Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

冬は痩せにくい理由って?冬のダイエットを成功させるための食事や運動方法とは!

投稿日: 111 views

痩せにくいと言われることが多い冬のダイエット。確かに夏に比べると「新年会や忘年会がある」「体型管理の意識が低い」など痩せにくいポイントはありますが、冬ならではの周りの環境の特徴を逆手に取れば、簡単に痩せられます。

 

冬は本当に太りやすい?

春夏秋冬でライフスタイルはこんなにも違います。

・暖かくなるにつれ体の露出が多くなり、体型が気になってくる

・人によっては食欲が増える

・歓送迎会がある

・汗は外の気温が20度前後になれば、じわりとかくように

・体を動かしたい、新しいこと(この場合は運動やストレッチ)を始めたい、と思える

・半袖やショートパンツ、サンダルなど露出が多くなるため、体型が気になる

・こってりしたものよりさっぱりしたものを食べたい

・アクティブになる人もいれば、暑さで元気がなくなる人も

・ほぼ1日中汗をかいている

・海やプールは住んでいる場所によるが、比較的手軽にできる

・長袖やジャケットなど、露出はどんどん少なくなる故、体型が気にならなくなる

・「食欲の秋」と呼ばれ、夏より食欲は増え、秋の味覚を食べたくなる

・基本的に「涼しい」ので動きやすい

・汗は運動すればかく

・新しいこと(この場合は運動やストレッチ)を始める人もいる

・体の露出は一年の中で最も少ない

・チョコレートや生クリームなどの濃厚なものを食べたくなる

・寒いのであまり動きたい気分ではない

・基本的に食欲は落ちないが、風邪やインフルエンザなどにかかると落ちる

・めったに汗をかかない

・ウィンタースポーツはあるが、スノボやスケートなどはどれも簡単にできるものではない

・新年会、忘年会がある

 

年中通してみると「夏は痩せやすい」と言われるのも納得で、体型管理に関する意識の高さから食欲の少なさ、動きやすさまでさまざまな条件が揃っています。

一方冬は体型管理の意識が低くなる、こってりとしたものを食べたくなる、汗をかかない、新年会や忘年会がある、など痩せにくい条件がありますが、全て外の気温や人間関係によるものなので、冬でも痩せようと思えば痩せられます。

 

冬のダイエットは「脂肪燃焼」を心がけよう

人間の体温はいつの季節も一定の範囲に保たれているため、周りの環境が30度以上も違う冬と夏では体温維持のために使う体力にも違いがあり、夏は汗をかいて(水分を出して)身体の体温を引き下げて調整しようとしますが、冬は脂肪を燃やして体温を上げようとします。

夏は暑く、汗がよく出るので痩せた感じがしますが、本質的には冬のほうが立っているだけで体力を消費する分、痩せやすいのです。

 

冬のダイエット。どうすれば脂肪は燃えるの?

そもそも「脂肪」は体にとって「エネルギー」なので、脂肪燃焼をするにはこれを消費させる必要があります。

血糖値が低くなると、脂肪燃焼が体内に含まれる血糖値の数値を安定させるために「グルカゴン」と呼ばれるホルモン物質を分泌します。褐色脂肪細胞とは、細胞を激しく活性化させて体に溜まった脂肪を燃焼させてしまう細胞なのですが、グルカゴンはこれを生成し、脂肪を見事に分解して全身を駆け巡る血液内に脂肪を放出してしまい、それを筋肉細胞に届ける仕組みになっています。

血液にある「遊離脂肪酸」は褐色脂肪細胞の中にある「ミトコンドリア」に取り込まれ、脂肪は人間が使うエネルギーとしてそれに取り込まれていきます。体脂肪を燃やしてしまうためには必ず、血糖値を下げる、血糖値を安定させ、効率良く体脂肪を燃焼させなければならないのです。

 

脂肪を燃焼させるためのライフスタイル

効率良く脂肪を燃焼させるためには、普段のライフスタイルから変える必要があります。

食事

ー食べる量と栄養バランスに気をつける

基本的に血糖値は食事によって上げられます。空腹時にいきなりお腹に詰め込んだり、一度に食べる量が多かったり、栄養バランスを考えずに食べると血糖値が急上昇し、脂肪が燃焼しづらくなります。

 

また、反対に長期間何も食べないと、体に危険が及ぶのでやめましょう。

 

ー食べる順番を工夫する

食物繊維が多い食材は、あとから腸に入ってきた食べ物の吸収スピードを落としてくれるので、血糖値の上昇を防いでくれます。普段の食生活では、最初に野菜を食べてからメインのおかずやごはんを食べるようにし、インシュリンの分泌を防ぎましょう。

 

ーGI値に気をつける

「グリセミック指数」(GI値)という指標があります。これは食べた後の血糖値の上昇具合を数字にしたもので、高い食品は血糖値が上がりやすく、反対に低い食品はおだやかにしか上がりません。

 

緑黄色野菜や大豆、きのこ、海草などはGI値が低く、たくさん食べてもあまり脂肪になりません。一方で白米やパンなどの「主食」は上昇しやすいので、気をつけてくださいね。

 

運動

有酸素運動は脂肪をエネルギーにして燃焼させるので、積極的に行いましょう。ただ、息が切れるほどの運動は体内の酸素量が増えすぎて活性酸素を活性化し、老化を招くので、楽な気持ちでできる程度のもので十分です。

 

また普段から無酸素運動をする習慣がある人は、普段のメニューに有酸素運動を加え、より脂肪燃焼を促しましょう。無酸素運動は体の筋肉を増やすので、基礎代謝を上げてくれる効果があります。

 

まとめ

冬のダイエットは「痩せにくい」と言われますが、外の気温が低いことを逆手にとって、効率的に脂肪燃焼をし、痩せましょう。冬は体のラインが出ない洋服を着ることが多いので、体型管理に対する意識が下がってしまいやすいですが、「彼氏と温水プールに行く」などの目的を作って、モチベーションや目標にしていきましょう。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

睡眠の質を高める時間や音楽。心がけたい6つのこと

忙しい現代人にとって睡眠時間より大切な「睡眠の質」。それを高めるためには、この記事で紹介する6つのことを意識するようにしましょう。   Contents1 睡眠の質を上げれば短時間の睡眠でも …

オジサン女子急増!痛風の女性が増えているのはプリン体の多いビールや納豆が影響

プリン体フリーのビールでホッとするのは、尿酸値が気になる男性がほとんどでしょう。 尿酸値が高くなると、痛風を発症するリスクが高くなるので、尿酸値に影響するプリン体を多く摂り過ぎないように注意する必要が …

【なぜ?】コーヒーでのプチ断食がNGな理由

酵素ドリンクを飲んだり道場に入門したりして断食をする人が増えていますが、お金や時間をかけずに身近にあるもので断食ができないかと誰もが考えますね。そんなとき身近にあるコーヒーでプチ断食を行っている人がい …

【こっそり調べる】ターンオーバーの意味と基本。今更聞けないターンオーバーの周期とは?

お肌の話題でターンオーバーという言葉をよく耳にしますね。何となく分かるものの、きちんとした意味を知らないまま使用していませんか?!意味を知るとより効果的な対策がとれますよ。今回はターンオーバーの基礎知 …

無知は損!腸内細菌の種類と働きを知ろう

生きて腸で働く乳酸菌をヨーグルトから摂取しよう等というCMを見かけます。なんとなく身体に良い細菌と悪影響を与える細菌があることはわかるけれど具体的なことって知りませんよね。この機会に腸内細菌の種類を知 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です