Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

健康

食品添加物は危険なものなの?種類についても説明します!

投稿日: 115 views

多くの人は、食品添加物というものに対して良いイメージを持っていないでしょう。なるべく食品添加物を摂取しないように、食生活に気を遣っている人も多いはずです。しかし、食品添加物は様々な食品に含まれているため、全く摂取せずに生活するというのはやや困難です。では、そもそも食品添加物はそんなに危険なものなのでしょうか。

食品添加物とは?

食品添加物というワードについては、とてもよく聞かれますね。ということは、それだけ多くのものが食品添加物に該当するということになるでしょう。

まず、食品というのは、製造の際に味の調整が行われるケースがあります。これにより、より美味しく食べられるようになるというわけですね。また、加工される場合もあります。このような味の調整や加工などのために食品に添加するものが、食品添加物ということになります。

膨大な種類にわたる食品添加物

まず、主な食品添加物については、甘味料や着色料、調味料などのように分けていくと18種類ほどになります。

しかし、細かい品目で見ていくと、何百種類にも及ぶのです。そのため、専門家以外で、食品添加物の品目すべてを把握している人はいないと思います。

安全性が確認された食品添加物が使用されている

食品添加物については膨大に存在しますが、その全てを制限なく使用できるわけではありません。きちんと安全性について確認された食品添加物だけが、使用できるようになっています。こういった規制を設けておかないと、ハイリスクな食品添加物がどんどん使われるようになってしまうため、大変危険というわけです。

食品添加物の危険性について

食品添加物については、体に良くないものだというイメージがありますよね。また、「食品添加物を食べるとガンになっちゃうんでしょ?」という考えを持っている人もいます。仮に、もしそうであれば、食品添加物はとんでもなく危険な物質ということになってしまいます。では、実際のところ危険性についてはどうなのでしょうか。

突然健康を損ねるようなことはない

日本において使用が認められた食品添加物については、その安全性についてすでに確認済みです。したがって、日本のスーパーで販売されている食品添加物入りの食品を買って食べたとしても、ただちに健康を損ねるというようなことは基本的にありません。

そのため、食品添加物を摂取したらいずれガンになるのだという考え方は、あからさまに間違っているというわけですね。

食品添加物の摂りすぎているのであれば要注意

たとえリスクの低い食品添加物であっても、過剰摂取というのは禁物です。なぜなら、栄養不足の状態に陥る可能性があるからです。

大抵の食品添加物は、リンを含んでいます。リンというのはミネラルであり、摂取することによっていくつかのメリットも期待できます。しかし、リンを過剰に摂取するというのはよくありません。腎不全などの病気の原因になってしまうからです。

食品添加物ばかり摂取することによって、結果的にリンの過剰摂取になってしまうというのは避けるべきですね。

また、食品添加物の過剰摂取による問題については、リンに関してのことだけではありません。

食品添加物はどのような食品に含まれているの?

食品添加物に関する知識がない人は、どんな食品に含まれているのか知らないケースが多いです。事前にその点がわかっていれば、食品添加物の摂取を抑えることができるようになりますね。

そこで、食品添加物を含む食品群を2種類挙げ、説明していきます。

インスタント食品

インスタント食品については、今や膨大な種類が開発されています。そのため、インスタント食品に頼る生活を続けている人は多いのではないでしょうか。

しかし、カップラーメンなどのインスタント食品の多くは、L-グルタミン酸ナトリウムを含んでいます。これは食品添加物であるため、おぼえておきましょう。

清涼飲料水

清涼飲料水についても、今や多種類となっていますね。味についても色々あるため、毎日のように飲んでいる人もいるのではないでしょうか。しかし、そんな清涼飲料水にも、基本的には食品添加物が含まれているのです。そのため、ガブガブ飲みまくってしまうのはおすすめできません。

特に注意したいのが、炭酸飲料です。炭酸飲料には、人工甘味料であるスクラロースが含まれているケースがあります。スクラロースは、健康面のリスクを高めるものとして危険視する見方もあるため、この点もおぼえておきましょう。

食品添加物を含む食品に頼りすぎないように注意しよう

「食品添加物=健康を害する」という見方についてはあまりに極端ですし、正しくないでしょう。しかし、食品添加物を多く摂取し続けることで、多少なりとも健康面におけるリスクが高くなってしまうという点は、おぼえておいた方がいいと思います。

したがって、コンビニ弁当ばかり食べるという生活や、インスタント食品ばかり食べるという生活をしているのなら、改善させた方がいいでしょう。

Sponsored Link

-健康
-, ,

執筆者:

関連記事

話題のスーパーフードをご紹介します!最強のスーパーフード3選

スーパーフードの知名度については、果たしてどの程度なのでしょうか。その存在を知らず、スーパフードとは無縁の食生活を送る人々は多くいます。しかし、スーパーフードは、健康に良い食品として海外からも高く評価 …

涙が出るのはドライアイの症状!?その原因と解消法4選!

「最近目が疲れる…」もしかしたら、それはドライアイかもしれません。 パソコンやスマホが手放せない現代において、なんとドライアイで悩んでいる人はいまや、3人に1人…なんと2200万人の人がドライアイの症 …

どうしても痩せない方々へ。ダイエットはこうすれば必ず痩せる!その新しい方法とは!?

体型の維持は、自分を綺麗に見せるための大前提となっている条件ですよね?海外ならまだしも、特に日本は痩せている体型を非常に評価するお国柄でもあります。 今やこの問題は、女性だけでなく男性にとってもそうで …

腸内細菌がビタミンを作る?驚くべき役割とは!

腸内細菌というと、やや悪い印象を受けると思います。確かに、健康上悪い働きをする腸内細菌もいますが、良い働きをしてくれる腸内細菌もいます。そのため、どういった細菌がどのような働きをするのかという点は、知 …

セロトニンの役割と分泌を増やすリラックスBGM・音楽のススメ

Contents1 セロトニンとは?1.1 ストレス社会を生き抜くために必要なセロトニン2 脳内セロトニンはどうやったら増やすことができるの?2.1 本を読むときってセロトニンが分泌されているの?2. …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です