Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

【マツエク】セルフでのオフをすすめない理由

投稿日:2017年9月21日 更新日: 38 views

 

マツエクのサロンが増え施術を受けるのも美容院と同じ感じになってきました。ただ、施術はそこそこお値段が張るしできることは自分でしたいものです。今回はマツエクについて特にセルフでのオフが可能か詳しくまとめます。

マツエク

 

マツエクは目元をぱっちりと見せるために自分のまつ毛に人工のまつ毛を専用の接客材を用いて装着する技術です。装着後は約1か月顔を洗っても取れることがありません。若い女性がつける物というイメージですが、最近は年齢に関係なく施術を受けておられます。

人気の理由

マツエクは長さや毛の量などを自分で選ぶことができるので思い通りの仕上がりになります。またノーメイクでもまつ毛は長いまま・ボリュームがあるのも女性としては嬉しいところです。さらに付けまつ毛と違い毎日装着する必要がないところも人気を集めている理由です。

デメリットも押さえよう

■サロンへ通う手間

早速出てきましたがセルフでマツエクが可能かという課題、正直難しいです。確かに一般向けにマツエク専用キットが販売されていますが、美容師さんなど毛をよくご存知で相当器用な方でない限り難しいです。毛並みが整った満足のいく目元を求めるならサロンへ行って資格を有した方の施術を受けるべきです。

■技術がないと残念なことに

マツエクを施術する人をアイスタイリストといいますが、美容師免許を持っていれば受けられる試験です。マツエクの技術自体は国家資格ではなく協会や団体がそれぞれ独自の資格を作り、その認定試験に合格した人が施術を行います。この試験も団体によって内容が異なり階級によって技術力も異なります。ただ、客側としてそういった資格に階級があるのかすら知らないし、そのお店に上級の方がおられるかなんてわからないですよね。口コミを見て行っても場合によっては納得がいかない仕上がりになることもあります。マツエクが浸透しつつありますが、技術に乏しい人しかいないサロンや詐欺まがいのサロンが存在することも知っておかなくてはなりません。

■定期的なメンテナンス

まつ毛が抜ける際にマツエクも一緒に抜け落ちるので体裁を整えたいなら定期的にサロンへ通いメンテナンスをしなくてはなりません。

■顔面に負担をかけている

マツエクの施術を受ける際にまぶたを引っ張ってしまいまぶたの筋肉に負担をかける他、まつ毛の重みでまぶたが重くなりそれでも目を見開くためにまぶたを挙げると額にシワができてしまいます。こういった負担を防ぐためにも高い技術を持ったアイスタイリストを選ばなくてはなりません。

■オフはサロンで

今回の主題になります。自分でマツエクをオフする方もおられますが、基本はサロンでオフをしなくてはなりません。

なぜセルフでのオフはすすめないか?!

 

■目に負担をかけるから

市販品としてリムーバーが出回っていることから簡単にオフできるイメージがしますが、サロンの接着剤は強力です。それを目の際に付けるのです。落ち着いて考えたらとても危険な行為だと思いませんか?!リムーバーが目に入ったときを想像すると恐ろしくなります。次項で詳しくご説明します。

■オフするリムーバーが異なるから

サロンによって使用する接着剤は異なり、サロンではもちろんその接着剤と相性の良いリムーバーでオフしています。市販品では綺麗に落とせない場合もありますよ。

セルフオフによるトラブル

基本はサロンでオフするべきなのになぜキットが一般人でも簡単に手に入るかというと「セルフでオフが良くないのはわかっているけれどやりたい」という需要が高いからです。しかし、みんながやっているから大丈夫ではなく、軽い気持ちで行うことではありません。想定できるトラブルを挙げるのでセルフでオフを考えている方は考えてみてください。

器用ですか?

サロンでマツエクをオフをする場合、受ける側は目を閉じてアイスタイリストの方が細心の注意をはらってリムーバーを貼付し丁寧に除去していきます。セルフの場合は片目ずつまつ毛と肌の間に湿らせたコットンを敷いてそれを押さえ、さらに鏡で確認しながらリムーバーを綿棒などに付けてエクステに貼付していきます。同時にやることがいくつもあり初めての場合や不器用さんの場合とても焦ります。この状態でリムーバーを目に入れることなく作業が可能でしょうか。少なからず目に入りしみてさらに焦るはず、そのリムーバーを除去する作業もあるので相当の時間を要します。またコットンを挟むとはいえリムーバーを長時間お肌につけるということに抵抗を感じませんか?!食器用洗剤でも肌荒れをするのです。施術に慣れているプロなら最短の作業でオフできますが素人はそうはいきません。目やお肌への負担を考慮するとセルフでのリスクは高い、これならサロンでオフしたほうが良いと思いませんか?!

地毛の減少

リムーバーが馴染むのを待てず無理にマツエクを引っ張ると地毛までたくさん抜けてしまい目元が寂しいことになります。まつ毛にもヘアサイクルがあるので規則正しい生活をしていればしばらくしたら新しく生えてきますが、それまで耐えなくてはなりません。目元のコンプレックス解消のためにマツエクをするのにオフを早まったりケチったりしたがためにコンプレックスを露呈するという恥ずかしいことはしたくないですね。

キューティクルの崩壊

髪の毛と同様、まつ毛にもキューティクルがあります。セルフで無理にオフしたがためにまつ毛のキューティクルを失い元気のない目元になってしまいます。

こんな病気にかかるかも

セルフでオフをしてしまったときに関わらずマツエクをしていて目に違和感を覚えた場合は眼科で診察を受けましょう。

急性結膜炎

結膜に炎症を起こします。目が充血したり目やにが出たりし、重症化すると視力の低下を招きます。

細菌性角膜炎

角膜の表面は上皮によって守られていますが、セルフでエクステをオフする際にマツエクがまぶたなどの中に入ったり無理に目をこすったりした場合、上皮を傷つけ細菌を侵入させてしまう可能性があります。そうなると角膜が炎症を起こし痛みや充血はもちろん、視力を低下させてしまうこともあります。

眼瞼縁炎・眼瞼皮膚炎

まつ毛の根元とまぶたに起こる炎症です。ただれや赤みが生じる他、かゆみも伴い慢性化する厄介な炎症です。

ドライアイ

涙の質が悪くなったり量が減少したりすることで目の表面をガードする機能が低下し起こる症状です。軽く見て放置したら手術が必要なほど悪化するケースもあります。

どうしてもセルフでオフしたい

セルフでのオフはおすすめしませんが、どうしてもサロンへ行けないときがあります。そんなときは目に負担をかけない方法で時間をかけてオフしなくてはなりません。施術を受けたときに「オイルクレンジングを使用するのはやめて」と言われます。それはオイルが接着剤を分解させマツエクの持続力が低下するからです。つまり、どうしてもマツエクをオフしたいときはオイルクレンジングを使用すればいいということです。ただし、この方法はマツエクをして3週間以上経って接着剤の能力が弱っているタイミングのみおすすめします。また、無理にオフしようという考えではなく数日かけてオフしていきます。

オフもプロに任せましょう

予定が詰まっているとサロンへ行くのがおっくうになりますね。しかし放置していては美しい目元が保てません。マツエクをする以上はメンテナンスを惜しんではいけません。これからマツエクをやってみようと考えている方はマツエクをしたらすべてサロンでお任せするという考えを持ちましょう。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

無農薬だからって安心出来ない!?無農薬の野菜がこんなに危険だったとは!

最近は食品にも健康や安全性が重視されており、特定保護用食品でおなじみのトクホのマークなどが流行りブームとなっています。さて、よくスーパーなどでも見かける、「私たちが作りました」などの売り文句で陳列され …

【潤滑油】ビタミンeの働きと効果

ビタミンeが私たちにどのような働きをするかご存知ですか?ビタミンAやCと相乗効果があることをご存知の方は多いけれど、あえてビタミンeのみ調べることって少ないですよね。今回はサポート役と思われがちなビタ …

どうしても痩せない方々へ。ダイエットはこうすれば必ず痩せる!その新しい方法とは!?

体型の維持は、自分を綺麗に見せるための大前提となっている条件ですよね?海外ならまだしも、特に日本は痩せている体型を非常に評価するお国柄でもあります。 今やこの問題は、女性だけでなく男性にとってもそうで …

美白効果抜群?!ハイドロキノンの実力とは

予防やケアをしているのに自然と日焼けをしてしまう、年齢を重ねるごとに若いころに作ったシミが出てきてしまう、多くの方が日焼けによる肌トラブルに悩んでします。肌トラブルは弱みのひとつ、そこにつけこむ悪徳業 …

【完全版】美肌になるための水の飲み方と美肌におすすめの水3選

美肌になるために意外と見逃せないのが「水」です。お肌や体に水分を補給することで、血行や新陳代謝を改善し、美肌を保つのに必要な栄養素のバランスを良くすることができます。 今回は美肌になりたいのであれば知 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です