなどを活用することをおすすめします。

■防風(ボウフウ)・生姜(ショウキョウ)・・・代謝を良くします。

■トウキ・シャクヤク・・・血行を促進させる効果があります。

■地黄(ジオウ)・・・血液の質を上げる効果があります。

■大黄(ダイオウ)・・・便秘を解消します。

個人輸入は危険

簡単に個人輸入ができる時代になりましたが私たちは素人なので外国語で記載された説明書や専門用語を理解できませんよね。また、詐欺も横行しており、ただのビタミン剤を掴まされる可能性があります。本当に効果はあるけれど日本では認可していないような治療薬もあり、おすすめできません。日本で認可していないのは人体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。個人輸入した薬を服用し健康を害しても自己責任なので国は助けてくれません。本当に痩せたくて薬が必要ならば医療機関で相談し処方してもらいましょう。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

【検証】塩水を用いた腸内洗浄でデトックス効果があるのか?!

慢性の便秘に悩む女子にとって気になるのは腸内に溜まった老廃物、考えただけで気持ち悪いし、その老廃物を排出したら身体が軽くなるのでは?とも考えてしまいます。今回はちまたで話題になっている塩水を用いた腸内 …

よくお店で見かける濃縮還元の野菜ジュース…栄養はきちんと摂取できる?

野菜って私たちの体に本当に必要なものだけど、毎日食べるのは大変ですよね!そんな時に野菜ジュースのコーナーに行くと、良く「濃縮還元」と記載され謳われている商品が多く見受けられます。この野菜ジュースに興味 …

【目の疲れを感じた時はどうしたらいい?目の疲れに効くツボをご紹介!】

気が付けばパソコンやスマートフォンを使いすぎてしまい、慢性的な目の疲れを感じていませんか?視点を一箇所に固定して画面を見つめ続けることで目の筋肉は疲労していきます。また、視力矯正のためのコンタクトやメ …

無知は損!腸内細菌の種類と働きを知ろう

生きて腸で働く乳酸菌をヨーグルトから摂取しよう等というCMを見かけます。なんとなく身体に良い細菌と悪影響を与える細菌があることはわかるけれど具体的なことって知りませんよね。この機会に腸内細菌の種類を知 …

涙が出るのはドライアイの症状!?その原因と解消法4選!

「最近目が疲れる…」もしかしたら、それはドライアイかもしれません。 パソコンやスマホが手放せない現代において、なんとドライアイで悩んでいる人はいまや、3人に1人…なんと2200万人の人がドライアイの症 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です