Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

【洗顔】で美肌を手に入れるためにはどうすればいいの?

投稿日: 88 views

 

美肌を手に入れるための基本中の基本「洗顔」。基本だからとはいっても、お肌のターンオーバーを整えてくれるので、なかなかあなどれません。今回は美肌を手に入れるために知っておきたい正しい洗顔のやり方を教えます。

 

洗顔の目的とは?

 

そもそもですが、洗顔の目的とはどのようなものなのでしょうか。

洗顔には「皮脂汚れや古い角質を落とす」という目的があり、洗顔でそれらを落として、化粧水で水分を与え、クリーム(なくてもいい)で栄養を与え、乳液でお肌にフタをする…というのが一連の流れです。

 

お肌は古い角質が剥がれ落ち、新しい角質が表面に出ることで美しさを保てますが、この「ターンオーバー」を遅すぎもなく、早すぎもなく、正常なペースで保たせるのが洗顔の目的なのです。

 

 

洗顔は1日2回

 

「1日3回洗うよ」という方も「1日1回しか洗わないよ」という方も「面倒だから2日に1回しか洗わないよ」という方もいるかと思いますが、1日2回がベストです。

 

皮膚にはお肌の水分を保ったり、外からゴミなどが入ることを防ぐ「バリア機能」がありますが、これはお肌の表面にある「皮脂膜」とその下にある「セラミド」によって成り立っています。

 

洗顔しすぎるとこの2つの成分を洗い流してしまい、水分が蒸発してお肌が乾燥し、お肌のバリアが薄くなってしまいます。

 

また1日1回や2日1回という方は皮脂汚れや古い角質が十分に落ちていないので、ターンオーバーが遅くなっていることがほとんどです。この場合お肌のくすみやシミ、シワなどといった症状で現れるので、早めの対策が必要です。

 

洗顔前は手を洗おう

 

洗顔は直接手が顔に触れる行動です。

その手が雑菌だらけだと顔に手の細菌がそのままついてしまい、お肌に余計なダメージを与えてしまうので、手を洗ってから顔を洗いましょう。

 

泡洗顔はふわふわ泡で

 

洗顔料のあわが多いと

・顔に指が直接触れない

・ゴシゴシ洗わなくなるので、必要な脂分や水分まで落ちない

 

このようなメリットがあります。

泡洗顔に慣れていない方や、泡を立てるのが苦手な方はリキッドタイプの洗顔料ではなく、初めから泡になって出てくる洗顔料を選んだほうがいい洗顔ができますよ。

 

 

洗い落としはぬるま湯で

 

冷たい水で洗い流すと毛穴が閉じてしまい、汚れが洗い流されなくなってしまい、しかも化粧水やクリームの成分が浸透しなくなります。熱すぎてもお肌のバリア機能が壊れてしまうので、33〜35度のぬるま湯で洗い落としましょう。

 

できるだけ顔をこすらないようにし、ヌメッとした感覚がなくなるまで丁寧にすすいでくださいね。

 

美肌のための洗顔でやってはいけないこと

 

シャワーで洗い流す

お風呂に入っているときに洗顔する場合、シャワーのお湯で洗い流すという方も多いかと思いますが、やめておきましょう。

お風呂の中に入っているときは温度が高いので角質が柔らかくなっていますが、ここでシャワーを直接顔に浴びると、強すぎてお肌にダメージが及びます。

それに加え、シャワーのお湯の温度はお肌にとって高すぎるので、必要な皮脂まで落とす原因にもなります。

 

ゴシゴシこする

ゴシゴシとお肌をこすると、その摩擦がお肌に負担になってしまいます。特に目元や口元、頬はお肌の中でも皮膚が薄いので、力加減は抑えめにして、泡で洗うように心がけましょう。

 

2分以上かけて洗顔する

洗顔はあくまでもお肌をキレイにする方法の1つでしかありません。

いくら洗顔しても肌トラブルが一気によくなるわけではないので、やり過ぎにも注意です。

 

長く洗顔をすると、お肌の保湿に必要な皮脂や成分も流れてしまうので、かえって乾燥の原因になってしまいます。クレンジングから洗顔を終えるまでの時間は2分に収めるようにし、なるべく早く終わらせるようにしましょう。

 

ニキビができて気合を入れて洗顔をする

ニキビの原因は過剰な皮脂の分泌と細菌の繁殖なので、それを洗顔で少しでも落とそう…という発想をしてしまいがちですが、気合を入れて洗顔しすぎても全く効果ありません。

 

洗顔のしすぎがお肌にとって負担になることも多く、ニキビができてもいつもどおりの洗顔を心がけましょう。

 

 

まとめ

美肌になるためなら、洗顔は少しでも気合を入れて行いたいものですが、当たり前のようにやっている洗顔の方法がお肌に悪影響を与えていることも多くあります。

 

正しい洗顔を知って、基本中の基本から美肌を手に入れましょう!

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

【なぜ?】コーヒーでのプチ断食がNGな理由

酵素ドリンクを飲んだり道場に入門したりして断食をする人が増えていますが、お金や時間をかけずに身近にあるもので断食ができないかと誰もが考えますね。そんなとき身近にあるコーヒーでプチ断食を行っている人がい …

10キロ痩せれば見た目も心も変わる!

身長159センチ、体重74キロの36歳。 私はこのダイエット法に出会うまで、かなりのぽっちゃり体型を維持していました。こう言ってはなんですが、大変な体型になっているにもかかわらず、”ダイエット&#82 …

短期間でやせるダイエット方法には危険がいっぱい!本当に効果的なダイエット方法は?

スポーツジム、エステ、断食療法、食事療法、サプリメント、世の中には様々なダイエット方法があります。 肥満に悩まされている人達は、この中のダイエット方法を何らかの形で試しているかと思いますが、それで全員 …

ピロリ菌の除菌に失敗?!原因はなに?

そこそこの年齢に達するとピロリ菌が居た居ないの話題が挙がり、なかには「除菌に失敗した」という声を耳にします。そもそも自分が感染しているのか気になるし、医療機関を受診し治療しているのになぜ失敗するのか疑 …

食物繊維が多い【果物10選】と効果!驚きの美容成分アリ。

果物というと高価なイメージが強いですが、選んで食べることで効率よく食物繊維を摂ることができます。今回は食物繊維が多い果物について調べます。スーパーで買い物かごに入ないという方も多いと思いますが、果物の …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です