Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

健康 美容

私の行動が糖化を招いてる?!防ぐ方法とは。

投稿日:2017年7月12日 更新日: 86 views

糖化が注目され情報番組などで特集が組まれるようになりました。しかし、ダラダラと放送され結果を知る前にチャンネルを変えてしまうこともありますよね。今回はこの「糖化」について、原因や糖化を防ぐ方法について直球でまとめます。最近なぜか疲れがひどい、肌の老化が激しいと感じている方必見です!

糖化って?

身体のなかでタンパク質と余分な糖質が結びつき劣化し老化を招く物質(AGEs)を生成する反応をいい、糖が褐色変化を引き起こすことで老化を促進させる遺伝子に刺激を与えてしまいます。体温がその引き金になることから「焦げる」と表現しパンケーキに例え説明する医師もおられます。糖化の現象として褐色化・硬化・変成・活性酸素の発生が挙げられ、つまり身体のいろいろな部分の老化と深く関係しているのです。

どんな症状が出るの?

■皮膚が固くなる

■シミやシワやくすみができる

■毛髪の老化

■白内障

■糖尿病

■骨粗鬆症

■心筋梗塞

■脳梗塞

■不妊

■アルツハイマー

■パーキンソン病

■がん

例えば肌にAGEsが蓄積されると弾力がなくなりたるみやくすみが目立つようになります。AGEsの貯まる場所によって起こる弊害はさまざま、最近患う方が多い病気と深い結びつきがあることがわかります。どれも引き起こしたくありません。

糖化の原因

■加齢

タンパク質と糖の接触が長期にわたるほど糖化は進行するので加齢は避けられません。

■生活習慣

1つ1つ挙げるときりがありませんが、思い当たる方が多いのは偏った食べ方・過食・早食い・運動不足・ストレスが挙げられます。身体にいいものを食べていても1食ならば全然足りないし、重なる飲み会、スイーツでのストレス発散、忙しくても手軽に摂れるファストフード、仕事でのイライラ、思い当たるふしがたくさんありますね。こういった生活習慣を改善させることで防げて病気を回避できるならば努力をする価値は大いにあります。

■喫煙

喫煙によってAGEsを増やすことが研究で判明しています。ほうれい線、目立ちませんか?!直ちに止めましょう。

どうやってわかるの?

加齢に伴い最近シミやシワが増えたら糖化しているのだと気づくことができますが、具体的に知りたい場合は医療機関にて最終糖化生成物(AGEs)の蓄積量を調べる検査が可能です。腕を機械に乗せるだけで3分程度でわかる検査なので痛くありませんよ。検査料は医療機関によって異なりますが3千円~5千円はすると考えましょう。検査で糖化を起こしており病気を招く可能性があることがわかると早い段階で防止策を講じることができます。

糖化を防ぐ方法(医療編)

多くの方が関心を持ち最近はアンチエイジングの治療が盛んに行われるようになり糖化も医療機関にて防げる時代です。ただし、アンチエイジングの診察は美容目的なので保険適応外となります。

■抗糖化Mpro錠

AGEsの生成を阻害し糖化反応を防止するサプリメントです。医療機関によって価格は異なりますが1か月の処方で5千円はすると考えましょう。

■美容点滴

医療機関によってプランは異なりますが1~2週間間隔で点滴をうち糖化を予防する方法です。成分や料金は要望によって大きく異なります(5千円~)。

糖化を防ぐ方法(セルフ編)

■食生活の改善

いちばんにすべきは食生活の改善です。糖化を招きやすい甘いものやパンや白米やうどんをひかえる、例えば半分にする等、可能ならば玄米やそばに置き換えてみましょう。好きなものを好きなだけ食べたいですがアンチエイジングと病気予防を考えて我慢してみましょう。また、3食しっかりと摂り腹八分目にとどめます。さらにAGEsは血糖値の上昇と共にできるので血糖値の急激な上昇を防ぐために野菜から食べ始めゆっくりと食事をし炭水化物は最後にします。

■糖化を防ぐ食品を積極的に摂る

糖化を防止する食べ物として野菜(食物繊維を多く含むもの)・きのこ類・海藻類・大豆・ショウガ・ニンニク・柑橘系・アーモンド等が挙げられます。血糖値を上げやすい小麦類や甘やいものを食べたい場合は上記のものと一緒に摂取することで血糖値の急激な上昇を抑えます。もちろん上記食品からゆっくりと摂取します。さらにカテキンは血糖値の上昇を抑える効果があるので緑茶も積極的に飲むと良いです。

■ストレス解消

気の合う友だちとお喋りをしたり程よく運動し汗をかいたり夜間にしっかりと睡眠をとったりすることでストレス発散になります。仕事や人間関係のストレスを抱えたままでは自律神経が乱れ糖化を助けてしまいます。

まずは自身で糖化を防ぐ努力を

糖化は肌の老化だけでなく多くの病気と密接に関わっています。忙しいし自炊ができないから医療機関で美容点滴をするのはいいですが、せっかく点滴をしても生活習慣が悪いと意味がありません。まずは喫煙をやめたりうどんをそばに変えたり甘いものを少しひかえたり、できることから始め継続を心がけましょう。

 

 

 

Sponsored Link

-健康, 美容

執筆者:

関連記事

【仕事や勉強がバリバリはかどる!】集中力を高めるツボ10つ

Contents1 労宮(ろうきゅう)2 百会(ひゃくえ)3 少衝(しょうしょう)4 合谷(ごうこく)5 陽池(ようち)6 絲竹空(しちくくう)7 四神聡(ししんそう)8 内関・外関9 だん中10 肩 …

【セルフチェック】自分の頭痛原因って知ってる?

決まった時間になぜかズキズキする、頭痛が起こると何をしていても不快ですね。かといって薬ばかりに頼るのも怖い、この機会に頭痛の原因や可能性を知ってみませんか?病気の前兆ならば早期発見で事なきを得られるし …

心身ともにリラックス!アロマオイルの魅力

仕事に追われ、家事に追われ、子育てに追われ、なにかとせわしない毎日です。なかなか心から休める時間を作れない人は、案外多いと思います。リラックスするためにわざわざ時間を作って、そのためにお金をとっておか …

【納豆菌】は熱に強いって本当?健康効果や最強伝説も徹底調査!

Contents1 そもそも納豆菌ってなに?1.1 どんな食品に含まれているの?1.2 効果は?1.3 どんな風に取ればいいの?1.4 納豆菌とナットウキナーゼの違いは?2 納豆菌は熱に強い?2.1 …

【お茶ダイエット】内臓脂肪の燃焼に効果的なお茶6選

Contents1 そもそも内臓脂肪を落とすとどんな効果があるの?1.1 ズバリ、痩せて健康的になる!2 緑茶3 プーアル茶4 杜仲茶(とちゅうちゃ)5 干しえのき茶6 黒豆茶7 ごぼう茶8 ただしお …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です