Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

【効果抜群!】ウォーキングダイエットの正しいやり方とスタンス

投稿日:2017年3月10日 更新日: 217 views

ダイエットでする運動の王道として知られているウォーキング。正しい方法でやれば効果が期待できますが、間違った方法でやっても効果は期待できません。それでは、どのようにすれば効果が期待できるのでしょうか。

 

ウォーキングダイエットで効果が出ない理由とは?

 

結果を求めすぎている

ウォーキングダイエットは簡単に効果が出るものではありません。

体重50kgの人が1時間歩いて消費するカロリーは260キロカロリーほどです。そして、1kg体重を減らすのに必要な消費カロリーは7200カロリーです。

これでは1ヶ月で8,060キロカロリーしか消費しません(31日換算)ので、1ヶ月や2ヶ月程度では効果が出なくても当たり前なのです。

 

歩くスピードが遅い

そもそもですが、ウォーキングはダイエットや健康管理を意識しているからこそ日常生活内の歩きや散歩と区別されるのであって、普段のような意識で歩いていれば、痩せるはずがありません。

ただ歩いただけでは痩せません。ウォーキングダイエットを成功させるには、歩くスピードを早めてカロリー消費を促進しなければならないのです。

 

腕を振っていない

これも普段と同じような意識では効果が出ません。
ウォーキングでは腕を大きく振ることが推奨されますが、これも消費カロリーを少しでも多くするためです。

ウォーキングの最中に腕の振り幅が小さくなっていることもありますが、その場合はすぐ元の振り幅に戻しましょう。「いつもの癖が出る」場合は次の「ちゃんと効果が出るウォーキングダイエットのやり方」でウォーキングの姿勢を見直した方が良いかもしれません。

 

ちゃんと効果が出るウォーキングダイエットのやり方

 

姿勢良く

ウォーキングダイエットでは、体になるべくたくさんの酸素を取り込んで、脂肪を燃焼させなければなりません。

その脂肪を燃焼させるためには
・背筋と胸を張り、肩を引く 背骨が一直線になるイメージで
・視線は遠くを見るよう心がける

この2点に気を付ければ、ウォーキングでもダイエット効果が狙えます。
>背筋と胸を張り、肩を引く 背骨が一直線になるイメージで
こちらは背骨を一直線にしなければ、腰に負担がかかりますので、特に腰が気になる方は注意して下さいね。

 

大股でなくても大丈夫。足の運びに注意

よく「ウォーキングは大股でやらなければならない」と言われますが、足の運びに気をつければカロリー消費は十分にできます。

その効果的な足の運び方とは…
1、普通に足を踏み出す
2、かかとを地面につける
3、足を後方に引き、ギリギリまで足を離さない
4、かかとを離す

です。
確かに大股で歩けばインナーマッスルが鍛えられ、運動効果も上がりそうですが、それは一昔前の知識です。大股を意識するより足の運び方を意識しましょう。

 

息を吐く時間を長くする

ウォーキングは腹式呼吸をすることによって、脂肪燃焼効果を高めることができます。腹式呼吸をする上でのポイントは「息を吐く時間を長くすること」。

脂肪燃焼のための腹式呼吸で最も大切なのは、横隔膜を動かすことですが、この横隔膜を動かすためには浅い呼吸ではなく、深い呼吸をしなければなりません。

さらに、人間の肺が一度に溜め込める空気の量は決まっています。よりたくさんの空気を溜め込むためには吐く時間の長い呼吸が必要なのです。

 

ウォーキングダイエットはこんなところに注意

 

シューズはウォーキング専用のものを選ぼう

「ウォーキングと普通の歩きは何が違うの?」と読者の方は思われるでしょう。

ただ、ダイエットのためにウォーキングをする場合は
・足の甲を痛める
・足首を曲げる
・膝を痛める

このようなことが起こらないように、専門店にて店員さんとサイズ合わせをしながらウォーキング専用のシューズを購入することをおすすめします。クッション性が通常のシューズより高いため、怪我を避けることができます。

 

服装は軽めに

特に冬の場合「寒いから厚手のコートを着よう」と思う人も少なからずいますが、ダイエットをする場合全く効率的ではありません。

脂肪燃焼をしたい場合は「リパーゼ」と呼ばれる体内の成分を活性化させなければなりませんが、これは通常時に比べて体温が1〜2度高いときに活性化するものです。

重い服装では体温が上昇しすぎてしまい、脂肪燃焼には結びつかなくなります。ウォーキングダイエットをする場合は…
・吸水性
・速乾性
・通気性

この3つが揃っているTシャツ、パンツやタイツ、スカート、季節に応じた装備で実際にしていきましょう。

最近ではキュートなスポーツウェアや、ファストファッションブランドによるスポーツウェアも出ていますので、安くて可愛いスポーツウェアが入手できるようになりました。

 

まとめ

ダイエットの中でも手軽さが売りの「ウォーキングダイエット」。
一見簡単そうに見えるダイエットですが、効果を実感するまでにはある程度の時間とコツが必要です。正しい知識と持続力で美しく痩せましょう!

 

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

ブルーライトカットアプリは本当に効果はあるの?

IT社会といわれる現代において、パソコンやスマホは私たちの生活から切っても切り離せないものになりました。仕事ではパソコンを使い、休憩時間にはSNSチェック、家に帰ってからはスマホゲーム…と起きている時 …

【ビックリ!】カフェインが含まれている意外な食べ物6つ

Contents1 カフェインを取るメリット1.1 眠気覚ましに効果的1.2 痛みを抑えてくれる1.3 ダイエット効果がある2 カフェインを取るデメリット 2.1 飲む時間を気をつけなかったり、取りす …

【なぜ?】コーヒーでのプチ断食がNGな理由

酵素ドリンクを飲んだり道場に入門したりして断食をする人が増えていますが、お金や時間をかけずに身近にあるもので断食ができないかと誰もが考えますね。そんなとき身近にあるコーヒーでプチ断食を行っている人がい …

美髪したいならアミノ酸系シャンプーがおすすめ!髪と頭皮を健やかにするアミノ酸系とは

毎日使うものだから、シャンプーは髪と頭皮にやさしいものを選びたいものです。 この数年で、市販のシャンプーも随分と様変わりしています。ノンシリコンシャンプーは、今ではすっかりシャンプーの主流になっている …

食べるだけで記憶力が高まる!?勉強に集中できるドラえもんのような食べ物8選!

勉強ってすごく大変ですよね。いま中高生の人達にとってもそうだと思いますが、意外に大人になってから勉強することの多いこと多いこと。それは資格の勉強や大学からの延長線上の勉強、または趣味の延長から始まった …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です