Puuri

プーリ【美容・恋愛・結婚・メンタル】日々を楽しく美しく生きたい!

その他

ピロリ菌とは?ヤクルトとの関係性についても説明します!

投稿日: 149 views

ピロリ菌については、体に悪影響を与える菌として有名です。この菌が存在したまま放っておくと、予期せぬ事態になる可能性もあるため、早めの対処が必要になります。そこで、この菌の特徴や、対処法、そして予防法などについて説明していきます。また、ヤクルトとの関係性についても触れていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

ピロリ菌とは?

ピロリ菌については、細菌の一種です。健康に悪影響を与えるものであり、胃に住みつくことが特徴です。「え、胃って胃酸があるから細菌は存在できないのでは?」と考える人もいるでしょう。とても鋭い指摘ですが、ピロリ菌は胃酸に耐えることができます。その点では、とても特徴的な細菌と言えそうです。

また、ピロリ菌に感染している人はとても多く、感染経路についても複数あります。その一つが、水を飲むことによる感染です。ただし、現代の日本というのは衛生面が十分に向上しているため、水道水を飲んだからと言って、ピロリ菌に感染することは基本的にありません。大昔、井戸水を飲んでいた時代というのは、多くの人がその井戸水が原因で感染したと言われています。

ピロリ菌を放置するとどうなる?

ピロリ菌に一度感染してしまうと、適切に菌を除去しない限り、そのままピロリ菌が存在し続けることになります。そうなると、さまざまな病気のリスクが増大します。具体的には、胃炎などです。また、胃がんになるリスクも大きくなります。

この理由は、ピロリ菌の感染により、胃の防御力が落ちてしまうからです。そのため、ピロリ菌に感染しているのではあれば、なるべく早く除菌しなければなりません。では、そんなに簡単に除菌できるものなのでしょうか。次の節では、その点について説明してきます。

除菌の方法について

ピロリ菌が胃に存在するというのは健康上マイナスです。そのため、適切に除菌する必要があります。今回は、その除菌の方法について複数ご紹介します!

薬で除菌!

ピロリ菌に対する除菌療法というのは、確立されています。その名も、「3剤併用療法」と言われるものです。この方法では、プロトンポンプ阻害剤と抗生物質をそれぞれ服用します。また、抗生物質については2種類あることから、トータルで3剤ということになります。

「そんなに薬を飲むのはリスクがあるのでは?」という声もあるかもしれませんね。もちろん、リスクはゼロではありませんが、それほど深刻な副作用はでないとされています。よほど気になるということであれば、医療機関で診察を受けた時に確認してみましょう。

食べ物で菌を減らす!

食べ物によっても、ピロリ菌の数を減少させることが可能です。具体的にどんな食べ物が有効かというと、ヨーグルトです。ヨーグルトには、基本的に乳酸菌が含まれています。この乳酸菌が、ピロリ菌の除去に効果的と考えられているのです。

しかし、増えすぎたピロリ菌を短期間でしっかり除去するということなら、先ほどの「3剤併用療法」を選択した方がいいでしょう。

ピロリ菌はヤクルトで減らせるの?

「ピロリ菌にはヤクルトが効く」という噂を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、「ピロリ菌を除去する飲み物=ヤクルト」というように解釈してしまうのは適切ではないため、この節ではその点について具体的に説明していきます!

通常のヤクルトでは効果は期待できない?

一般に販売されているヤクルトには、一定の健康上の効果が期待されます。積極的に飲むことはおすすめできますが、ピロリ菌の除去という点の効果は期待できません。そのため、ピロリ菌をゼロにすることを目的にヤクルトを飲むというのはやめておきましょう。

胃や腸の健康には良い!

ヤクルトを飲むことでピロリ菌をゼロにすることはできませんが、ヤクルトの効果というのは胃や腸に及びます。また、乳酸菌シロタ株が含まれるヤクルトであれば、ピロリ菌の力を抑える効果が期待できます。

ピロリ菌の感染を予防するには?

先ほど、ピロリ菌の感染経路として、「水を飲むこと」を挙げました。もちろん、現代の日本の飲み水を飲んでピロリ菌に感染するということはありませんが、あくまでもそれは日本での話です。海外では、衛生的によくない水道水が存在する可能性があります。

そのため、そういった水を安易に飲まないことが、一つの予防になるでしょう。

ただし、ピロリ菌の感染経路というのは一つではありませんので、その点はよく理解しておきましょう。

まとめ

今回は、ピロリ菌の特徴や、除菌方法、予防法などについて見てきました。ピロリ菌の感染者というのはとても多いですので、「実は自分も・・・」というケースも十分考えられます。そのため、ピロリ菌に感染しているか否かが分からない場合、念のため検査を受けておくことをおすすめします。確かに、ピロリ菌による悪影響は深刻ですが、ピロリ菌自体の除菌方法は確立されているため、その意味では怖い菌ではありません。

Sponsored Link

-その他
-,

執筆者:

関連記事

食生活の乱れは問題あり?薬食同源の考え方について説明します!

人が生きていくにあたって重要なことの一つは、食べることです。多くの栄養素を日々摂取しなければならないわけですが、中には食生活が乱れてしまっている人もいます。では、そうなるとどんな問題が引き起こされるの …

アミノ酸の効果は?アミノ酸の飲み物もご紹介!

皆さんは、アミノ酸という栄養素をご存知ですか?テレビ番組でも、アミノ酸が取り上げられることがありますよね。しかし、この栄養素の具体的な効果については、知らない人も多いと思います。そこで、アミノ酸の摂取 …

ぎっくり腰の原因とは?お風呂に入ると早く治るの?

ぎっくり腰は、お年寄りに限った症状ではありません。若い人も、ぎっくり腰になる可能性はあります。そのため、ぎっくり腰の原因や対処法は早めに知っておきたいですよね!今回は、ぎっくり腰とお風呂の関係について …

話題のミドリムシダイエットとは?その効果は?

最近話題のミドリムシダイエット。テレビで紹介されてから広く知られるようになりました。初めて聞いたひとにとっては、虫?食べられるの?しかもダイエットとして?・・・はてなマークがたくさん頭の中に浮かぶので …

コレステロールを下げる飲み物4選!コレで健康体質を手に入れよう

コレステロールとは、たびたび耳にするワードではありますが、実際どんなものなのかわからないという方が多いのではないでしょうか。コレステロールとは、体内の細胞の膜を構成している成分でカラダにとってなくては …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です