プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

皮脂くずれはなぜ起こる?原因と対策、おすすめ化粧下地をご紹介

更新日:

時間がたつとメイクが崩れてくる皮脂くずれはやっかいなものです。化粧直しに時間をかけることができる環境ならまだマシですが、なかなかそういった時間が取れない場合はベタベタのお化粧のまま過ごさなくてはならず、不快な思いをしてしまいます。今回はそのような皮脂くずれはなぜ起こるのか、またその対策や皮脂くずれを防止できる化粧下地の情報をご紹介していきます

Sponsored Link

皮脂くずれはなぜ起こるのか?

メイクは油で溶け出す性質があるから

メイクの種類によってさまざまではありますが、多くの化粧品には油が含まれています。この化粧品に含まれる油分により肌とメイクを密着さているので、しっかりとメイクができる化粧品を使っているほど、油の成分が多いことがほとんどです。
一方皮脂も油の一種。油は油に溶ける性質があるので、油成分が多い化粧品は皮脂によって溶かされてしまうのです。皮脂によってドロドロと溶けた化粧品が滑り落ちてくるので、皮脂くずれといった現象が起きます。

自分の肌質と合わない化粧品をつけている

油成分が多く使われている化粧品を、オイリー肌の方が使用するとより皮脂くずれが起きやすくなります。皮脂くずれがすぐに起きてしまうといった方は、使っている化粧品を油成分が少ないものにシフトするか、皮脂くずれがしにくいタイプの化粧品を使うようにすると皮脂くずれを改善できる可能性が高いです。

皮脂が多く分泌されている時期だから

季節によって分泌される皮脂の量は変化します。特に夏は汗をかきやすく、同時に皮脂も多くなりがちです。通勤をするだけでもベタベタとしてくることがあり、夏はもっとも皮脂くずれが起きやすい季節です。
また逆に冬になると乾燥が進み、肌のコンディションが乱れることで皮脂の分泌が盛んになることも。いずれも肌にとって過酷な環境のときは皮脂が分泌されやすく、皮脂くずれが起きやすいということが言えるでしょう。

皮脂くずれの対策は?

皮膚の保湿を心がける

皮脂が多く分泌される原因は、体質や食生活、生活習慣などさまざまな要因があるため一概には断定できませんが、その大きな原因のひとつとして皮膚のコンディションの悪さがあげられます。
乾燥などで皮膚の状態が悪化することで保湿の機能が低下し、同時にそれを補おうとして皮脂が過剰に分泌されることがあります。皮膚のコンディションを悪いままにしておくと、皮脂がどんどん出るようになってしまい、結果皮脂くずれが起きやすい肌になってしまうといったこともありえます。

脂肪分の多い食事を控える

食事の内容が脂肪分の多いものだと、皮脂の分泌がより活発になってしまうこともあります。糖質や脂質が多い食事や、ファーストフードやジャンクフードばかりの食事を普段多く取っている方は、食生活を見直すことで皮脂の分泌を抑える事が可能です。
野菜や果物などバランスの取れた食事を摂取し、規則正しい生活をこころがえるのも肌のコンディションを整えるのに役立ちます。

パウダーファンデーションを使う

リキッドタイプのファンデーションは密着度が高いものが多く、その分油の成分を含んでいることも多くあります。油と油は溶けやすいという説明をしてきましたが、このように油の成分が多く入っている化粧品はオイリー肌の方にはあまり向いているとは言えません。
パウダーファンデーションはリキッドファンデーションに比べて確かにカバー力などが劣りますが、肌への負担が少なく肌のコンディションを正常に保ちやすい化粧品です。すぐに皮脂くずれを起こしてしまう方はパウダーファンデーションを使う方が皮脂くずれを防ぎやすいかもしれません。

あぶら取り紙よりもティッシュを使う

皮脂くずれを起こしやすい方というのは、皮脂の分泌が多目のオイリー肌である場合も多いでしょう。そういったオイリー肌の方は油とり紙を比較的よく使う傾向があります。ただし油とり紙は油分を多く吸着もしますが、必要な油分までも拭きとってしまう可能性があるのでおすすめできません。また油とり紙は水分も吸い取る性質があるために、頻繁に使用することでお肌の乾燥を進行させてしまう心配があります。
肌の油分を適度にふき取りたい場合は、ティッシュで押さえるように取り除く方が肌への負担が少なくおすすめです。またティッシュで油分をふき取るときにも、こすったりせず上から指でやさしく押さえるようにしてティッシュに皮脂を吸着させていくようにすると良いでしょう。

皮脂くずれに有効な下地をご紹介!

ソフィーナプリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地

花王が発売している皮脂くずれに強い化粧下地です。カバー力が強く、長時間メイクをキープします。多めに使うと乾燥してしまうといったこともあるようですが、量をコントロールすることで乾燥せずに使うことが可能とのこと。皮脂くずれが起きやすい夏は顔全体に、乾燥する冬はTゾーンのみといった使い分けで一年中使うことができます。
SPF20・PA++と日焼け止めの効果もあります。クレンジングはしにくいといった難点はあるものの、長時間テカることなくメイクをキープできるのは魅力的です。

ビオレUV さらさらフェイスミルク

ビオレが発売している皮脂くずれ防止用の化粧下地です。皮脂吸収パウダーという、皮脂を吸着するような仕組みがあるので、皮脂が分泌されてもテカることなく綺麗な状態をキープできます。ヒアルロン酸も配合されているため、肌のうるおいも保て、SPF50+・PA++++という強力な日焼け止め効果が魅力的。内勤で働いている方よりも、外回りが多くある営業職のような外勤の方に特におすすめの下地です。

ヒロインメイク メイクラスティングベース さらさらキープ

ヒロインメイクから発売されている皮脂くずれ対策用の化粧下地です。春夏の皮脂くずれが多く起こる時期にメイクが崩れないように工夫されている商品。皮脂を吸着するパウダーが配合されており、一日中サラサラの肌をキープすることができます。日焼け止めの効果もSPF50+・PA++++と高い効果を発揮しているので、屋内より外に多くいる方にもおすすめです。

ビューティマジック 皮脂くずれブロック

Tゾーン専用の皮脂くずれ対策下地です。皮脂くずれによるファンデーションのヨレをなくし、メイクを美しい状態にキープします。肌の水分と油分のバランスを調整する成分と、コラーゲンやヒアルロン酸といった美容液成分も配合
し、肌のうるおいを保ち続ける効果もあります。使い続けることで肌のコンディションも良くなっていくことが期待できる化粧下地です。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか?皮脂くずれの原因や対策についてご理解いただくことはできましたか?
皮脂くずれは化粧品が油の成分を多く含んでいる場合に起こりやすくなります。それは皮脂の成分も油で、油と油が溶け合う性質があるためです。特に夏は皮脂の分泌が多く、皮脂くずれが起きやすい季節。皮脂くずれに対応した化粧下地を使うことである程度はテカりや崩れを抑える事ができます。
また皮脂は肌のコンディションが悪くなると多く分泌される傾向があるので、日頃から肌を良い状態に保つことも皮脂くずれ対策には有効です。皮脂が分泌されやすいオイリー肌の方は、肌のケアとともに皮脂くずれ対策のされた化粧品をチョイスすることで皮脂くずれを防止することが可能になります。
皮脂が多く分泌されやすく化粧の皮脂くずれを防止したいという方は、肌のコンディションを良好に保つ努力をするとともに、化粧下地を皮脂くずれ防止用のものに変更してみるといった方法が皮脂くずれ対策には有効でしょう。

いま通ってる脱毛サロン、満足してる?

脱毛サロンおすすめランキング

勧誘しない!痛くない!返金システムありの脱毛サロンのおすすめランキング!

脱毛サロンの乗り換え割もあります!

今年もお得なキャンペーンを続々実施してますね!

  • 月々990円キャンペーン!
  • 5回分0円キャンペーン!
  • 2ヵ月0円キャンペーン!

 

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.