Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

健康 美容

ピロリ菌の除菌に失敗?!原因はなに?

投稿日:2017年8月16日 更新日: 62 views

そこそこの年齢に達するとピロリ菌が居た居ないの話題が挙がり、なかには「除菌に失敗した」という声を耳にします。そもそも自分が感染しているのか気になるし、医療機関を受診し治療しているのになぜ失敗するのか疑問を抱きます。今回はもしもピロリ菌に感染していた場合、どうすれば失敗せず除菌できるかについて調べます。

ピロリ菌って?

まずはピロリ菌とは何かをご説明します。ピロリ菌は細菌(バクテリア)の一種で感染している場合、胃の中を自由に移動しています。嘔吐を繰り返したとき胃や喉などが荒れることから胃酸って強いというイメージを持ちますよね。なぜピロリ菌が胃酸がある胃の中で生息できるかというと、胃の中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解しアンモニアを酸で中和する力を持っていて自分を守っているからです。また、ピロリ菌は体内のみに生息しているわけではありません。本来乾燥に弱く大気中では生きていくのが難しいのですが、ジメジメしピロリ菌にとって住みやすい環境が整っているならば体外でも生息することが可能なのです。一説ではゴキブリがピロリ菌を運んでくるとも言われているので水回りを清潔に保つ大切さがわかります。

感染する理由

私たちの祖父母の時代は上下水道が完備されていても衛生環境が整っていたわけではなかったのでピロリ菌に感染していることは珍しくありませんでした。特に昭和30年以前に生まれた方の多くが感染しており先進国の中で群を抜いて高確率ですが、衛生環境が良くなってから生まれた20代30代の日本人感染者は減少傾向です。しかし免疫力が低い赤ちゃんの頃に親などの口を介して(食べ物を口の中で細かくして)食べ物を与えられていた方は経口感染している可能性があります。さらに井戸水で育った方もピロリ菌に感染している可能性があります。

ピロリ菌に感染しているか知る方法

ピロリ菌に感染しているか知るには医療機関にて検査を受ける必要があります。検査方法を簡単にご紹介します。

■呼気を用いた検査

尿素を飲んだ前後の呼気を集めてピロリ菌の有無を調べます。

■内視鏡を用いた検査

内視鏡を用いて胃の粘膜を採取しピロリ菌が培養されるかを検査します。

■便を用いた検査

便の中にピロリ菌が存在するか調べる検査です。

■抗体検査

血液を採取しピロリ菌に対する抗体があるか調べる検査です。私たちは細菌に感染すると抗体を作るのでその有無を調べるのです。

放置は可能か

 

ピロリ菌に感染した多くの方が胃体部胃炎を患い胃粘膜が萎縮します。胃粘膜が萎縮してしまうと塩分の多い食事やストレスなどさまざまな攻撃に弱くなり慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍など、さらには胃がんのリスクを高めるとも言われています。日本人の胃がんの発症率が高いこと、がんの恐ろしさもご存知のはず、検査でピロリ菌に感染していることが判明した場合は医療機関で除菌をすすめられるのですぐに除菌しましょう。

治療の流れ

治療の流れを簡単にご説明します。

①内視鏡で胃の状態をチェックします。

②ピロリ菌の有無を検査します。

③特別な病気がない場合、ピロリ菌の除菌を開始します。

④4週間以降に除菌できているか検査をします(便による検査)。

除去する方法

具体的には医療機関にて2種類(アモキシシリン・クラリスロマイシン)の抗生物質と胃酸の分泌を抑制する薬が処方され1日2回1週間服用した後に判定検査を受けます。ほとんどの方が1回で除菌に成功しますが、もしも除菌できなかった場合は抗生物質を変えてもう一度同じ流れで除菌(再度7日間薬を服用する)を行います。医療機関でピロリ菌に感染していることが判明している場合や慢性胃炎であることが検査で判明している場合は保険が適応されますが、すべてが終わるまでに約2万円はかかると考えたほうが良いでしょう。

なぜ失敗するのか

 

それは「 抗生物質が効かなかった」からです。考えられる理由を挙げます。

■薬の飲み忘れ

■意図的に服用をやめてしまった

■胃酸を多く分泌するものを摂取した

■ヘビースモーカー

私たちは忙しくしているのでつい飲み忘れてしまいます。出張など出先では面倒に思ったり忘れたりしがち、しかし薬を中途半端に服用すると薬に対抗する耐性菌ができてしまうので、せっかくの除菌が無駄になってしまいます。また、まれに下痢を起こす方がおられ薬の服用をやめてしまう場合もあります。さらに服用に際しいくつか注意事項があり特に胃酸の分泌を促進させるアルコールやコーヒーの摂取はひかえるべきと言われます。クリニックによっては喫煙も控えるよう注意されます(除菌できなかった方の大半が喫煙者というデータがあるため)。こういった注意事項を守らないと抗生物質の効果を期待できません。

失敗するもの?

そもそも病院で治療するのになぜ失敗するのかと疑問に思いますが、除菌に失敗する原因はご本人にあります。医療機関にて医師の注意事項を守り薬を服用していればほとんどの患者さんが除菌に成功しており、たとえ1回目に失敗しても2回目で9割以上の患者さんが除菌に成功されているというデータがあります。つまり私たちが用量用法をきちんと守れば失敗することはないのです。原因は個人の勝手な判断です。

失敗しないために心がけること

①飲み忘れない

処方された薬は用量用法を守って服用するようにしましょう。飲み忘れないようにするには、薬が目につきやすいところに置いたりよく見る場所、例えば冷蔵庫に注意を喚起する張り紙を貼ったり家族に声をかけてもらったりするとよいです。

②用量用法を守る

必ず医師の指示に従い服用しましょう。

③アレルギーの有無を医師に伝える

薬を服用後に身体がかゆくなったり下痢を起こしたりした経験がある場合は医師に必ず伝えるようにしましょう。抗生物質の種類を変更してくれます(保険適応外)。

④必ず検査を受ける

初回除菌後4週間以降にピロリ菌の除菌ができているか検査をします。忙しいとは思いますが必ず検査を受けましょう。

⑤除菌できても安心しない

除菌が成功したからOKというわけではありません。胃粘膜が正常に戻るのに時間がかかるし感染していた期間が長いほど注意が必要です。気になる方は定期的に検査を受けるとよいです。

自分だけの問題ではない

近い将来慢性胃炎や胃潰瘍になったりしても除菌しなかった自分の怠慢からなので仕方がないことですが、我が子に感染したら辛くありませんか。自分は口から物は与えないと決めていてもどうしても与えなくてはならない環境下で子どもが求めたら親なら与えてしまいますよ。少しなら大丈夫という考えが間違い、自分がピロリ菌の除菌に失敗したばかりに次の世代にも病気のリスクを与えてしまうのです。きちんと除菌しておけばよかったと後悔しても遅いので、もしも検査で感染していることが判明した場合は必ず除菌しましょう。

最後に・・・

最近ピロリ菌に効果があるという食品が出回っていますが除菌できるのは医療機関で処方される薬のみです。そういった食品を継続し口にした後、ピロリ菌の有無を検査してほしいと医療機関を受診される方がおられます。こういった理由での受診は保険適応外だし食品によって除菌されている可能性は低いです。また、除菌後に口臭が気にならなくなったという方がおり、こちらは科学的根拠があるようです(口臭の原因の約1割は内臓のトラブルからくるもの)。

Sponsored Link

-健康, 美容

執筆者:

関連記事

老化防止ホルモンってなに?!老けたくない方必見

『老けたくない』『若々しさをいつまでも保ちたい』という気持ちは女性のみならず男性も感じているのではないでしょうか。今回はそんな美意識の高いすべての方へ老化防止ホルモンについて詳しくご紹介いたします。こ …

リンパマッサージで痩せるなんてウソ!ホントの効果とは?

ヒトのカラダの中は、半分以上が水分だということは有名な話です。年齢によっても多少は差があるようですが、約60%は水分でできているというのですから、水分コントロールは体重にも大きく影響するわけです。 体 …

1週間で3kg痩せる!ダイエット中に食べる食事制限レシピ

ダイエットって大変ですよね。体重を早く落としたいって焦る気持ちが先走って思わず絶食ダイエット、または無理な食事制限ダイエットを続けてしまいリバウンドしてしまったり、体重は落ちたかも知れないけど今度は肌 …

季節の変わり目のゆらぎ肌。春の肌荒れを予防して乾燥対策を!バリア機能を強化しよう。

Contents1 年に4回訪れる、季節の変わり目のゆらぎ肌とは2 ゆらぎ肌の状態になってしまう原因は?2.1 花粉が増える時期だから2.2 紫外線が強くなるから2.3 寒温差が激しくなるから3 バリ …

乾燥肌だけじゃない!?オイリー肌にも効果的『オイル美容法』!

海外の人たちから『日本人の肌は美しい』と称賛されていますが、しかし多くの日本人がニキビや黒ずみ、乾燥やシミなどに日々悩まされています。 日本人の肌質は、非常にキメが細かく乾燥しやすい体質で、約70%以 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です