Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

10キロ痩せれば見た目も心も変わる!

投稿日:2017年6月25日 更新日: 7,259 views

身長159センチ、体重74キロの36歳。

私はこのダイエット法に出会うまで、かなりのぽっちゃり体型を維持していました。こう言ってはなんですが、大変な体型になっているにもかかわらず、”ダイエット”と言う言葉は私の中にはありませんでした。子供の頃から、ややぽっちゃり体型だった為、「自分が太っていると言うことに関心が無かった」とでもいえばいいのでしょうか。本当に少し前まで74キロに何の違和感も無く過ごしていたのです。

そんなある日、知り合いの人から「本気で痩せましょうよ」と言われたことをきっかけに、そういわれるほどに自分は太っているのかと、目を開きました。その日から、管理栄養士の母からアドバイスをもらい痩せると言うことを自分なりにいろいろと試してきました。

そして、1年半で10キロのダイエットに成功しました。痩せると、見た目はもちろん、生活が、生き方が変わりました。はっきりいいます。太っていていいことは何もありません。

ちょっと痩せるだけでも見た目はこんなに変わる!-10kgまでの軌跡!

3キロ痩せたら

体が軽くなったのが少しわかりました。上の写真は10kg痩せたときの写真ですが、3kgだけでも違いがはっきりと分かります。まだ周りの人からは確実に「痩せたね!」と気づかれるレベルではないのですが、いつも顔周りやお腹周り、二の腕などを気にしてる自分自身から見たら歴然と分かるくらい。特に顔のあご周りの肉付きや、お腹についてるお肉には大変差を感じました。

5キロ減ったとき

洋服がゆるくなり、自分がいかに太っていたのかを自覚しました。分かりやすく説明すると、例えばSMLで展開されてる洋服でしたら、1サイズ変わるくらい体型が変わります。2~3kg痩せたのを前後するときは周囲の人の反応はとくに変わらなかったのですが、5kgも痩せると割と高い可能性で、「痩せた?」とか、「ちょっと雰囲気変わった?」などと言われるようになりました。

10キロ減ると…!?

見た目が変わり周りの反応が劇的に違ってきて、少し食べ過ぎても太らず、よく動ける体になりました。よく動いて代謝されるから太りにくくなったのか、ただ痩せたのが嬉しくて元気になってるだけなのか良く分からないですが、間違いないのは、以前より楽しく生活がキラキラしてて、何より考え方が前向きになれたということ。

まだまだ太ってはいるのですが、むしろ太っている時よりも気持ち的に咎めることなくご飯も美味しく食べれていますし、何より努力すれば私も痩せれるんだ!という自信がついたからでしょうか。昔ほど食べることを後悔したり、無理に我慢したりとする事も少なくなり本当に満足な生活を贈れています。

私は痩せることで、心も体も軽やかになれることを実感しています。ですが本当に、痩せることと、食べることは切っても切れない関係です。

どんな風にこのダイエットを成功させたか話します。

私が成功したダイエット方法

私が成功したダイエット方法は、とてもシンプル。世間には何かと女性の悩みにつけこんだ商品が多いとは思いませんか?全部が悪いとは言いませんが、やはり自分自身での努力もある程度は必要なんだなと実感しています。私もかなり悩んでいたので色々と試したのですが、最終的に一番気を付けてたことは

■少しだけ、今までより量を減らす

■朝は、生野菜&フルーツジュースで酵素をカラダに取り入れる

■夜は糖質制限で、肉や魚も入ったサラダ&スープをたっぷり

■体重を記録する

基本的には、それだけ。ストレスは太るもとですから、「我慢しすぎない!」事も大切です。そこで、

●昼ごはんは、何を食べてもよし!

●野菜は好きなだけ食べてOK!

というルールでダイエットを行いました。

ただいま、10キロ痩せてから、5ヶ月。

おかげさまで、リバウンドも無く過ごしています。それは、カラダに必要なものを必要な分だけ食べているからです。この方法なら、5キロでも10キロでも20キロでも、健康的に自分が目標とする体重まで痩せられます。「ほんのちょっとでいいから、やせたい!」と言う人も是非この方法を、まずは1週間でいいので試してみてください。誰もが間違いなく、カラダの変化を感じるはずです。 頑張り過ぎないダイエット、今日から始めてみませんか?

 

10キロ痩せたのは、こんなダイエット法です!

食べないダイエットは続きません。年齢に関係なく体に負担をかけず、かつ効果的に痩せるには、野菜を中心にして、しっかりとした献立の食べ物を体に入れていくこと。サラダ&スープダイエットは、野菜に多く含まれる酵素など食べ物のもつ力を借りながら、痩せ体質に変えていきます。

1.食べる量を少しだけ減らす

子供用の茶碗や器を使うのがお勧めです。器が小さい分、小盛りに見えないのが良いところ。外食でも、「ご飯は少なめで」と注文したり、後2口を残してみるなど、ほんの少し口に入れる量を減らしてみましょう。残すことをためらわないことが、ダイエット成功への第一歩です。

2.朝は酵素たっぷり自家製ジュース

朝は生の野菜とフルーツを使った生ジュースにして、「酵素」をたっぷりと入れましょう。酵素には、食事からとって栄養分をエネルギーや新しい体細胞などに変える働きがあります。酵素が不足するとエネルギーなどに変換できない為、どうしても体内に脂肪として蓄えやすくなります。ダイエットに欠かせない酵素ですが、加熱すると壊れてしまう為、朝は生ジュースにして、効率よく摂取します。

3.夜は糖質制限してサラダ&スープ

夜は野菜を中心に肉や魚も取り入れたサラダとスープの食事です。糖質の多いご飯やパン、イモ類などは制限します。糖質は即効性のアルエネルギー源の為、糖質をとるとまず先に糖質から使われて、減らしたい体脂肪は後に回されてしまいます。そこで、体脂肪から先に消費するように糖質を制限して、効率よく体重を落としていくのです。

参考:飲むだけで痩せられる?脂肪燃焼スープとは

4.体重を量る

朝と晩、体重計に乗ってカレンダーなどに記録しましょう。1日2回が大変なら1回でもかまいません。数字が目に見えることで、やる気も出てくるものです。

 

食べるルールはたったの3つだけ!

痩せ体質になる鍵の一つがビタミン、ミネラル、酵素。これらが多く含まれていて、手軽に取れる食材と言えば、生野菜やフルーツです。上手なとり方を「酵素学的生理リズム」とともにご紹介します。

1日のカラダの酵素学的生理リズム

酵素とは、生きる為に欠かせない栄養素。体内には、消化酵素と代謝酵素の2種類があります。この2つはバラバラに活動していて、1日のうちで力を発揮する時間帯がそれぞれ異なります。酵素を効果的に使うためには、そのリズムに合わせた食事を取ることが大切です。

朝:生野菜&フルーツジュース

朝は「生野菜とフルーツだけ」がおススメです。手軽にたっぷり取れる”生ジュース”にするのがベストですが、時間がないときはそのまま食べてもOK。代謝に欠かせないビタミンやミネラルをしっかりとることが出来ます。

また、酵素栄養学では朝は老廃物を出す「排出の時間」。酵素は排出の為に使いたいので、大量の消化酵素を必要とするような重い朝食はNGです。消化酵素を働かせると、代謝酵素が不足して、ダイエットにブレーキをかけることにもなりかねません。その点ジュースなら自分で酵素がたっぷり持っていて自己消化できるので最適です。

昼:好きなものを食べてOK!

私たちの体には24時間のリズムがあります。このリズムに合わせて食事を取るのがベスト。昼の12時~20時は消化酵素が活発に働く「消化の時間」なので、外食するなど、好きなものを食べてもかまいません。

とはいえ、大盛りのカツ丼やラーメンライスなど、明らかなカロリーオーバーは、もちろんNG。また、揚げ物やファーストフードは脂質の取りすぎに、パスタなどの単品料理は野菜不足になりやすいので、避けるようにしましょう。

おススメはいわゆる定食です。メインのおかずに、副菜、汁物が付いているので栄養のバランスがとりやすくなります。

夜:野菜のたっぷりのサラダ&スープ

夕食は消化の良いものを軽めにとるのが鉄則。そして出来るだけ20時までにとることをおススメします。夜は、それまでの消化モードから代謝モードに切り替わり、代謝酵素が活性化する時間帯です。

でも、ガッツリ食事を取ってしまうと消化のほうが優先され、代謝が疎かになってしまいます。さらに夜遅くなるほど体は脂肪をためやすくなるので、「ガッツリ夜遅く」はデブ体質を作るもとに。そこで、野菜中心のサラダとスープの軽いメニューを提案しています。野菜は消化が良いので、代謝が疎かになることもありません。

 

ダイエットを継続する為に

ダイエットを成功させるには、とにかく継続することが大切です。そのためには、頑張り過ぎない「ゆるさ」が大切です。たっぷり野菜のサラダ&スープダイエットには、無理なく続けられるダイエットの極意がたくさん詰まっています。

1.昼は気にせず、普通に食べて良い

サラダ&スープダイエットは、朝と夜の食べ方は決まっていますが、昼は好きなものを食べることが出来ます。ダイエット中ではありますが、どうしても揚げ物が食べたくなった日は、迷わず食べてください。その代わり、その日の夜ご飯を減らしたり、次の日の昼を抑えたり、「食べ過ぎの連続」を避けましょう。ダイエットを成功させたいなら、「ゆるさ」が大事です。たまには自分に甘くなって、ストレスをためないように続けましょう。

2.夜ご飯でもいつもと同じ食事でOK!

せっかくダイエットをしていても、帰宅が遅くなると、時間が無いので簡単にお腹にたまるものを食べて、いつの間にか元の食事に戻ってしまう、ということがよくあります。でも、サラダ&スープダイエットの夕食なら、ストックできるか、一から作っても簡単なので、遅い時間でもいつものダイエットご飯を続けやすいという特徴があります。

また、サラダ&スープダイエットの夕食は、太りやすい糖質を制限した、野菜中心のメニューなので、遅いご飯でも量を減らすことなく、いつもと同じ食事を取ることが出来ます。忙しい人にもぴったりの続けやすいダイエットなのです。

3.栄養面を考えた食事で、健康的に痩せられる

単品ダイエットや食べないダイエットは、無理があるので長続きしません。そればかりか、代謝に欠かせない酵素、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素が不足するので、ますます太りやすい体質に・・・。ダイエット後によくリバウンドするのは、それが一つの原因です。

無理なダイエットは、便秘や肌荒れなどの不調を招くことも。健康的に痩せるには、適量をバランスよく食べること。サラダ&スープダイエットなら、野菜中心の食事だから不足しがちな酵素、ビタミン、ミネラルがたっぷり取れます。綺麗に痩せられて、その後も美しい体型がキープしやすくなるのです。

4.お酒も甘いものも、適度ならOK!

ダイエットに禁物とされるお酒や甘いものですが、種類を選べば、そんな悪いものではありません。それより、好きなものを完全にシャットアウトすることはストレスに繋がり、かえって逆効果です。

お酒は、週に2~3回などと決めて適量(グラス1~2杯)を守ればOK。どうしてもおつまみが欲しい時は、枝豆や野菜スティックなどのヘルシーなものにします。甘いものは、ケーキやチョコレートなどの糖質、脂質の多いお菓子は出来るだけ避け、フルーツや手作りスイーツがおススメです。なお、飲み物だけは、甘い清涼飲料水ではなく、水やお茶にしましょう。

5.カロリー計算などの面倒な手間が要らない

一日の食事を細かくカロリー計算したり、1食500キロカロリーを目標に献立を立てたりするのは面倒なものです。そもそも、上手くカロリーコントロールが出来ていれば、今さらダイエットの必要なんて無いはず。カロリーチェックが苦手だからこそ、太ってしまったのです。

朝は野菜ジュース、夜はサラダ&スープを続けることで、自然にカロリーオーバーが防げるようになります。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

10キロ痩せたい人がダイエット前にしておきたいこと3つ

ダイエットが好きな人であれば、一度は「10キロ痩せたい!」と思ったことがあるでしょう。また、その他にも「肥満体型だから10キロは体重を落としたい」人もいれば「今度の結婚式は一番キレイな私で迎えたい」人 …

香水とは違うボディミストとは?ランキング9選と、使い方や注意点など!

ボディミストとは香水よりも効果がゆるやかな香水です。香りも香水に比べてほのかで、持続効果も1~2時間程度と短めであることがほとんど。香水が使えない、使いにくいところでも使いやすいので便利なアイテムです …

えっ!魚や卵の食べ過ぎでこんなことに?!

子どものころ親に「同じものを食べるのはやめなさい」と言われましたが、なぜだかご存知ですか? 素朴な疑問ですが知らないままでいるのは少し気持ち悪いのでこの機会に知ってみませんか?!食べ物はたくさんありま …

ダイエットの常識を変えた「オーバーナイトダイエット」

テレビや雑誌、インターネットなどでよく目にする「〇〇だけしか食べない」ダイエットやアスリート顔負けのトレーニングをするダイエット。または、これを使えばたちまち痩せられると言ったダイエットグッズやサプリ …

甘酒で美肌になった?!そのメカニズムとは!

季節に関係なく店頭の目立つところに陳列されることから甘酒が人気で身体にいいことは何となくわかっているけれど、あまりなじみがないので手が出しにくいですよね。でも「美肌になった」と聞くと試してみたいけれど …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です