プーリ【美容・脱毛・ダイエット】日々を楽しく美しく生きたい!

Puuri

美容

老化現象が起きる原因ってなに?どうすれば老化を防げるの?

更新日:

昔から不老不死などの神話などで囁かれていましたが、老化現象とは一体どのようにして始まるのでしょうか?
また老化は今後から未来にかけて防ぐことは出来てしまうのでしょうか?知られざる老化現象に迫っていきます。

Sponsored Link

「老化」ってどんな状態を指すの?

美容や健康に関するメディアを読んだり、見たり、聞いたりしていると「お肌の老化」「体の老化」「アンチエイジング」などといった言葉をたくさん聞きますが、「老化」が何のことが答えられる人は少ないでしょう。

老化とは「(体を構成している)細胞や細胞の周りに問題が起き、細胞が正常に状態しなくなること」を指します。「老化」といえば「お肌のツヤがなくなった」や、「体力がなくなった」、「記憶力が悪くなった」などを思い浮かべますが、全部細胞が十分に機能しなくなることから始まります。

「老化」ではこんな現象が起きる

老化で起きることにはさまざまなものがありますが、全部
・さびる
・しぼむ
・心がわびしくなる

のどれかです。
「さびる」は活性酸素などによって細胞膜が酸化することが原因で起きるもので、細胞に栄養分を取り込んだり、老廃物をデトックスする動きが妨げられることで、がんや動脈硬化などの病気にかかります。

「しぼむ」は高齢化するに伴って、若さを保つために必要なホルモンの分泌が減ることをいい、体の筋肉や水分量が減り、脂肪が増えていきます。女性が気にする「お肌の老化」はこれが原因かもしれません。

「心がわびしくなる」は年を取るにつれて生きがいを失い、うつっぽくなることをいいます。「メンタル的なものなんて体の老化に関係ないと思うんだけれどなー」という人も多いですが、これが起きると老化は一気に進みます。

老化に陥るメカニズムを解明!

よくお肌の老化を防ぎたいと言われていますが、体の見える老化はお肌だけではありません。

視覚、聴覚、嗅覚、記憶力、性欲、食欲、体力、など様々な老化があります。これらが老化をしてしまうには細胞に原因があるようです。細胞が若い時のようにそのままの状態であれば老化は起こることはありません。つまり細胞が何らかの影響で正常に機能していない細胞不全になっているといことになります。

AGE物質が作用する老化との関係とは?

近年ではAGEという物質が老化に関係あるということがわかってきました。
この終末糖化産物AGEはたんばく質と糖がひっつきできる物質です。
つまりこの物質が老化を進行させてる原因の1つですが、まったく老化スピードを止めることができないことでもありません。

それは毎日の食生活を気をつけることで進行スピードを抑えることができます。

AGEを抑える方法としては血糖値を低く抑えることです。AGEが発生する原因は高い血糖値状態が続くと血管から糖分が広がりその広がった糖分と、たんばく質がひっついてしまうこで出来てしまいますから糖尿病の方は老化が早いとも言えます。しかもAGEは体に様々な悪影響があり百害あって一利なしの物質ですし、一度発生してしまうとなかなか取り除くことも難しく、とてもやっかいでもあります。

その主な症状としてあげられるのは動脈硬化 関節の骨の弱体化、骨粗しょう症、糖尿病、病血管症、動脈硬化、悪性腫瘍、認知症など現代病に深く関わるだけでなくさらに女性などの悩みの種のシミやたるみなどもあげられます。

AGE対策には食生活と糖尿病にならない生活を!

AGEを大きく促進させてしまう原因としてはまず糖尿病にならない生活をしていくことです。最近では若年性糖や痩せていても起こる糖尿病があります。これは規則正しい生活習慣と食べ物カロリー糖質、塩分などに気をつける必要があります。体の健康は食生活が基本になりますから栄養バランスを考えながら食べましょう、それと共に運動も忘れないようにしましょう。

Sponsored Link

老化の原因はまだまだある?

私たちの細胞の設計図それがDNAですが、老化の原因にはDNAの損傷も関係している説があります。

紫外線や生活環境で壊れ、損傷してしまった時よりも前に細胞分裂をしてしまうと間違えた情報が入ってしまいます。もう少し解説しますと、細胞1つずつにはDNAの遺伝情報が書かれています。この情報を元に修復や再生を繰り返して細胞が出来ています。

ところが紫外線などの細胞破壊で破損すると細胞が情報を誤って上書きしてしまいます。例えるとDVDに1 2 3 4 5 6 7 8 9 10の正しい細胞の情報だとすると、紫外線で破損した細胞の場合は1 2 3 4 25 6 7 8 9 10と違う情報が上書きされます。こうなると正しい手順での再生は出来なくっなってしまいます。
これが細胞ひとつなら別に大したことはないですが、この誤った情報で細胞分裂つまりコピーを繰り返してしまうとやがて影響は大きくなります。
これが原因で様々な悪いことが起こって来ます。

シミができる原因

シミが出来る原因としては皮膚が劣化してターンオーバーが正しく行われないことになります。皮膚は表皮と真皮により形成されています。正常な細胞だと主に28日周期で形成されます。その後、真皮、表皮、角質の順番で古くなった細胞は押し出され役14日程で角質や垢となっていきますが、紫外線などや炎症などからダメージを守っていますが歳を取ることにターンオーバーの形成される日数が遅くなります。

これが原因でシミへと変化していきます。さらに皮膚が劣化するとメラニンなどの代謝が悪くなり色素が皮膚に溜まりやすくなり、これがシミの元になります。

今出来ることをしてお肌を守ろう!

今肌トラブルに悩まされて努力されている方もおおいと思います。老化自体は人間に寿命がある限り止められるものでありませんが、食生活とお肌のケアをできるだけやってゆくのが精一杯ですが、日々の老化防止を地道に続けることが1番の老化防止にも繋がっていきます。

これから老化の研究は進むの?

老化の研究に関しては、日本を始め世界各国で大きく出てきています。その理由の中にはDNAの解析が進んできたことにも関係があります。DNA自体が少しずつわかってきたのは本当にごく最近になります。しかし驚くほどの短時間で解き明かしいるともいえます。

さらに解析が進めばクローン技術などに転用出来る可能性があります。
このクローンという技術はあらゆる細胞を作り出す技術のことです。
つまり脳や心臓や手や足皮膚なども作り出すことが出来るということになります。正確に言うと同じ人間をもう1人作り出すという意味ではありますが、これは特に女性の方には朗報の話だと思います。なぜならシミやニキビ肌トラブルのありとあらゆるものが病院に行けば解決するそんな日が近いかもしれないからです。

これにはしっかりとした根拠があります。実は皮膚の培養には成功して皮膚の移植に成功しています。一時期話題になっていましたが、これは大きな進歩の最初と言うべきです。正しまだ完璧ではなく課題も沢山残ってはいますが、細胞を人工的に作り出す研究は確実に進んでいます。もしかするとこの100年以内で実現出来る可能性もありますし50年以内とも言えます。
もしそうなればお肌トラブルはおさらばになります。

おまけ:不必要なカロリーを取り除けば老化は進まない

老化を防ぐには肌の性質を知る必要があります。アンチエイチングをしっかりやっていくこと、カロリーディストラクションを実践する。この意味は直訳するとカロリーを無くすというこですが、不必要なカロリーを取り除くということになります。

今の時代はは美味しいものが沢山ありますが、それは極力抑えるようにしましょう。食生活を最も重視していれば老化を防げる可能性は飛躍的に伸びます。確かに化粧水や美容効果のある商品関連は沢山でていますが、長期的に考えると高級化粧品を購入するより食にお金と労力をかける方が遥かにコストパフォーマンスも老化をより遅らせることにつながります。

それができた次に紫外線対策やお肌ケアをするべきだと思います。そうすればより美肌を保ちつつ老化も抑えられかつ健康的で入られます。直球で話すとやはり今の科学では楽してケアできるものは少ないかもしれません、とても残念なことですがそれが現実と言えます。しかし何も方法がないわけではありません。1つずつ自分の出来ることから進めればいいのです。

Sponsored Link

「老化」を防ぐためにできること

「老化」自体は生まれた瞬間からするものですが、「お肌にツヤや潤いがなくなった」「体力がなくなった」などといって実感するようになるのは30代以降です。

老化を防ぐためには
・栄養をしっかり取る
・抗酸化、抗糖化を心がける
・性ホルモンを補う

この3つを心がけることが大切ですが、一番大切なのは「食生活」です。朝食、昼食、間食、夕食の合計4回は食べるようにしましょう。

朝食は朝7〜9時に、朝から午後最も活発に動く「肝臓」をよりよく働かせるために、良質なタンパク質をメインに脂肪と少しの炭水化物を食べましょう。

具体的には
・サーモン、鶏のささみ、鶏もも肉、ツナなどのタンパク質が多い食材を150g
・血糖値を急激に上げない炭水化物(GI値が低い)を茶碗1杯or食パンを1枚
・100g前後の野菜
・100%野菜ジュースを1杯

このようなメニューでどうでしょうか。
中には「朝はそんなに時間がない」という人も多いかと思いますが、サーモンなら調理いらずで食べられるものがありますし、炭水化物はご飯ものならそのままランチに使い回すのもいいでしょう。

野菜ジュースは冷蔵庫で冷やせば前の晩に作り置きしても問題ないですし、意外と簡単に作れて食べられちゃいますよ。

昼食は12〜14時、肝臓の働きをサポートするために、赤身肉やチキン、それから魚、250g程度の野菜、少量の炭水化物を取りましょう。「250gの野菜」というと「そんなに取れないよ〜」という人も多いかと思いますが、調理法を工夫すると意外と食べられるので、チャレンジするのも面白いかもしれません(?)。

間食は16〜17時、血糖値を下げるホルモンやインシュリンを分泌するすい臓が最も働く時間帯なので、甘いものを食べるならこの時間帯に食べましょう。ただ、白砂糖や小麦粉など、GI値が高く血糖値を急激に上げる食べ物は避けた方が無難です。また、おなかが空いていない、別に食べるものもないなら無理に食べなくても大丈夫です。

もし何か食べるなら、カカオ70%以上のダークチョコレートと新鮮な野菜と果物から作ったジュースを口に含みましょう。

夕食は19〜21時、肝臓とすい臓が休憩に入るので消化がよい野菜をメインにして、魚などからタンパク質を摂りましょう。この時間帯は腎臓が活発に働く時間帯で、血液中の老廃物をデトックスしてくれ、これがしっかり行われると翌朝スッキリ目覚めることができます。

もし21時までに夕食を食べられなさそう、また適切な食事が食べられないのであれば、その時は夕食を抜いて毒素を排出し、アンチエイジング効果をより高めましょう。

食事はタンパク質を先に食べるようにして、血糖値の急激な上昇を防いでくださいね。

アンチエイジングのために食べたほうがいい食べ物って?

・良質なタンパク質
・良質な脂肪
・新鮮な果物や野菜

基本的にはこの3つが軸で、具体的には
・魚
・大豆で作られた製品
・オリーブオイル(質が高いもの)
・生のナッツ、フルーツ
・色の濃い野菜
・ベリー類(カシス、ブルーベリーなど)

このあたりを食べておけば大丈夫です。
反対に動物性脂肪や揚げ物、それから精製された砂糖、穀物、清涼飲料水などは老化を進めるので、避けておきましょう。

老化を防ぐためには、食生活を見直そう!

どうでしたか?老化の原因てとても難しいことばかりでしたね。そしてやっぱり食生活に老化を抑える秘密が隠されていました。

さらに科学技術も進歩していことも理解して頂けたと思います。健康でいられることが1番幸せなこと、ちょっと何処かで聞いたことがあるかもしれませんが、そうなのかもしれません。そういう意味では美容や健康とは深く繋がる意味のあるものだとも思いますし、老化の原因もちょっと難しい話はありましたが、対策を打つ最良のヒントにもなりますから、これを機にさらに健康への高い意識へ変わるきっかけとなれば幸いです。

いま通ってる脱毛サロン、満足してる?

脱毛サロンおすすめランキング

勧誘しない!痛くない!返金システムありの脱毛サロンのおすすめランキング!

脱毛サロンの乗り換え割もあります!

今年もお得なキャンペーンを続々実施してますね!

  • 月々990円キャンペーン!
  • 5回分0円キャンペーン!
  • 2ヵ月0円キャンペーン!

 

Sponsored Link
 

-美容

Copyright© Puuri , 2018 All Rights Reserved.