プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

後頭部に「こり」が生じる原因や対処法について

更新日:

「こり」の症状に困っている人は多いです。では、後頭部の「こり」を感じる場合、その原因は何なのでしょうか。放置していると、大きな問題につながる可能性もあるため、早めに対処しなくてはなりません。そこで、本文ではその対処法についてもご説明します。

Sponsored Link

「こり」って何?

よく、「肩こり」や「首こり」という言葉が聞かれますよね。特に、肩こりの方については、実際に大半の人が経験しているでしょう。強い痛みではないものの、感触としてはすごく嫌な症状ですよね。では、「こり」というのはそもそもどのような状態を指すのでしょうか。この点については知らない人もいますので、まずはその点から見ていきましょう。

筋肉が硬くなっている?

基本的に、筋肉に対する命令系統の問題が生じることによって硬くなってくると「こり」の症状が現れます。そうなってしまう原因としては、いろいろ考えられます。長い時間悪い姿勢でいること等が一例です。そのため、誰でも肩こりになる可能性があるのです。

ハリとの違いは?

人によっては、「こり」と「ハリ」の区別がついていないでしょう。確かに、「ハリ」についても、筋肉の硬さが特徴となります。しかし、どのような原因による硬さかという点で、違いがあるのです。

「こり」が、収縮からくる硬さなのに対して、「ハリ」は伸びからくる硬さです。そのため、大きく違うことが分かりますね。

後頭部の「こり」・・その原因とは?

肩こりの問題で困っている人がいる一方で、後頭部の「こり」によってストレスを抱える人もいます。肩こりであれば原因もイメージしやすいですが、後頭部の「こり」となると原因の分析が難しいですよね。そこで、その原因と、放置することによる問題について見ていきましょう。

後頭下筋群などの硬さが原因かも?

基本的に、後頭部の「こり」については、「こり」を感じるその部分の硬さが原因になっているわけではありません。原因として考えられるのは、後頭下筋群や脊柱起立筋などの硬さからくる交換神経の問題です。

では、この後頭部の「こり」を放置すると、どのようなリスクが心配されるのでしょうか。次にその点について見ていきましょう。

脳のパフォーマンスに影響が出る恐れも

脳に対しては、スムーズに血液が送られることが望ましいです。しかし、後頭部の「こり」の症状が現れている場合、血行不良に陥っている可能性があります。脳への血液の流れがよくないということだと、脳のパフォーマンスがダウンする可能性があります。仮にそうなると、普段の仕事などに影響が出るかもしれませんので、重大な問題ですね。

後頭部の「こり」に対する対処法とは?

後頭部の「こり」の原因として考えられるのは一つではありませんので、複数の対処法を知っておく必要があります。「後頭部を揉めばいいのでは?」という声もあるかもしれませんね。確かに、それで一旦は症状が和らぐかもしれません。しかし、根本的な対処にはなっていませんので、すぐにまた同じ症状が現れる可能性があります。では、一体どうすればいいのでしょうか。

原因になりうる筋肉のストレッチやマッサージ

後頭下筋群や脊柱起立筋などの硬さが、後頭部の「こり」の原因になりうるという点は、すでにご説明しています。であるならば、そういった筋肉をほぐすことで、症状が改善する可能性があります。また、予防にもなります。筋肉をほぐす方法については、ストレッチやマッサージが挙げられますので、積極的にやってみましょう。

整体院や整形外科で診てもらうという手段も

前述したのは、セルフでの対処法です。それとは別に、専門家に診てもらうというのも一つの手段です。「こり」を診てもらいたい場合、整体院や整形外科がオススメです。整体院については、施術は受けられますが、医療機関とは違います。そのため、基本的には医師がいませんし、医療行為は受けられないということになります。それに対し、整形外科については、医療機関です。そのため、医療行為を受けることも可能です。

そうなると、「整形外科の方がいいのでは?」という声も当然出てきますね。しかし、突発的なケガではなく、医療の範囲とは別の慢性的な問題に悩んでいる場合は、整体院の方が適しているケースも多いです。

Sponsored Link

「こり」は早めに解消しよう!

「こり」の症状というのは、強烈な痛みというわけではありませんので、そのまま放置してしまう人も多いです。しかし、「こり」によるストレスをずっと抱えたままというのはよくないですし、その「こり」が重大な疾患につながる可能性もあります。そのため、早めに対処することが大切です。

また、「こり」の症状が出てきてから対処するということも大事ですが、予防することも大事です。そのため、日頃からストレッチや筋トレなどを行うことによって、「こり」が生じにくい身体づくりをしてみましょう。もちろん、普段から良い姿勢を心掛けるなど、生活習慣に気を配ることも重要です。

いま通ってる脱毛サロン、満足してる?

脱毛サロンおすすめランキング

勧誘しない!痛くない!返金システムありの脱毛サロンのおすすめランキング!

脱毛サロンの乗り換え割もあります!

今年もお得なキャンペーンを続々実施してますね!

  • 月々990円キャンペーン!
  • 5回分0円キャンペーン!
  • 2ヵ月0円キャンペーン!

 

Sponsored Link
 

-美容
-,

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.