プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

白湯で便秘解消!高い効果を実感するために

更新日:

胃腸が弱い日本人、そして便秘に悩まされることの多い現代人。特に女性は慢性的な便秘に頭を抱える人が多いのではないでしょうか。そもそも便秘はどうして起こるのでしょう?手軽に実践できる便秘の解消方法を知りたいと思いませんか?便秘はなかなか人に打ち明けられない悩みです。そんな悩みを抱えている人は必見!実は、「白湯」が便秘の解消に一役買うことがあるのです。聞いたことはあるけど「白湯」ってどんなものかよく知らない人もいることと思います。今回は、便秘の仕組みや便秘解消に役に立つ白湯の効用、そしてより高い効果を発揮するための飲み方をご紹介します。

 

Sponsored Link

便秘になる原因

慢性的な便秘でおなかが張って苦しい思いをしたことはありませんか?実は便秘になる原因は、日常生活と密接に関係しています。

 

食生活の乱れ

便秘になる最も多い原因は、生活習慣の乱れです。忙しい毎日を送る現代人は、規則正しくバランスのとれた食生活を実践できていないことが考えられます。規則正しい時間に食事を摂ることで体内の消化リズムを作ることができるのですが、食事時間がバラバラだと消化器官の動きもそれに合わせることになってしまい、一定の消化リズムが作れません。

 

また、食事の栄養バランスが偏っていることは便秘の原因となりえます。食物繊維を多く含んだ野菜類を食べる機会が少ないと、硬い便となり排泄しにくくなってしまいます。また、油物や肉類ばかりを極端に食べ過ぎて、野菜や果物そして胃や腸にやさしいと言われる乳製品をとることがない食生活を続けてることで、次第に排便の頻度が低くなり便秘を抱えやすい体質になってしまいます。

 

ストレス

日常的にストレスの多い生活を続けていると、便秘になりやすくなります。一見ストレスと腸の動きは関係ないように思われますが、実は消化器官というものは感情の乱れに敏感なのです。

 

腸の活動には自律神経が関連しています。大きなストレスを感じず過ごせている時は、自律神経のうち交感神経と副交感神経の二つが適切なバランスを保つことができます。交感神経は「昼の神経」とも呼ばれ、心臓や血管などのからだの各器官を活発に動かす働きを持ちながら、消化器官については動きを抑制させます。反対に副交感神経は「夜の神経」とも呼ばれ、心臓や血管などの動きは抑制しながらも消化器官の動きについては活動的にさせる神経なのです。

 

しかし大きなストレスを感じると、これら二つの神経のバランスが乱れ、副交感神経が過剰な動きをすることになります。すると胃や腸の消化活動に異常をきたし、正常な動きができなくなってしまい便秘になることがあるのです。腸の動きとは一見関係がなさそうなストレスも、神経を伝って腸に影響を与えています。なるべくストレスのない生活を送っていきましょう。

 

水分不足

生活習慣の乱れに心当たりはなくても便秘の症状を感じることがあれば、それは水分不足が原因かもしれません。一日に摂取している水分量が足りていないと、便秘を招くことがあります。

 

水分を摂るということは、水道水や飲料水をそのまま飲むことだけを指すのではありません。人は水分を食事からも摂っています。もともと少食の人は、食事をきちんと摂っているつもりでも全体として体内に摂り入れる食事=水分が足りないために、一度に十分な便を作ることができません。また、そもそも水や飲料水を飲む機会が少ない人は、せっかく作られた便も硬くなってしまい、なかなか排泄することができなくなってしまうのです。

 

ダイエットを気にして食事量を抑えることや、飲料水をこまめに摂らない習慣はなるべく控えましょう。積み重なって気づかないうちに便秘となってしまいます。

 

白湯とは

白湯は、さゆ・しらゆ と読み、水を沸騰させて中に何も入れない状態のものを指します。塩や砂糖を入れることもなく味付けをしているわけではありませんので、特別に味がすることはありません。

 

具体的には水を一旦沸騰させたあと、50℃程度まで冷ましたものを「白湯」と呼びます。単なるお湯というわけではなく、あくまでも沸騰したあと50℃ほどまで冷ましたものを指すということです。お間違えのないように。

 

白湯を作るために必要な材料はとてもシンプルです。まず必要なのは水です。水は軟水でも硬水でも構いません。わざわざ水を購入しなくても、一般的な水道水でもいいので経済的です。もちろんミネラルウォーターを使用しても大丈夫です。

 

次に必要なのは水を沸かす道具です。水と水を沸かす道具、この二つがあるだけでいいのでとても手軽です。白湯を作るとき、水を沸かす道具として最も適しているのはヤカンです。水道水にはもともと塩素が入っているため、塩素を取り除くためには最低でも15分は沸騰させ続けなければいけないからです。ヤカンで水を沸騰させると、沸騰状態を何分間も維持することができます。ヤカンは白湯を作るためには最も適している道具であり、塩素が入っていない白湯を作ることができます。

 

ヤカンを持っていなかったり、忙しくてヤカンで水を沸騰させる時間がない・・・。そんな風に感じる方は、コップに水を入れて電子レンジで温めてください。電子レンジでしたら1分足らずであっという間にお湯が沸き、手早く白湯を作ることができます。ヤカンで沸かすのとはちがって沸騰状態を継続することはできませんが、一度確実に沸騰させることが大切です。ぶくぶくと沸騰した状態のコップを少し置いておいて、触って温かいと感じる程度まで冷ましておきましょう。

 

白湯が便秘に効く理由

便秘は腸の働きが低下することにより起こります。腸が排便しようとする動きが鈍くならないように、食物繊維が豊富な食べ物を積極的に食べるように心がけたり、ストレスの多い生活をやめる工夫をすること、また慢性的な運動不足を解消することで便秘を改善しようとする人も多いはずです。

 

もちろん生活習慣を見直すことは、根本的な便秘の改善に必要不可欠です。その上で白湯を飲む習慣を組み合わせることができれば、便秘の改善への速度は加速します。

 

一度沸騰させたあと温かい程度に冷ました不純物の入っていない白湯によって、腸は余計な刺激を受けることなく消化活動を開始することができます。継続して白湯を飲むことで、排便するための機能そのものを高めることになります。長期的にみると、食事をしたあとはきちんと消化を終えられるような、腸の機能活性化につながるのです。

 

Sponsored Link

効果を高めるために

白湯はいつでも飲めばいいというわけではありません。白湯の効果が高まる飲み方があります。

 

時間帯について

白湯を飲むベストタイミングは起床後です。朝起きて目が覚めてもからだはまだ起きていません。起きたてのからだに刺激の強い食べ物を口にしても、胃や腸などの消化器官はびっくりしてしまい負担がかかってしまいます。朝起きてすぐのからだには、なるべく消化器官にやさしいものを口にすることが望ましいです。

 

そこで役に立つのが白湯です。起床したらまずお湯を沸騰させて少し冷ましておきましょう。ゆっくり身支度を整えながら、白湯が出来上がった頃にコップ一杯ゆっくりと飲んでいきます。温かい白湯はまだ起きていないからだの中にじんわりと染みわたり、内臓器官を目覚めさせてくれます。白湯を飲むことで消化器官の作用を高めることになるのです。

 

飲み方について

白湯の効果を高めるためには、ゆっくり時間をかけて飲むことをお勧めします。朝は胃や腸などの消化器官もまだ動いていません。あたたかい白湯を一気に口に入れても、目覚めたての消化器官に「早く動け」と急かしているような荒っぽい方法になってしまいます。できれば一口ずつ、ゆっくり白湯を飲むと良いでしょう。少しずつ飲むことで胃や腸もだんだん動き出し、一日の消化活動をスムーズに進めるための準備ができるのです。

 

継続して白湯を飲んで、お腹すっきり便秘解消!

習慣として白湯を飲むことで便秘解消につながる効果が期待できます。面倒な準備やたくさんのお金を用意しなくても、誰でも簡単に作れるのが白湯の魅力です。朝起きたら白湯を飲まないと一日が始まらない!そんな風に思えるくらい、日常生活に白湯が根付いたらいいですね。便秘を解消して、不調を感じにくく見た目も若返るような健康的なからだを目指していきましょう。

いま通ってる脱毛サロン、満足してる?

脱毛サロンおすすめランキング

勧誘しない!痛くない!返金システムありの脱毛サロンのおすすめランキング!

脱毛サロンの乗り換え割もあります!

今年もお得なキャンペーンを続々実施してますね!

  • 月々990円キャンペーン!
  • 5回分0円キャンペーン!
  • 2ヵ月0円キャンペーン!

 

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.