プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

【乳酸菌のとりすぎは下痢になる!?そのとり方間違っていませんか?】

更新日:

「乳酸菌」と聞くと、おなかに効く良いものというイメージを持っていませんか?健康志向の高まるなか、乳酸菌を含む食品は積極的に摂取すべきだと考えている人が多いと思います。もちろん乳酸菌は健康的なからだにとって欠かせませんが、乳酸菌のとりすぎは不健康を招くかもしれないということがわかったら・・・?そして乳酸菌のとりすぎは下痢のもとになるって本当でしょうか?今回は、乳酸菌とはどんなものかを知った上で、乳酸菌をとりすぎた時の影響についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

乳酸菌と腸内環境

乳酸菌ってどんな菌?

人のからだの中では、からだを動かすことによって、炭水化物などの糖分を乳酸に変化させています。この働きが行われるのは、乳酸菌が体内に存在しているためです。乳酸を体内に生み出すことができる細菌のことを、総称して乳酸菌と呼びます。乳酸菌は主に発酵食品に含まれており、ヨーグルトや漬物などが代表的な食品です。

 

乳酸菌は小腸や大腸などの消化管に存在します。乳酸菌以外も含めて腸内細菌の数は100兆個から1000兆個にものぼると言われています。非常に多くの細菌が腸内に存在していますが、細菌には健康に良い善玉菌と、からだに悪影響をもたらす悪玉菌の2種類があります。善玉菌と悪玉菌が混在しているのが人間の腸です。そして悪玉菌よりも善玉菌の数が多い状態こそが、バランスの取れた腸内環境といえます。

 

数多くの細菌の中で、乳酸菌は善玉菌として知られています。生まれたばかりの赤ちゃんの腸内は、ほとんどすべてが善玉菌である乳酸菌で占められています。悪玉菌は加齢に伴って次第に増えていき、腸内で善玉菌と拮抗します。中年にさしかかる頃には、加齢だけでなく生活習慣の乱れやストレスが影響して、悪玉菌の数が善玉菌を超える場合があります。悪玉菌が増加すると腸の動きが鈍くなり、次第にからだの不調になって表れるため注意が必要です。

 

腸内細菌のからだへの影響

腸内細菌は整腸作用を促進します。腸内の環境が整うことによって、からだ全体の免疫力の向上や中性脂肪の低下、そして血中コレステロール値の減少につながります。腸内細菌の健康に及ぼす影響ははかりしれません。

 

反対にストレスの積み重なりや食生活の偏り、そしてすべての人に共通する加齢によって、腸内細菌のバランスが崩れることがあります。バランスが崩れるとは、つまり悪玉菌が増えるということです。肉食中心で不規則な食生活の人の腸内は、悪玉菌の恰好の住処となります。不規則な食生活は消化不良をおこし、消化不良のタンパク質は悪玉菌の餌となって悪玉菌の増殖を促します。また、過度な精神的ストレスは自律神経の乱れにつながり、自律神経は敏感な腸の働きに直結します。腸内環境が乱れることで便秘になり、腸内の善玉菌をさらに減少させてしまい、全身の免疫力を低下につながるのです。

 

健康的なからだを維持するためには、積極的に善玉菌である乳酸菌を腸内に増やしていくことが必要です。善玉菌の数が悪玉菌の数を上回るような、適切な腸内細菌バランスを保った環境によって、腸は正常に機能することができるのです。

 

乳酸菌のとりすぎがもたらす悪影響

簡単に手に入る乳酸菌

乳酸菌は主に発酵食品に含まれています。ヨーグルト、漬物、納豆、乳酸菌飲料などが代表的な食品です。市場価格も比較的安価であるため、身近で購入しやすく、毎日でも続けて食べられるような食品類です。

 

腸内の乳酸菌の数を増やすためには、継続してこれらの食品を食べることが大切だと言われています。消化に至るまでの長い道のりの中で、摂取した乳酸菌が死滅することなく、消化器官の最後である大腸まで到達しなければいけないからです。そのためには乳酸菌を含む食品を一定量、ほぼ毎日継続して食べることが望ましいです。善玉菌が体内で過ごしやすいような、健康的なからだ作りにも役に立ちます。

 

最近では健康への意識の高まりから、乳酸菌を食品からではなくサプリメントを通してとりいれることも可能となっています。サプリメントなどの栄養補助食品を使い、自分に不足している栄養素を手軽にピンポイントでとりいれることができます。

 

乳酸菌と発酵食品

乳酸菌をとりすぎると体内でどのような影響があるのでしょうか。実は乳酸菌は、便と一緒に日々体外に排泄されています。そのため万が一過剰にとりすぎても、数日経てばほとんどが排出されてしまいます。乳酸菌そのものについては、体内にとりすぎても特定の副作用はないため、心配することはありません。

 

しかし気をつけておきたいのは、乳酸菌を含んでいる発酵食品についてです。前述したとおり、乳酸菌は主に発酵食品に含まれています。発酵食品は大きく動物性と植物性に分けられます。動物性は動物の乳などを発酵したもので、ヨーグルトが代表的な食品です。一方で植物性は、野菜や豆類を発酵させたものです。漬物、納豆、味噌などが代表的です。日本人の腸は、動物性より植物性の発酵食品の方が馴染みやすいと言われています。そして、植物性の方が体内で死滅する確率が低く、大腸まで行き渡る可能性が高いのです。

 

これらの発酵食品に含まれている乳酸菌は、なるべく多く摂取していきたいと考えられますが、発酵食品の種類によっては食べ過ぎると下痢を引き起こす場合があります。

 

下痢を引き起こすメカニズム

乳酸菌が含まれている発酵食品を一度に食べ過ぎると、腸内の乳酸菌の数が一気に増えます。増加した乳酸菌=善玉菌は、腸内の悪玉菌と戦うようになります。

 

もともと悪玉菌が優勢だった腸内は、腸の動きが鈍くなり排便が滞りやすくなっているため、便秘の状態です。つまり、腸内では硬くなった便が溜まっています。そこで乳酸菌を一度にとりすぎると、今まで腸内に少なかった善玉菌が、腸の動きを活発にしようと大きく動き出します。腸の動きが活発になると排便がしやすくなるのですが、一時的に腸の動きが活発化したことで便の状態を整える準備ができていません。急に腹痛におそわれ、水分の多い下痢として排泄されることになります。下痢の後もそのまま善玉菌が居続けることができれば、時間をかけて腸内環境は整えられ、次第に問題のない便を作ることができます。

 

下痢を引き起こす原因として考えられるもうひとつは、添加物です。日本人の腸に馴染みやすい植物性の発酵食品には、添加物が多く含まれているものがあります。キムチやたくわん、あらゆる漬物などは、着色料やうまみ成分を追加するための添加物が含まれています。人工的な添加物を多く含む発酵食品を過剰に摂取することで、乳酸菌のもたらす良い影響よりも、添加物がもたらす悪影響の方が先に表れてしまいます。もともと胃腸が弱い人や食品に敏感な人ほど、添加物が原因となった下痢の症状が見られることがあるのです。

 

乳酸菌のとりすぎには要注意!

乳酸菌をたくさん摂取することで腸内環境が整えられ、定期的な排便と健康が維持できると考えている人は多いと思います。しかし乳酸菌のとりすぎは、場合によって下痢を引き起こす可能性があります。腸内を整えるために乳酸菌を意識して摂取したのに、結果としてお腹の調子が悪くなるようでは本末転倒です。一度にたくさんの乳酸菌をとることはやめましょう。腸内の乳酸菌の滞在時間を長くするためには、短い時間で大量に飲むよりも、適量を継続して飲むことの方が効果的ですよ。乳酸菌のとりすぎには要注意です。

いま通ってる脱毛サロン、満足してる?

脱毛サロンおすすめランキング

勧誘しない!痛くない!返金システムありの脱毛サロンのおすすめランキング!

脱毛サロンの乗り換え割もあります!

今年もお得なキャンペーンを続々実施してますね!

  • 月々990円キャンペーン!
  • 5回分0円キャンペーン!
  • 2ヵ月0円キャンペーン!

 

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.