Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

健康

足に現れるむくみの原因4つとその解消法!

投稿日:2017年3月9日 更新日: 248 views

1日中デスクワークや立ち仕事をしていると、夕方頃になってふくらはぎがパンパンになり、履いている靴がキツク感じるといった経験をしませんか?
医学的にむくみは浮腫(ふしゅ)と呼ばれ、とくに女性に見られやすい症状であるとされています。足にむくみが出ると、だるさを感じて辛くなりますよね。しかもこれがなかなか解消されない。

 

今回はむくみを引き起こす原因と、足のむくみを解消するための方法をお伝えします。日頃むくみに悩まされている方は、ぜひ参考のひとつとしてください。

 

そもそも”むくみ”ってなに?

症状を見て「これはむくみだ!」と言うことができても、むくみがそもそも何かを理解できていない方は少なくありません。むくみは、私たちの体内を巡っている血液と深い関わりがあるのです。つまり、血液循環に滞りが生じるとむくみが現れます。

 

血液循環では心臓がポンプ活動を行うことにより、体内の静脈を通じて血液が食事などから摂れた栄養分や水分を体中の細胞へ送り届けています。供給と同時に、体内で不要となった水分を静脈やリンパ節といった場所へ戻し、再び新しい栄養分や水分を送り届けます。

 

リンパ管がうまく流れないなど不具合が起きると、本来戻ってくるべき水分が血管内で詰まり、状態が解消されずむくみとなるのです。

 

足に現れるむくみの原因とは?

むくみがどのようにして現れるかについては、前述の通りです。では具体的に、むくみを引き起こす原因としてどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

下記で確認をしていきましょう。

 

原因1. 長時間立っている

 

長い時間立ったままでいると、重力の影響により血液が下半身へ溜まりがちとなります。そして、前述したように血管内を走る血液が静脈やリンパ管へ戻りづらくなるのです。立ち仕事をしている人に足がむくみやすいのは、このような理由があるから。

 

可能であれば適度に屈伸をする、ほんの少しの時間でも椅子に座り、血液循環に滞りができないようにしましょう。

 

原因2. 運動不足による筋力低下

運動不足などで足に筋肉量が少ない方、筋肉が委縮されている方は足にむくみが出やすい傾向にあります。理由は、血液循環をさせるポンプの役割を足の筋肉が担っているため。

 

足の筋肉が収縮することで勢いよく血液循環を促しますが、筋肉が衰えていると収縮する力が弱くなるため、カラダの隅々まで血液を循環させることができないのです。

 

結果、下半身に水分が溜まりやすくなりむくみを生じます。足の筋肉に刺激を入れるために、移動は階段を使う、自宅でつま先立ちを何回かするといった取り組みを心がけて解消していきましょう。

 

原因3. 水分や塩分を摂り過ぎている

水分や塩分を摂り過ぎてしまうと血液中の水分が増えるため、血管内で余った水分として溜まりがちとなり、むくみを生じます。ここで大切なことをお伝えします。

 

水分を摂ることがむくみの原因だからと、水分を摂らない方がいますが水分補給はしっかり行いましょう。私たち人間のカラダのおよそ60%は水分からできており、とても重要と言えます。

 

1日に5リットル、10リットルと水分を飲んでいると過剰と言えますが、目安として1日1.5~2リットルの水分補給をおこないましょう。これで少し解消されるはずです。

(※水分補給はできるだけ水にしましょう。ジュース等は糖類を多く含んでおり、むくみの原因となります)

 

原因4. 肝臓が弱っている

肝臓機能がうまく働かなくなると、排泄機能が低下するため体内で余分な水分が溜まりがちとなり、むくみとなります。とくに日頃お酒を飲まれている方は注意が必要と言えます。アルコールは肝臓へ大きなダメージを与えているため、休肝日を設けるなど肝臓をしっかりと休めてむくみを解消してみましょう。

 

足のむくみを解消したい!原因が分かったら対策しよう!

足のむくみ、大変ですよね。痛いし、見た目的にもよろしくない。。足のむくみを解消するにはその原因を治してあげないといけません。その方法は大きく分けて、だいたい以下の2通りに分かれてきます。

 

足のマッサージをしてむくみを解消する方法

良く聞く単語でリンパというものがありますが、このリンパを流してあげることで血流を良くし、足のむくみを解消するというのがまず一般的です。第一歩としては、太ももの上の部分、股と股の間の付け根になるリンパをマッサージして流してあげましょう。それからひざへ、足へと降りていきながら、リンパが流れていくイメージで足をマッサージしてあげるとむくみが解消されやすいです。体が固い方は柔軟ストレッチもしてあげましょう。本当にこれだけで、次の日のむくみが全然違いますよ。足を横に開いたり、縦に開いたりして若かったころの柔軟さまで戻してみましょう!きっと今までよりもグンと足のむくみが解消されるのを感じるはずです。

 

食事の栄養バランスを見直して、内側から足のむくを解消する方法

1人暮らしなどでありがちなのがコンビニのお弁当で済ましてしまう方や、外食で適当に済ませてしまう人。確かに手頃で楽で、美味しいのですがこれらの食事は大変、美味しく作れらているので本来摂るべき栄養バランスとはかけ離れており、体に優しくありません。特に塩分の超過は足のむくみを解消するのに良くないので、当てはまる方は足のむくみのためにも控えていきましょう!

 

しばらく改善されない場合は病院へ

ここまでで、むくみができる原因についてご紹介いたしました。しっかりとおさえることはできていますか?

 

また、足にむくみが出てしばらく改善が見られない場合や慢性化している場合には、病院へ行くことをおすすめします。前述の原因以外にも、心臓が弱っているため血液をうまく送り出すことができていない、血管内でトラブルが起きているといったサインであることも考えられます。

 

おわりに

ここまでで、むくみが何か!どのようなことが原因で足にむくみが現れるかについて説明してきました。

むくみは血液循環と深い関わりがあり、今回紹介をした4つの原因以外のきっかけでも生じる可能性があります。

 

足のむくみ対策として、下記項目を意識的に取り組みましょう。

 

 

■立ち仕事では、できるだけ屈伸や椅子に座る機会を作る

■階段移動を心がけるなど、足の筋肉に刺激を与える

■減塩、水分は1日に1.5〜2リットルを

(水分はできれば水を。ジュースなどは糖分を多く含むため、むくみの原因となりやすい)

■お酒を飲まれている方は、休肝日を設けるなどして肝臓を休める。

以上となります。

 

むくみに改善が見られなかったり慢性化している場合は、体調不良のサインであることも考えられるため、病院へ行き診てもらいましょう。

 

Sponsored Link

-健康

執筆者:

関連記事

納豆菌が危険って知ってた?危険視される理由や安全な食べ方をご紹介

納豆=カラダに良いものというイメージをお持ちの方は非常に多いのではないでしょうか。実はそんな健康食品の代表格の納豆も実は危険な食べ物だと認知されてきました。そこで今回はなぜ危険なのかについて詳しくまと …

抗糖化に良い食品とは?他のポイントもご紹介!

糖化に対しての関心度が低いと、どんどん糖化が進んでしまう可能性があります。そのため、糖化とは何かという点からきちんと学ぶ必要があると思います。また、体の糖化をなるべく防いでいくという意味でも、抗糖化の …

冷え性を起こす2大原因と対策

冬場はもちろん、夏場でもエアコンなどの影響により、季節問わず手足が冷たいと冷え性に悩む女性は少なくありません。今回は、冷え性となる原因からどのようにアプローチをすれば改善にむかうのかといった対策をお伝 …

話題のスーパーフードをご紹介します!最強のスーパーフード3選

スーパーフードの知名度については、果たしてどの程度なのでしょうか。その存在を知らず、スーパフードとは無縁の食生活を送る人々は多くいます。しかし、スーパーフードは、健康に良い食品として海外からも高く評価 …

ピロリ菌の除菌に失敗?!原因はなに?

そこそこの年齢に達するとピロリ菌が居た居ないの話題が挙がり、なかには「除菌に失敗した」という声を耳にします。そもそも自分が感染しているのか気になるし、医療機関を受診し治療しているのになぜ失敗するのか疑 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です