Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

ロコモティブシンドロームとは?予防法についても説明します!

投稿日: 39 views

健康でいられることが一番ですが、中には「ロコモティブシンドローム」と言われる状態に陥る人もいます。そうなってしまうと、自分一人の力で生活することは難しくなるのです。したがって、とても深刻ですね。そこで、ロコモティブシンドロームの特徴や、予防法などについて説明していきます。

ロコモティブシンドロームとは?

シンドロームという言葉が含まれた症状として有名なのが、メタボリックシンドロームですよね。過度に太っている人はこの症状に当てはまる場合が多いです。したがって、とても多くの人が直面する症状ということですね。

では、ロコモティブシンドロームについてはご存知でしたか?ロコモティブシンドロームとは、別名で運動器症候群と言われていて、移動機能が落ちた状態のことを指します。また、進行度によっては要介護が必要になるケースもあるため、改善のための努力をせずに放置するというのは危険です。

では、ロコモティブシンドロームになってしまうその原因とは何なのでしょうか。次の節ではその点について説明していきます。

ロコモティブシンドロームの原因とは?

ロコモティブシンドロームが極端に進行してからでは遅いため、健康でいるうちに原因について知っておくことが大切です。そこで、その原因について説明していきます。

筋力の衰え

ロコモティブシンドロームの原因の一つになりうるのが、筋力の衰えです。筋力が衰えるというと、高齢者にのみ起こる現象だと考える人もいますが、そんなことはありません。若い人々であっても、体を鍛えることを忘れて過ごしていると、筋力は衰えていきます。そのため、高齢者でなくとも、ロコモティブシンドロームを防げるように意識する必要があるでしょう。

骨などの病気

病気により、ロコモティブシンドロームのリスクが増大するケースもあります。例えば、骨粗鬆症です。骨粗鬆症とは、骨が脆くなってしまう病気であり、正常な骨と比べると骨折のリスクがはるかに高いです。そのため、とても深刻な病気です。

また、骨粗鬆症のほかにも、ロコモティブシンドロームの原因になりうるような病気はあります。

ロコモティブシンドロームの治療法について

ロコモティブシンドロームがどんどん進行し、要介護の状態にまでなってしまってからでは、治療は難しいです。しかし、まだそれほど進行していなければ、改善させることは十分に可能です。その方法については、運動療法などが一般的です。

ただし、ロコモティブシンドロームだけでなく、運動器の疾患もあるということであれば、そちらを治すための治療というのも受ける必要があります。

ロコモティブシンドロームの予防法について

当然のことながら、ロコモティブシンドロームになってから対処するというよりも、日頃から予防のための行動を心掛けることが望ましいです。そこで、この節では予防法について説明していきます!

普段の生活に「運動」を取り入れよう!

普段から運動をせず、ダラダラと過ごす日々が続くと、ロコモティブシンドロームのリスクが増大します。逆に言えば、普段の生活に「運動」を取り入れることで、予防になるということです。また、運動言っても、強度の高いウエイトトレーニングをやる必要はありません。ウォーキング程度でも予防になるのです。

ただ、筋力をしっかりつけていく意味では、ウォーキングよりもジョギングの方が効果的です。そのため、できる範囲で、ある程度の負荷を筋肉にかけるようにしましょう。

タンパク質をしっかり摂ろう!

筋肉量を増やすためには、トレーニング面だけではなく、栄養面も意識する必要があります。例えば、タンパク質です。タンパク質は、筋肉をつけるにあたって必要不可欠な栄養素です。「カロリー面が心配」という人は、プロテインを活用するといいでしょう。プロテインであれば、タンパク質が多く含まれているのにもかかわらず、低カロリーです!

正しい姿勢を意識しよう!

背中を丸めた状態で生活している人というのは多いです。「猫背の方が楽ちん!」と考える人も多いですが、それでは体によくないです。背中の筋力にもマイナスの影響を与えてしまうため、姿勢はなるべく正すようにしましょう。

まとめ

今回は、ロコモティブシンドロームの特徴や原因、治療法や予防法などについて見てきました。介護が必要になるまで進行してしまうのはマズいため、そうなる前に対処する必要があります。

この状態を防ぐための予防法については、多くの人が気軽に実践できるものです。しかし、忘れてはならない重要な点が「継続」です。運動一つとっても、三日坊主で終わってしまうようでは、予防は難しいです。そのため、運動を習慣的にできるように努力しましょう。

生活習慣を変えるというと、難しいように思えるかもしれません。しかし、ロコモティブシンドロームを防ぐための習慣を取り入れるくらいであれば、決して難しいことではないと思いますよ!

自分の健康面を常に考えて生活しましょう!

Sponsored Link

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

漢方薬でダイエット!4つのタイプに合わせて効果的に痩せる!

食べすぎでたまった「毒」を排出する漢方は、ダイエットの強力な助っ人です。 一般に肥満の治療に持ちいれらるのは、おなかに脂肪が多くて便秘がちな人に向く防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や、むくみがちな …

美容の強い味方!ドラゴンフルーツスムージーの効用

ドラゴンフルーツという名前、聞いたことはありますか?中南米を原産地とする、サボテン科の輸入果物。正式にはピタヤといいます。見た目は鮮やかなピンク、そしてとげのようなヒダヒダに包まれています。触ると柔ら …

【美容】睡眠時間は何時間あれば十分?もっと睡眠の質を高めるには?

美容のためにもできれば確保したい睡眠時間は、果たして何時間あれば十分なのでしょうか。また、睡眠の質を上げるためには何ができるのでしょうか。今回は美容のためにするべき睡眠を紹介します。   C …

高濃度ビタミンC美容液~高濃度ビタミンC誘導体の美肌効果!

Contents1 エイジングケアの美容液~たるみのない美白で横顔に自信♪2 肌タイプと好みのテクスチャーで美魔女に!2.1 シミ、そばかす2.2 しわ、たるみ、老化防止2.3 ニキビ、毛穴2.4 血 …

悩みに応じて使い分け?!おすすめのボディスポンジ

お風呂に入ったとき、何を使ってからだを洗いますか?からだを洗うものとしては、代表的なボディスポンジをはじめ、ボディタオル、ボディブラシ、ボディタワシなど、様々な種類があります。日本人はお風呂好きだと言 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です