Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

むくみやすい食べ物を知ってすっきり美人目指しましょう!

投稿日: 135 views

お顔や身体のむくみを感じた事は誰にでもあると思います。むくみは乱れた食生活にも原因があるようでむくんでしまってから対処するのではなく、むくんでしまわないように体を作る事が重要ではないでしょうか。そのための選ぶべき食べ物とむくむ原因も一緒にみていきたいと思います。

 

むくみとは?

むくみは、血液中の水分が滞ってしまった時に起こる症状。寝起きに鏡を見るとお顔がむくんでいたり、夕方になると足がパンパンでパンプスがきついと感じたりすることもありますね。お顔のむくみや足のむくみには様々な要因があります。

 

むくみの原因は?

1.一時的なむくみは重力にある

デスクワークや、立ちっぱなしで同じ姿勢を続けることによって起こる一時的なむくみは

生理的なもの。人の身体の構造上の問題で重力に従って足に血液が滞りやすくよって血行が悪くなりむくみとしてあらわれます。一時的な足のむくみは一晩寝る事や数日でほとんど解消されます。また、むくみ方が酷い、改善されない場合は医療機関で診てもらう事もむくみ解消にもなりなにより安心ですね。

 

2.運動不足によるリンパの停滞

リンパは体の中でゆっくり循環しているもの。リンパには血液でいう心臓のようにポンプになる物がなく、リンパが循環するには筋肉や周りの組織が動いた時に循環します。そのため、筋肉を動かさないとリンパが循環せずむくみの原因になってしまう事になり、とくに心臓から遠い足は循環が滞りやすくむくみやすくなります。運動はむくみにとって欠かせないものになります。

 

3.食生活の乱れ

むくみに繋がる原因として食生活は重要な役割になります。アルコール、塩分や水分を摂りすぎなどはむくみに繋がります。アルコールを摂りすぎた翌朝にお顔がむくんでしまったことありませんか?それは、血液内の水分が血管の外に出たことで起こったものです。また、ビタミン、ミネラル、タンパク質の不足からもむくみやすくなります。食生活の乱れはむくみを作ってしまう大きな原因になります。

 

むくみやすい食べ物を知ってむくみ改善

むくみの原因で少しお話しましたが、食事はむくみについて重要な役割。むくみやすい食べ物を理解してむくみ改善をはかってみましょう。

 

1.アルコール

アルコールは、ストレス解消にもなり少しの摂取なら健康にも良い飲み物ですがアルコールには利尿作用があり多く摂りすぎる事で水分が足りないと体が認識して水分をため込んでしまう作用が起こってしまいます。翌朝のお顔のむくみもアルコールによって代謝水を溜め込んでしまった結果のむくみ。アルコールの過剰摂取は控えるようにすることが大切です。また、アルコールに付き物のおつまみは塩分が多くアルコールをつい進めてしまう理由になる事もあり、なるべく塩分少なめなおつまみを選ぶ事を意識する事もむくみ改善に繋がります。

 

2.塩分が多い食べ物

むくみと塩分の繋がりはとても大きいです。塩分にはナトリウムという成分が多く含まれています。ナトリウムは生きる上で欠かせない成分ですが摂りすぎると体内の水分量が増え排出されるまで時間がかかってしまい結果むくみに繋がってしまいます。ただし、塩分は生きる上で必要不可欠で運動をした後や熱中症対策などでも塩分は必要な物なので過剰摂取に気を付ける事がむくみ改善に繋がります。

 

インスタント食品

インスタント食品は手軽で美味しい食品ですが、塩分が多くむくみの原因になる食べ物としても挙げられます。カロリーも高くダイエット中の女性にはなかなか手が出せない食べ物でもありますが過剰に摂るとむくみやすくなるので過剰摂取は控えるようにしましょう。

 

加工食品

ハムやベーコンなど加工食品にも塩分が多く含まれます。塩分が多いと喉が渇いて水分を摂りこみ体内の過剰な水分が排出されにくくなりむくみに繋がってしまいます。ハムやベーコンは日常に欠かせない食べ物です。過剰摂取でなければ問題ありません。自分で意識する事が大切です。

 

かまぼこなどの練りもの

かまぼこ、はんぺん、さつま揚げなどのまさしくおでんの材料ですが、練りものも塩分が高くむくみやすい食べ物に挙げられます。寒い冬などにはついつい量を食べてしまいがちですが少しだけ控えめにすることがむくみにくい身体を作る事になるので気を付けてみましょう。

 

漬物や梅干し

漬物や梅干しは塩分濃度が高い食べ物です。どちらも、保存するために大量の塩を使います。健康に良いとされる梅干しやごはんのお供の漬物も過剰に摂るとむくみを引き起こしやすくなるので量を加減して摂るようにしましょう。

 

他にも塩分の多い食品は沢山あります。

(うどん、そうめん、塩辛、カットわかめ、たらこ、昆布、固形コンソメなど)

 

3.身体を冷す食べ物

身体を冷やすことは血行不良になりむくみを引き起こします。冷たいアイスクリームなどは、甘くて美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいがちですがむくみが気になる方は控えめにすることを心がけてみましょう。夕食に近い時間帯を避けてみるのも良い方法です。

また、身体を冷やす野菜を摂りたい場合は、温野菜にするなど工夫してみましょう。

 

まとめ

むくみと食べ物の繋がりはお解りいただけましたか?日常生活においてアルコールや塩分は切っても切れない物ですが、少し意識して食事を摂るようにしてみて下さい。それだけでもかなりむくみは改善できる事でしょう。夏に向けてむくみのない身体作り始めてみましょう。

 

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

ウルトラフォーマー3を実際に当ててみた!そのレビューと本音の意見や効果

最近はテレビでも、就活でも、恋愛でもなにかと重要視される外見などの見た目の雰囲気。日に日にそれを気にする人達は増えていってる気がします。そして、まるでそれに呼応するかのように多種多様化していくコスメグ …

ファスティングに野菜ジュースは危ない?グリーンスムージーとの違いとは

ファスティングは、ダイエットのために行う人もいます。もともとファスティングは、ダイエットのためではなく、絶食療法として行われたものなのです。 それでも食べることを断つファスティングは、ダイエットへの効 …

【短期間】即効で違いがわかる!簡単にお尻が痩せる!すぐ出来て効果がある運動・エクササイズ6選

女性の憧れである痩せてキュッと引き締まったお尻。そのようなお尻がある人は、後ろからの姿が大変魅力的で、「こうなりたい!」と思うのではないでしょうか。でも食事制限をするのも痩せるために運動するのも大変。 …

話題のスーパーフードをご紹介します!最強のスーパーフード3選

スーパーフードの知名度については、果たしてどの程度なのでしょうか。その存在を知らず、スーパフードとは無縁の食生活を送る人々は多くいます。しかし、スーパーフードは、健康に良い食品として海外からも高く評価 …

【皮下脂肪と内臓脂肪】危険度の見分け方・落とし方

最近は若年層からスタイルを気にしてダイエットする方がおり、スリムな女性が増えました。きれいになるのはいいけれどただ痩せることを優先し体の中が脂肪まみれの方も少なくありません。今回は脂肪の付く場所(皮下 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です