Puuri

ぷーり  美容や健康、日々を楽しく美しく生きたい!

美容

季節の変わり目のゆらぎ肌。春の肌荒れを予防して乾燥対策を!バリア機能を強化しよう。

投稿日: 217 views

年に4回訪れる、季節の変わり目のゆらぎ肌とは

もともと人の体は、今いる環境に順応して体調を自動で整えるように機能が備わっていますが、それは肌のバリア機能に関しても同じこと。冬から春へと変わると、急激に気温や湿度などの環境が変わりますよね。これに新しく肌が順応するためにやや敏感になる時期があります。肌タイプというばオイリー肌、敏感肌や普通肌など3通りに分かれていましたが、これは新しいカテゴリーになりますね。ゆらぎ肌。厳密にいうと敏感肌と似たような位置づけになりそうです。

 

ゆらぎ肌の状態になってしまう原因は?

秋から冬にかけて湿度が少なくなって乾燥していき、肌荒れになる。。ならまだ分かるのですが、なぜ温かくなる春先に肌の調子が悪くなっていくのでしょうか。細かく原因を探っていきましょう。

花粉が増える時期だから

春先は、植物が花を咲かせるため花粉を飛ばすシーズンになります。花粉症の方など毎年大変そうですよね。実は肌も同じ思いをしていて、空気中をただよう細かい花粉の粒子が肌に付着して刺激してしまうので肌荒れを起こすのです。

紫外線が強くなるから

紫外線は最も肌に悪影響を与える事象のうち1つですね。これに当たると老化を早めるといいますが、もちろん肌荒れの直接的な原因になります。必ず外出するときはUVケアをして家を出るのが良いでしょう。

寒温差が激しくなるから

最近の東京の気温はまるで、夏と冬しか無いんじゃないの?って思わせてしまうくらい温度差が激しいです。うっかりしていると風邪を引いてしまうくらいですよね。特に春先の昼と夜の温度はかなりの差が出ますし、日差しは暖かくてもまだ風は冷たい時期なので、かえって乾燥したりして肌に悪影響を及ぼします。

 

バリア機能を高めるにはどうすれば良い?

このように何かと肌に影響を及ぼしてしまう春の季節ですが、これら全てをバリア機能を高めることによって防ぐことが出来ます。乾燥している肌にももちろんそうなのですが、バリア機能を強化するために必ずまず必要になってくるのが保湿!肌は何かとつけては保湿保湿だと言いますが、今回もそうなんです。肌にたっぷりと潤いをもたらして、しっかりと春の対策をしましょう。

まずはクレンジングをしっかりと

あまりゴシゴシするのはもちろんいけませんが、指先を使ってくるくるとメイクを落としていくような感じでなじませ、優しく洗顔して落とします。基本中の基本になりますが、泡立てはしっかりとして肌に負担を与えないように洗いましょう。あまり角質を取ってしまうのも良くないので、1日1~2回で十分でしょう。

潤いのバランスを考えながらスケンケアを

そしたら化粧水をたくさん使って肌にうるおいを与えましょう。よくここで、高い化粧水がもったいないからちびちび使っちゃったりする事がありますが、それは良くないです。勿体ないって思っちゃうくらいだったら、薬局に売ってる1,000円くらいの化粧水をたくさん使ったほうが、肌は潤います。自分に合った化粧水を探してみてくださいね!他にも乳液なども使っていき、肌を優しく整えてあげます。

 

スキンケア以外でも、バリア機能を強化しよう

バリア機能は食事でも補える。

食事を適切にとることにより、体の中のバリア機能、すなわち免疫機能を改善して、内側から強くすることが出来ます。体に免疫力をつけてあげると、肌の生まれ変わり、ターンオーバーを早めることも出来ますし、吹きでものやニキビなどの悩みの解消にも役立つでしょう。

免疫力を高めるには抗酸化作用のある食べ物を食べよう

整腸作用のある食べ物を食べて、腸の調子を整えるという手もあるのですが、成分でいえば抗酸化作用のある食事を取り入れていきたいですね。体は常に酸化して、錆びていきます。これが肌荒れの原因になってきたりするのですが、抗酸化作用とはこれを遅らせてくれる、防いでくれる作用ですね。まず挙げられるのはビタミンA。ニンジンやほうれん草などに含まれています。又は誰もが知っているビタミンCも欠かせません。レモンに入っているイメージがありますが、意外にキウイや水菜、カブや大根などの野菜にもたくさん含まれているので摂取できる機会は多いと思います。それからビタミンEと亜鉛です。森のバターや食べる美容液と呼ばれるアボカドや、豆類と採るのが良いでしょう。トマトや海藻もたいへんおすすめです。どれも美味しくて手軽に食べられるので、どこか食事にいったり、ご飯を作るときは意識しながら献立を考えてみましょう!

 

ゆらぎ肌、夏と秋の対策は?

今までゆらぎ肌の対策を見てきましたが、夏と秋の対策はどうしましょうか。基本的には変わりません。保湿保湿です。ただ、夏は特に紫外線が強くなり、レジャーなどの外出も多くなる時期です。UVケアは必須ですし、出来れば帽子をかぶる、あまり長時間陽に晒さないなどの工夫をしながら、うまく乗り切りたいところです。春や秋と比べて乾燥はそこまで気になりませんよね。

逆に秋は日差しも落ち着いてきますが、乾燥がかなり気になってくる季節。化粧品ブランドの商品も見ていると、秋冬用の、潤い機能を強めにした商品が出てくる季節ですね。春夏よりも、より保湿に気を使っていきましょう。余裕があればクリームも使って、潤いを行き渡らせたらしっかりとフタをして、健康な肌の状態を保っていきましょう。

Sponsored Link

-美容

執筆者:

関連記事

【ドライアイ】気になる治療法と予防について

大切なときに目がショボショボゴロゴロすると集中できず不快です。またこの症状を放置したらどうなるのか、改善させられるのかも気になります。そもそもドライアイになったら治療が必要なのでしょうか?!今回は誰も …

ニベアで毛穴がキレイになるってホント?美肌になるか実際に検証してみた!

  ニベアといえば一家に一つはあるあの青い缶のクリーム。あの独特な香りが好きで小さい頃は良く使っていました。 この誰もが一度は使ったことがある「ニベアクリーム」。 実はいま、高級美容クリーム …

美髪したいならアミノ酸系シャンプーがおすすめ!髪と頭皮を健やかにするアミノ酸系とは

毎日使うものだから、シャンプーは髪と頭皮にやさしいものを選びたいものです。 この数年で、市販のシャンプーも随分と様変わりしています。ノンシリコンシャンプーは、今ではすっかりシャンプーの主流になっている …

レベル1ってやばい?レベル15?内臓脂肪と正しい測り方

みなさん、ご自身の内臓脂肪がどれだけあるかご存知ですか?!体重は気にして測るけれど内臓脂肪ってよくわからないし放置している方、多くないですか?今回は内臓脂肪の測り方や危険レベルはどれくらいかなどについ …

女性が喜ぶ外さない化粧品プレゼント5つ!選び方のコツなどは?気を付ける点など。

Contents1 化粧品のプレゼントってどうやって選べばいいの?2 化粧品をあげないほうがいい例とは?3 プレゼントにオススメのコスメまとめ5つ3.1 ブランド名:イヴサンローラン 商品名:ルージュ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です