プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

MCTオイルの効果は?!太るって本当?

更新日:

少し前に話題になったMCTオイル。MCTオイルはダイエットに効果があると聞いたけど、実際は効果が薄いということを知っていますか?流行りに便乗したら逆に太ってしまったという声もあるほどです。今回は、MCTオイルとはどういったものかを知らない方のために、MCTオイルについての基本的な知識や、MCTオイルが太る理由についてご紹介します。

 

MCTオイルとは

MCTオイルとは、Medium Chain Triglyceridesの頭文字をとったもので、すなわち中鎖脂肪酸が100%のオイルのことを指します。中鎖脂肪酸は、ココナッツなどのヤシ科の植物にも多く含まれています。美容利用が高いと言われるココナッツオイルには中鎖脂肪酸が約60%、同様にパームオイルには中鎖脂肪酸が約50%含まれているのに対して、MCTオイル中の中鎖脂肪酸は100%と、極めて高い数値を含んでいることがわかります。

 

オイルは、その主成分となる脂肪酸の構造によって特性が異なります。脂肪酸のなかでも中鎖脂肪酸は分子構造が短いことが特徴的です。連鎖する分子構造が短い中鎖脂肪酸は、分子構造が長い長鎖脂肪酸と比べて早く消化・吸収され、4倍ほどもの早いスピードでエネルギー化されると言われています。

 

したがって中鎖脂肪酸100%のMCTオイルは、体内にオイルを摂取しても吸収と分解が早いため、エネルギーとして変換されやすいとされています。その他一般的なオイルと比べて、一旦油分を吸収したとしても蓄積されにくい上からだのエネルギーとなるならば、ダイエットに効果があるのではないかと話題となっています。

 

いまやMCTオイルを利活用した食品は、ダイエットに効果的だとうたわれるだけではなく、スポーツや医療などの幅広い分野にわたって活用されています。

 

MCTオイルはダイエットに効く?

MCTオイルがダイエットに効果があると言われるのにはいくつかの理由があります。

 

MCTオイルは蓄積されにくい

まず第一に、MCTオイルは体脂肪として体内に蓄積されにくいからです。前述のとおり、中鎖脂肪酸100%を含んだMCTオイルは、キャノーラ油や大豆油などの一般的な油と比べて早く分解されエネルギーと変わります。摂取したオイルが体内に蓄積されて体脂肪となるのは、体内での滞在経路が長いためです。一般的なオイルは一度小腸にて消化・吸収されたあと、リンパ管を通って体内へ行き渡り、肝臓や筋肉、脂肪組織へ運ばれます。運ばれたオイルは必要分が分解され、余剰なオイルは体内に留まったまま体脂肪へと変化します。

 

一方でMCTオイルは、中鎖脂肪酸の分子構造の特徴から水に溶けやすいため、小腸で消化・吸収されたあとは直接肝臓に入ります。肝臓では分解作用が行われるので、体内でオイルの分解へと至る経路が短く、短期間でオイルの分解へと至りエネルギー化されやすいのです。

 

MCTオイルは糖質制限ダイエットのサポートになる

食事の際に糖質を含む食品を食べることを控える、糖質制限ダイエットが流行しています。糖質は人のからだのエネルギー源です。糖質を取り入れそれを分解するときにエネルギーが発生し、からだにはみなぎる力が沸いてきます。

 

糖質制限ダイエットにおいては、エネルギー源となる糖質を体内に取り入れないことで、代わりに余分な体脂肪を使ってエネルギーに変換しようとするからだの働きを利用します。十分なエネルギー源が体内に存在しないということがわかった時に、人のからだは体脂肪からケトン体という物質を作り、その過程で体脂肪が減らされることでダイエット効果が期待できるというわけです。

 

MCTオイルは、摂取したあとに比較的早く肝臓に到着し、肝臓で分解される時にはケトン体が生成されます。この時の仕組みが糖質制限ダイエットと似たような状況を生み出すため、MCTオイルを摂取・分解することで体内には多くのケトン体が発生し、糖質制限の働きと同様に体脂肪をケトン体に分解する効果が高まります。このことは糖質制限ダイエットをしている人には心強く、MCTオイルによってダイエット効果が表れやすいからだ作りができると考えられているのです。

 

MCTオイルが太る理由

MCTオイルについて知れば知るほどダイエットに高い効果があると感じられ、ダイエットや流行に関する話題に敏感な人ほど、日常的に使用するオイルをできる限りMCTオイルに替えてしまおうと考えます。しかもMCTオイルはオイル自体に味や色やにおいもないため、料理においては汎用性が高くて使いやすいため、良いことづくしのように感じられるのです。

 

しかし、気をつけておかなければならない点があります。MCTオイル自体はもちろんオイル=油=カロリーは存在します。いくらMCTオイルがダイエットに効果があると聞いたからといって、必要以上にMCTオイルを摂取してしまってはいけません。結果として体内に摂取する総カロリー数が高くなってしまうために、ダイエット目的で使用したMCTオイルが反対に体重増加を促すなんていうことも珍しくはありません。「○○オイルによる美容効果」「○○ダイエットがもたらす劇的変化」などと印象的に目を引くような言葉が並ぶ現代です。オイルひとつとっても様々な広告があふれているので、MCTオイルも同様に、ダイエットに効果があるからと過剰摂取することはやめましょう。

 

またMCTオイルは、オイルを使用して一緒に料理した他の食材については特に相乗的な効果を発揮しません。わかりやすく例を挙げると、MCTオイルを使ってとんかつを揚げたとしても、豚肉や衣の持つ油感やカロリーについては、MCTオイルはなんの効力を持っていないのです。

 

MCTオイルを使ってさえいればどんな食材を使って料理をしても大丈夫だと思っている人は、ここに落とし穴があります。たとえMCTオイルを使っていたとしても、一緒に料理する食材が脂身を多く含んだ肉類が多かったり、偏った食生活をしてばかりいると、MCTオイルの効果よりも食材のカロリーのエネルギーが上回ります。そのうちに余分なエネルギーが体内に蓄積され、体脂肪が増えてしまうのです。MCTオイルはあくまでもダイエットの補助でしかないと考えなければいけません。結局は規則正しい食生活や、総カロリーを気にしたバランスのとれた食生活を心がけるような、コントロールできる食生活が大切だと言えます。

 

MCTオイルに効果がなく、結果として体重増加につながってしまうとされる大きな理由は、MCTオイルという存在に頼りすぎるその人の依存心があります。MCTオイルを上手に使うことができればダイエットにも効果が表れますし、間違って使ってしまうと反対に体重増加を加速し、余計に自信をなくしてやけ食いや体重コントロールの悪循環へと陥ってしまいます。MCTオイルを使いこなすためには、その特徴と使い方、そして効果をよく確認しておくことが必要です。

 

Sponsored Link

頼りすぎると効果がない!太る可能性もあるMCTオイル。

MCTオイルは一般的なオイルと比べても、ダイエットを促進するような特徴のあるオイルのようにも考えられますが、モノ自体はオイル=油です。その点を忘れないでおきましょう。流行やCMなどの宣伝に流されてしまうと、ただMCTオイルを摂取するだけで痩せられるような錯覚に陥ってしまいます。MCTオイルは使い方によってはダイエット効果を発揮しないどころか、逆効果すら起こりうるオイルです。MCTオイルダイエットをしているつもりなのに、うっかり太ってしまったなんてことがないように気をつけておきたいですね。ひとつのものに頼ることはほどほどに。バランスのとれた食生活や規則正しい生活習慣を基本として、無理ないダイエットを進めていきましょう。

 

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 AllRights Reserved.